シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

新型Fire TV(NEWモデル)直接接続型で4K/HDR対応へ!旧型とのスペック比較!

Amazonが4K/HDRに対応したFire TV(NEWモデル 2017)を発表しましたね。最近はApple TV(第5世代)が4K/HDRに対応するなど4Kに対応したセットトップボックスが増えるなど一気に4Kコンテンツが増える予感を感じさせます。

 

新型 Fire TV(NEWモデル 2017)が登場

デザインが端子一体型に

4K/HDRに対応したFire TV(NEWモデル 2017)は据え置き型だった前モデルから大きく本体デザインが変更され、テレビのHDMIに直接接続するタイプに変更されました。

20170928112013p:plain

本体サイズが小型化されたのでこのようなデザインを実現することができたようで、このスタイルはFire TV stickと同じですよね。テレビのHDMI端子に接続すると本体はこのようにぶら下げる感じになります。

20170928112206j:plain

かなり変わったデザイン設計ですが、置き場所を考えなくてもとても良いアイディアなのではないでしょうか。端子部分が壊れないのかちょっと心配になりますが、耐久テストをしっかり実施しているでしょうし、問題はないのでしょう。

それにしても、このサイズで4K/HDR表示に対応していることに少し驚きですね。

Apple TV(第5世代)は据え置き型でサイズこそは第4世代と同じですが4K/HDRに対応するために高性能なA10 Fusionチップを搭載しさらにApple TVとしては初めてファンも内蔵されるなど熱対策がかなりされているのですが、Fire TV(NEWモデル 2017)はこのデザインだとファンレスで4K/HDRの再生を実現していることになります。

Fire TV(NEWモデル 2017)のスペック比較

Fire TV(NEWモデル 2017)のスペックを旧モデルと比較してみます。

  Fire TV
NEWモデル(2017)
Fire TV Stick
(2016)
Amazon Fire TV
(2015)
CPU Amlogic S905
64bit クアッドコア
1.5 GHz
MediaTek MT8127D
32bit クアッドコア
1.3 GHz
MediaTek MT8173C
64bit クアッドコア
2.0 GHz
GPU Mali450 MP3 Mali450 MP4 Power VR GX6250
RAM 2GB LPDDR3 1GB LPDDR3 2GB LPDDR3
ストレージ 8GB
Wi-Fi デュアルバンド、デュアルアンテナ 802.11ac (MIMO)
Bluetooth Bluetooth 4.1
入出力端子 HDMI1.4b(HDCP1.4)
10/100 Ethernet(Amazonイーサネットアダプタで対応)
HDMI1.4b(HDCP1.4) HDMI2.0(HDCP 2.2)
ヘッドフォンジャック
10/100 Ethernet
microSDカードスロット
USB2.0ポート
Audio Dolby Atmos, 7.1サラウンド対応, 2chステレオ, 最大5.1chのHDMIオーディオパススルー Dolby Audio、5.1chサラウンド対応、2chステレオ、最大7.1chのHDMIオーディオパススルー
映像出力 720/1080p/2160p 60fps
(最大4K)
720/1080p 60fps
(最大フルHD)
2160p 30fps
720/1080p 60fps
(最大4K)
ゲームコントローラー Amazon Fire TVゲームコントローラー(?) Amazon Fire TVゲームコントローラー Amazon Fire TVゲームコントローラー
Bluetoothコントローラー
OS Fire OS 6 Fire OS 5 Fire OS 5
サイズ 65.0 x 65.0 x 15.0 mm 85.9 x 30.0 x 12.6 mm 115 x 115 x 17.8 mm
重量 87.1g 32g 270g
価格 8,980円 4,980円 11,980円

CPUの性能

これを見る限り、旧モデルの据え置き型のFire TVから大きくスペックダウンをしているようにも見えますが、64bitのCPUに対応したことで、Fire TV stickよりも性能が40%ほど向上しているようですね。

とはいえ、Fire TV(NEWモデル 2017)のCPU周りは4K/HDRを再生されるためには必要最低限の性能といったところでしょうか。これでも2016p/60fpsの4K/HDRの再生に対応しています。

HDMIの規格は2.0ではなく1.4bなの?

Amazonが発表した仕様にはFire TV(NEWモデル 2017)のHDMIは「HDMI 1.4b(HDCP 1.4)」と記述されていますが、HDMI 1.4bは2016p/60fpsの4Kの出力までなのでHDMI 2.0(HDSP2.2)も間違いなのかな?

対応テレビの項目に「HDMI端子対応4Kテレビ、24/25/30/50/60Hz および HDCP 2.2対応のLG、サムスン、ソニー、シャープ、東芝等のテレビ」って書いてあるし、HDCP 2.2に対応しているみたいだし。

ちょっとこの辺りは謎。

有線でのインターネット接続も可能

Fire TV Stickはイーサネットコネクタが非搭載でWi-Fi接続でした利用することができませんでしたが、Fire TV(NEWモデル 2017)は別売りの「Amazon イーサネットアダプタ」を利用することで、有線でのインターネット接続が可能となります。

20170928122150j:plain

電源供給のためのUSB(Micro-B)を使って接続することができるようですね。

基本的にWi-Fi接続でAmazon Primeなどの動画コンテンツを楽しむことができると思いますが、4K/HDRのコンテンツになった時に環境によってはストレスなく再生することができない可能性もあるので、このAmazon イーサネットアダプタはちょっと助かりますね。

Fire OS 6を搭載へ

新型のFire TV(Newモデル)はAndroid 7.1.2(Nougat)をベースとしたFire OS 6を搭載していることが明らかになりました。旧型のFire TVはAndroid 6.0がベースとなったFire OS 5を搭載していたので、大きな進化と言えそうです。

Andoroid 7.0でAndroid TV向けの新機能・ピクチャ・イン・ピクチャ(PIP)や録画機能、ライブコンテンツのタイムシフト機能が使うことができるようになるようです。

 

まとめ

Fire TV StickはテレビのHDMI端子に接続するだけで簡単に使うことができ、置き場所を考える必要がないので手軽さがウリのデバイスといえますが、4K/HDRコンテンツの手軽に再生させることができるようになります。

通常版のFire TV stickと4K/HDR版のFire TVの2ラインナップとなり、選択しやすくなったかもしれませんね。

現在販売されている4Kテレビって普通にAmazonプライムビデオ、Hulu、Neflix、YouTubeなどの各サービスのアプリがインストールされており、4K再生もできるテレビがほとんどですが、テレビに内蔵されているアプリよりもFire TVの方が操作性が高いというメリットはあるので、あえてFire TVを使うというのもアリなのかなと思います。

すでに予約受付が開始されており2017年10月25日に発売が開始されます。

Fire TVとAmazon イーサネットアダプタの二つ購入すると10,760円です。まあ、Apple TV(第5世代)に比べれば安いですね。まあ、Apple TVの場合はCPUがかなり高性能なので快適度がかなり違うと思います。