シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

Fire HD 8(2017)実機レビュー!動画や漫画を見るには最適なタブレット!

Amazonの8インチのディスプレイを搭載したタブレット端末Fire HD 8を購入しました!

Fire HD 8は16GBモデルが通常価格で11,980円ですが、プライム会員向けのキャンペンのクーポンを使うことで4,000円OFFの7,980円で購入することができ、Amazonプライムデーでは最安の5,980円で購入することができました。Fire 7も合わせて購入したのですが2台合わせて10,000円を切る価格で購入することができるってヤバイですね。

 

Amazon Fire HD 8 レビュー

Fire HD 8

新型と旧型のスペック比較

8インチのFire HD 8は少し変わっていて新型モデルになるにつれて本体の薄さが厚くなっています。2015年モデルは7.7mmの厚さでしたが2016年モデルで9.2mmとなり、2017年モデルは9.7mmと2年前のモデルから2mmも分厚くなってしまいました。

少し謎進化ですが、電池の持ちが長くなるなどタブレット端末としての使い勝手は改善しているので機能性を重視したとうことなのでしょう。

ストレージ容量は16GBと32GBの2タイプから選ぶことができます。2,000円差なので悩みますが、Fire HD 8はmicroSDカードでストレージ容量を最大で256GBまで増やすことができるので、16GBで十分なのかもしれません。

  Fire HD 8(2017) Fire HD 8(2016)
ディスプレイ 8インチ
1280 x 800 IPSパネル
(189ppi)
プロセッサ クアッドコア
64bit ARM MT8163@1.3GHz
RAM 1.5GB
ストレージ 16/32GB
OS Fire OS
オーディオ Dolby Atmos
デュアルステレオスピーカー
マイク
カメラ VGAフロントカメラ
2メガピクセルHDリアカメラ
Wi-Fi デュアルバンド
a/b/g/n
バッテリー 12時間
メモリーカード microSD/SDHC/SDXC
(最大256GB)
microSD/SDHC/SDXC
(最大200GB)
サイズ 214 x 128 x 9.7mm 214 x 128 x 9.2mm
重量 369g 341g
価格 16GB:11,980円
32GB:13,980円
-

2016年モデルからの違いとしてmicroSDカードの対応容量が200GBから256GBに増え、は本体が少しだけ分厚くなってしまった点でしょうか。進化しないタブレットってかなり異色ですよね。その代わり、価格が1,000円安くなっています。

Amazonとしてはプライム会員の用途を満たす(Amazonビデオ、Prime Music、Kindle本の閲覧...など)端末であればOKなので、iPadなどのタブレットのように性能を高める必要はなく、目的に合った端末とも言えるかもしれませんね。

パッケージと付属品

Fire HD 8はオレンジ色の明るいパッケージに包まれてやってきます。画面の部分が浮き出たように見える加工が施されており、意外とこだわったデザインになっています。

Fire HD 8 開封1

ビリビリ〜っと開封していきます。

Fire HD 8 開封2

ちょっと珍しい梱包形態ですよね。

Fire HD 8 梱包状態

本体と充電器はこのように収まっています。袋タイプの段ボールが緩衝材の役目も果たしているので効率の良い梱包形態と言えるのかもしれません。

Fire HD 8 付属品

5Wの充電アダプタに充電ケーブル(Micro-B USB)、説明書などが入っています。

Fire HD 8

電源を入れて初期設定をして使用できる状態にします。

外観デザイン

ではFire HD 8の外観デザインを見ていきましょう!

画面が大きく片手でも持てるデザイン

Fire 7同様に丸みのあるデザインでKindleに似たデザインとなっています。カラーラインナップはブラックのみとなっています。個人的にはホワイトモデルが欲しいな...。

Fire HD 8を手で持つ

Fire HD 8も16:9のディスプレイを搭載していることもあり長細いデザインとなっており、Fire 7と比較してサイドのベゼル幅が狭くなっているので意外と大きくなく、片手で持つことができるのでFire HD8もFire 7と同じように使うことができるかもしれませんね。

片手で持てるFire HD 8

Fire HD8の筐体の素材はFire 7同様にシボ加工されたプラスチック製となっているので手触りはサラサラとして悪くないと思います。価格以上の質感はあるのではないでしょうか。

Fire HD 8 背面部分

ただし、指紋が付きやすく汚れやすいので、気になる方はカバーを付けたり保護フィルムを貼るなりして対策をした方がいいかもしれませんね。

操作ボタンは上部に集約

操作ボタンは全て本体上部に集約されています。本体正面左から音量ボタン、ヘッドフォンジャック、USBポート(充電用)、電源ボタンとなっています。

Fire HD 8 操作ボタン

カメラは背面左側に搭載されています。

リアカメラの画質

Fire HD 8のリアカメラは200万画素のイメージセンサーが搭載されていますが、とりあえず写真を撮ることができるレベルの画質となっています。(初期設定の16:9の撮影サイズから3:2に変更しています。)

20170713113941j:plain

明るいところでそこそこ綺麗に写るので「綺麗じゃん!」って思うかもしれませんが、写真を拡大するとノイズが多いのが分かります。

少し暗いところだとノイズがたくさん出てしまいます。

20170713114237j:plain

画像サイズは16:9の設定で1600×912ピクセル、4:3に設定して撮影すると1600×1200ピクセルとなります。

microSDカードでストレージ容量を増やせる

Fire HD 8のサイド部分にmicroSDカードスロットが搭載されており、最大で256GBまストレージ容量を拡張することができます。

Fire HD 8 マイクロSDカード

Fire HD 8は16GBモデルからとなっておりので、Fire 7の8GBモデルよりもコンテンツを保存することができますが、プライムビデオやゲームをある程度ダウンロードするとストレージ容量がすぐにいっぱいになってしまうので、別途microSDカードを追加した方が快適になるかもしれませんね。

ちなみに実際にユーザーが使用できる容量は16GB中12.3GBとなっており、ちょっと使っただけで空き容量が10.35GBになりました。そんなにアプリをインストールしていないんだけど、何に容量食っているのか...。

Dolbyオーディオステレオスピーカー搭載

Fire HD 8は本体左側サイドにDolbyオーディオのスピーカーが2基搭載されておりステレオサウンドを再生することができます。

Fire HD 8 ステレオスピーカー

意外と良い音が出ます。テーブルに平置きにして音楽を再生すると音が広がっていい感じに聞こえます。

Dolbyオーディオ

低音はあまり出ませんが、Dolbyオーディオ技術のおかげなのか音色がクリアでメリハリのあるサウンドを楽しむことができます。人によってはiPad Proよりも音が良いと感じるかもしれませんよ。

音が良いというよりも「音が良く聞こえる」という表現の方が正しいのかも。iPad Proのステレオスピーカーはどちらかというと原音をそのまま再生している感じですが、Fire HD 8は音に手を加えていい音にしているの典型だと思います。

Fire 7と比較してもFire HD 8の方が抜群に良い音が出るので、Prime Musicを楽しみたいという方はこちらのモデルを選んだ方がいいかもしれませんね。

ディスプレイの大きさと品質について

Fire 7よりも少しだけ画面の大きいFire HD 8ですが、漫画単行本とほぼ同じサイズになっていることが分かります。漫画をよく読むのであればFire 7よりもFire HD 8の方がいいのかもしれません。

Fire HD 8 本体の大きさ

Fire HD 8は、8インチの1280 x 800ピクセルのディスプレイを採用しており、ピクセル密度は189ppiとFire 7の171ppiよりも細かい表示が可能となっています。まあ、ほぼ同じ解像度と言っていいレベルだとは思います。Amazonプライムビデオで映画を見るときに解像度の差を感じることができるのではないかと思います。

20170713143902j:plain

もう少しディスプレイの光の反射が少なかったら良かったんですけどね。夜はいいけど昼間とかは、外の光が反射して見にくいな〜と思うことがあります。

ブラウザでYahoo!のトップページを表示させてみました。

20170713144848j:plain

やはり文字が潰れてしまい見にくいですがFire 7よりは文字はくっきりと表示できているように見えます。

CPUの性能と操作性

Fire HD 8は64bitのクアッドコアプロセッサMT8163(1.30GHz)が搭載され、RAMの容量は1.5GBとなっています。GeekbenchでCPUの性能を計測してみたところ、シングルコアで644、マルチコアが1893というスコアが出ました。

20170713183131p:plain

クアッドコアプロセッサですが、最近のタブレットにしては性能の低いものとなっていますが、マルチコアに関してはAppleのiPhone 5sに搭載されているA7チップと同じくらいの性能となっています。(A7チップのシングルコアは1203、マルチコア2018となっています。)

操作性もまあまあ良く、モタつくことも少なく快適に使うことができると思います。

 

まとめ

Fire HD 8は画面が少しだけ大きくなりHD表示が可能なので、プライムビデオにある映画を見るのであれば、とても良いと思います。またCPUプロセッサもFire 7よりも性能の高いタイプのものが採用しているので、意外とサクサク動作しますし、ゲームもそれなりに楽しむことができると思います。

ただし、Fireタブレット向けのアプリはAndroidやiOSに比べると種類が少ないのが残念なところでもあります。

最後にFire HD 8のメリットとデメリットをまとめます。Fire 7と同じような内容になっていますが、Fire 7が少しだけ画面が大きくなり、動作が少しだけ高速化されたモデルといっていいでしょう。

Fire HD 8のメリット

  • プライム会員なら7,980円で購入でき、安い!
  • 非会員でも11,980円で購入できる!
  • アマゾンのサービスを網羅できる(プライムビデオ、プライムミュージック、プライムフォト、kindle本など)
  • ネット、SNS、アプリ、ゲームもできる
  • 本体サイズが程よい大きさで手軽に扱える

Fire HD 8のデメリット

  • アプリ数が少ない
  • 動作が少し遅い
  • 液晶の色合いがあまり綺麗ではない
  • 場合によってFire 7より表示領域が狭くなることがある
  • カメラの画質が悪い

最後にしなっと書きましたが、Fire HD 8は8インチの1280 x 800ピクセルのHD解像度のディスプレイを搭載しており7インチのFire 7よりも解像度が高いのに、アプリによってはFire 7の方が表示領域が広くなってしまうこともあります。これはディスプレイのアスペクト比の違いによる問題となっていおるようです。詳細はFire 7とFire HD 8の比較記事で紹介したいと思います。