シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

Canonの望遠レンズEF-S55-250mmは価格の割にボケ味が柔らかく画質が綺麗で使える格安レンズ

Canonの初心者向けの一眼レフカメラの EOS 9000D と OS Kiss X9i は EF-S18-135 F3.5-5.6 IS USM が付属したレンズキットと EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM と EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM のダブルズームキットの二つあります。

どちらを買ったらいいのか、迷ってしまいますが、今回は望遠レンズのダブルズームキットキットに付属するEF-S55-250mm F4-5.6 IS STMについて焦点を当ててみたいと思います。

 

EF-S55-250mmは意外と優秀な望遠レンズ

EF-S55-250mm F4-5.6 IS STMはエントリモデルの一眼レフカメラのダブルズームキットに付属している望遠レンズということもあり、あまり注目されることのないレンズですが意外と綺麗な写真が撮れます。

単体価格18,000円とは思えないくらい優れたレンズで(個人的には) EF-S18-55mmやEF-S18-135よりも写りがいいんじゃないのかなと思います。

EOS 9000DとEF-S55-250mm

EF-S55-250mm F4-5.6 IS STMはAPS-C専用のEF-Sレンズで35ミリ換算の焦点距離は88~400ミリ相当の望遠レンズです。レンズの全長は111.2mmで重量は375gと望遠レンズにしてはかなり軽い部類です。

  • EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM:215g
  • EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM:515g
  • EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM:375g

フォーカシングの機構にステッピングモーターを搭載してるSTMモデルとなっており、オートフォーカスの駆動音はとても静かで合焦速度はUSMには敵わないもの速い部類に入るでしょう。ただ、望遠側では迷うことがあるので被写体を失ってしまうことがあるのが注意点でしょうか。

  • レンズ構成:12群15枚(非球面レンズ1枚、UDレンズ1枚)
  • 絞り羽根枚数:7枚
  • 最小撮影距離:0.85m
  • 最大撮影倍率:0.29倍(250mm時)
  • フィルター径:58mm
  • 手ぶれ補正効果:3.5段分

格安レンズなのにUDレンズを1枚使っているのがいいですね。コンパクトな望遠レンズには欠かせないのかもしれません。

ズーム全域で細部まで問題ない写り

細かいところまでは見ていませんが、パッと見ではズーム全域で細部まで綺麗に描写できています。細かいところまで見ていくと価格の違いが出てくるのかもしれません。

20170612113031j:plain

開放よりも絞った方が描写がシャープになるようですが、比較的暗いレンズなので手ぶれ補正機能が付いていてもあまり絞ることができないのが辛いところ。

20170612113206j:plain

それでも暗い電車のホームでもしっかりとカメラを構えることでブレずに撮影をすることができます。

20170612113402j:plain

意外とボケ味は綺麗なんですよね。このレンズ。ちょっと暗いですがそれも味となっていいのではないでしょうか。また暗いと思ったらPhotoshopなどで調整すればいいですからね...。

20170612113719j:plain

ボケ味が柔らかい

EF-S55-250mmは望遠に特化した望遠レンズなのでボケ味はEF-S18-55mmやEF-S18-135mm に比べると柔らかくて綺麗です。

EF-S18-135mmで撮影したもの。

20170612113835j:plain

EF-S 55-250mmで撮影したもの。背景のボケ味が柔らかくなっているのがわかります。

20170612114100j:plain

望遠側(250mm)にすると被写界深度が極端に浅くなるのでオートフォーカスでもピント合わせが難しいと感じることがありますが、バッチリ決まれば繊細な写真を撮ることもできます。

20170612114346j:plain

もうちょっと寄っても良かったかもしれませんね。

20170612114655j:plain

望遠レンズ特有の圧縮効果で広角レンズでは得ることができないボケ味を得ることができるのも望遠レンズの面白いところです。同じ被写体を撮るにしても広角レンズで撮ったものと望遠レンズで撮ったもので全然違う仕上がりになります。

20170612114741j:plain

絞ってガチッと撮ってもなかなかいい感じに撮れます。

20170612115250j:plain

望遠レンズはやはり遠くにある被写体を撮るには一本は持って置きたいレンズです。

20170604122345j:plain

有名人が来た時もバチっと撮れるのもいいです。

また、息子の運動会にもEF-S55-250mmを持って行ったのですが、遠くからも自分の子どもをバチっと撮影することができるのでいいですね。安いレンズなので砂埃が来ても何も思わないですし、取り回しは非常にいいレンズなのかなと思います。

 

まとめ:使うシーンを割り切れる人にオススメのレンズ

EF-S18-135 F3.5-5.6 IS USMレンズキットとEF-S18-55mm F4-5.6 IS STM+EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM ダブルズームキットの特徴をまとめます。

レンズキット(EF-S18-135 F3.5-5.6)の特徴

  • 広角から中望遠までカバーするので幅広いシーンで活躍する便利レンズ
  • 約4段分の手ぶれ補正機能で暗いところでも使用可能
  • レンズが少し大きくて重い

ダブルズームキット(EF-S18-55mm F4-5.6 + EF-S55-250mm)の特徴

  • 2本のレンズで広角から望遠までフルカバー可能。ただし、場面によってレンズを交換しないといけない
  • レンズが軽くてコンパクト
  • EF-S55-250mmの画質がレンズキットとは思えないくらい高画質
  • EF-S18-55mmも旧型モデルに比べて画質が向上している

EF-S18-135 F3.5-5.6 IS USMとEF-S18-55mm F4-5.6 IS STMについてはこちらの記事を参考にしてください。

EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM は使用できる場面は限られるレンズですが、それをしっかりとチョイスすることができれば良いレンズなのかなと思います。何よりも2万円以内で購入することができる格安望遠レンズなので、あまり使わないけどちょっとだけ使いたいという時には良いレンズです。