シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

Amazon Echo レビュー!軽快にストレスなく日本語で音声操作できて未来を感じるデバイス!

AIスピーカーのAmazon Echoをやっと手に入れました!2017年11月15日から販売が開始されたAmazon Echoシリーズですが、今は招待制となっておりリクエストをAmazonに送って、メールを受け取った人じゃないと購入することができないようになっていますが、やっとAmazon Echoをゲットしました!

ちょっとだけ使用してみた印象として、かなり完成度が高いですね。声の集音力、反応度、日本語の自然さなど、かなり高レベルで新しい時代を感じることができる、そんなデバイスと言っていいかもしれません。ということで、Amazon Echoのレビューをしていきたいと思います。

 

Amazon Echo

Amazon Echo レビュー

Amazon Echoで出来ること

AIスピーカーであるAmazon EchoはWi-Fiでインターネットに常時接続させることで利用することができる製品となっています。パッケージにAmazon Echoで出来ることや特徴が簡単に記載されていました。

Amazon Echoで出来ること

Amazon Echoは声だけで操作をすることにあるのですが、「アレクサ」とAmazon Echoに呼びかけた後に「今日の天気は?」や「音楽をかけて」、「今日の予定は?」と問いかけると、指示したことをコントロールしてくれるというものになっています。

今までiOSのSiriやAndroidのGoogleアシスタントで出来ていたことがAmazon Echo単体で実行することができると言えば分かりやすいでしょう。

パッケージと付属品

Amazon Echoのパッケージは水色の長細いものとなっています。

Amazon Echoのパッケージ

では、開封していきます。

Amazon Echo 開封

取り出しやすいようにきちんと工夫されていますね。

取り出し

Amazon Echoを取り出していきます。

20171207132657j:plain

台座っぽいところの中に電源アダプタと簡易説明書が入っています。

20171207133250j:plain

電源アダプタは21WのものでUSBポートではなく専用のDC電源ポートとなっています。

20171207133542j:plain

Amazon Echoはバッテリーを搭載していないので、常に電源を接続した状態でないと使うことができないので注意しましょう。Google Homeもそうだけど今時バッテリーを搭載していないってどうなんだろうって思ってしまいますねー。

外観デザイン

Amazon Echoはサンドストーン、チャコール、ファブリックの3色から選ぶことできるのですが、僕はチャコールを選びました。ダーググレーっぽい色ですね。

Amazon Echo 本体デザイン

ちなみにカバーは別途購入することで取り替えることができるので、気分によって変えてみるのもいいのかもしれません。(僕はしないけど。)

Amazon Echoは音声操作が基本となるほとんど触ることはありませんが、本体上部に操作パネルとしてボタンが4つ搭載されています。左からマイクオフボタン、音量ボタン、アクションボタンとなっています。

Amazon Echo 操作パネル

アクションボタンを押すことで「アレクサ」と呼びかけなくてもAmazon Echoに支持を出すことができます。指示するのは音声操作なのでほとんど使うことはないでしょうね。(少し使って分かったのですが、毎回アレクサと呼び出すのが面倒くさい時があり、そんな時にアクションボタンを使っています。なので、意外と必要なボタンかもしれませんね。)

なお、小さな穴が7つ空いていますが、これは声を聞き取るためのマイクです。この7つのマイクのおかげで集音力はかなり高く、小さな声でも聞き取ることができます。

本体下に電源ポートとAUXポートがあります。

Amazon Echo 接続ポート

AUXポートを使うことで音声は別のスピーカーから出力させることも可能です。Amazon Echoは高性能スピーカーを搭載したモデルなので滅多なことがない限り、使うことはないのかなーとは思います。

本体の真下にボタンがあり、このボタンを押すことでカバーを外すことができます。

Amazon Echo カバーの取り外しボタン

結構簡単にカバーが外れるので気軽に交換して気分を変えてみるのもいいのかも?

Amazon Echo カバー

カバーを外した状態のAmazon Echoです。本体下部にスピーカーが搭載されているのが分かりますね。

Amazon Echo ウーファー

Amazon Echoの音質について

僕は普段は360°全方位スピーカーのBOSE SoundLink Revolveを使って音楽を聴いているのですが、代わりにすることができる音質かどうかが非常に気になっていました。

Amazon Echoは上から下に向けて63.5mmのウーファーが搭載されており、下から上に向け得て16mmのツイーターが搭載されています。

Amazon Echo ツイーター

スピーカーの間に仕切りがあり360°サウンドを実現しています。

で、気になる音質についてですが、思っていた以上に良い音が出ています。重低音やフルレンジスピーカーならではのキレの良さについてはBOSEのSoundLink Revolveには敵いません。

しかし、Amazon Echoは2ウェイスピーカーシステムを採用し専用のウーファーを搭載してるので必要十分の低音が出ていますし、ツイーターを搭載していることもあり、高音にかけての音が非常にクリアで余裕のある落ち着いたサウンドを奏でているように聞こえます。

低音のキレにあまりこだわりがないのであればBOSEよりもAmazon Echoの方が良い音に聞こえるかも。楽曲にもよるかもですが。

うーん。これで2台ペアリングしてステレオ再生することができるようになったら、メインで使用してもいいんですけど。

Amazon Echoの初期設定(セットアップ)

Amazon Echoには電源ボタンが搭載されておらず電源を接続すると自動的に電源がONになる仕組みとなっています。

20171208001844j:plain

電源が起動すると本体上のLEDリングが青色でクルクルと回り始めます。

20171208002002j:plain

そして、オレンジ色になったら初期設定をすることができるサインとなります。Amazon Echoの初期設定はiOS・Androidアプリ「Amazon Alexa」から行うかPCからはウェブ上から行うことができるようになってます。今回はアプリを使って初期設定を行っていきましょう。

20171208002117j:plain

Amazon Alexaをインストールしたらアプリを起動し、Amazonアカウントを使ってログインをします。

20171208002324j:plain

ログインするとホーム画面が表示されるので「ALEXAをカスタマイズ」を選択すると所持しているAmazonデバイスの一覧が表示されるので「Echo」を選択しましょう。

20171208002445j:plain

セットアップ画面が表示されるので初期設定を行うEchoを選択します。今回は通常盤のEchoですね。そして言語設定に「日本語」を選択します。

20171208002700j:plain

次に「WI-FIに接続」をする作業をします。これは連携するスマートフォンからEchoを設定するための設定となっています。

20171208002814j:plain

「iPhoneとEchoを接続」という画面が表示したら、「設定」アプリを起動し「Wi-Fi」の一覧から「Amazon-XXX」というネットワークを探して選択します。

20171208002947j:plain

iPhoneとEchoが接続されました。次にEchoが通常時に接続するWi-Fiネットワークを設定します。Wi-Fiネットワークの一覧が表示されるので、使用するネットワークを選択しましょう。

20171208003107j:plain

Wi-Fiのパスワードを入力するとEchoとWi-Fiネットワークが接続します。ここでエラーが発生することもあり、もしエラーが発生してネットワークに接続することが出来なかった場合はEchoの電源を一度OFFにして再設定をしてみると上手くいくと思います。

20171208003224j:plain

セットアップ完了です。おそらくファームウェアアップデートが始まります。少し時間が掛かるのですが放置してそのまま使うことが出来ます。

20171208003423j:plain

これでAmazon Echoに向かって「アレクサ」と話しかけることで、知りたいことを聞いたり、様々な指示を出したりすることができるようになりました。

 

Amazon Echoを実際に使ってみた

どんな事ができるのか。未知の世界でした。本当に便利なのだろかと。Amazon Echoで出来る事はたくさんあり、スキルと呼ばれるアプリのようなものをAmazon Alexaアプリから有効にすることで、出来る事がどんどん増えていきます。

20171208004650j:plain

初期状態でもかなり色んなことが出来ます。

  • 音楽をかける(ジャンル指定、音量の調整、早送り・巻き戻し・停止)
  • 最新ニュースを聞く
  • 天気を調べる
  • ラジオを聴く
  • アラームやタイマーを掛ける
  • カレンダーの予定を聞く、作成する(スマホと連携設定が必要)
  • スマートホームを操作する
  • Amazonでショッピングをする

Amazonの買い物もEcho経由で出来るって凄いですよね...。1-Clickを有効にする必要がありますが。ちょっと怖くて使えないなー、この機能は。

ということで、実際にいくつかの機能を試してみました。

音楽がガンガン流れている状態でも声をきちんと認識して正確に聞き取っているのがスゴイです。しかも、タイムラグも短いですし待たされることもほとんど無いです。

なお、再生できる音楽は楽曲数100万曲のAmazon Prime Music(3,900円/年)、楽曲数4,000万曲のAmazon Music Unlimited(Echoプラン:380円/月)となっています。Echoプランに契約するにはアレクサに「Amazon Music Unlimitedに登録して」と言うと使う事ができるようになります。

Echoでの音楽再生ははジャンルを指定したり、アレクサのオススメを流すこともできます。また、再生されている音楽を知らない時は「アレクサ、この曲は何?」と聞けばアーティスト名と楽曲名をきちんと答えてくれます。これは素直にスゴイ。しかも、日本語が自然で上手だから本当の人と会話しているみたい。

ちなみに、音声操作だけしかできないわけではなく、Amazon Alexaアプリのホーム画面にはEchoが実行した履歴が表示されるようになっており、現在再生している楽曲の情報、楽曲の再生リスト、履歴など確認できるようになっています。

20171208010028j:plain

さらにアプリから操作することもできるので、何がなんでも音声操作しないといけないというわけではないのが嬉しいポイント。ちょっと使ってみて思ったのは、ずっと音声操作するのは面倒くさいと感じることもあるという...。喋るのが好きな人なら苦にはならないのかもしれませんが。

まとめ

Amazon Echoはまだまだこれからのデバイスといった感じがしますが、今までのAIデバイスと比べて、自分の声の認識精度、認識速度が高く、思っていた以上にストレスなく使うことができるので、未来を感じることができる、そんなデバイスなのかなと思います。

またAmazon Echoは日本語のローカライズもしっかり行なっているので、自然な話しかけをすることができるのも大きなメリットです。

すでに日本にローカライズされているスキルが数多く存在しているので、うまく使い熟すことで便利になるんだろうなーという印象です。

お話ができるスキル(ピカチュウトーク、Hey MIKU!、)や、クイズや謎々をしてくれるスキルなど、SiriやGoogleアシスタントでは楽しむことができないようなものもあるので、意外と楽しめたりするのかも?クイズとかみんなでやったら楽しそうだし。

色々と触ってみよう。