シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

2017年に買って良かった・便利だったモノ16選!

2017年も残すところあと1週間となってしまいました。年々、1年が経つのが高速化してきているようのな、そんな気がします。

今年も色んなものを買い漁ってしまう一年となってしまいましたが、せっかくなので今年購入したもので買ってよかったなーと思うものを紹介したいと思います。順位を付けようかと思いましたが、どれもないと困るものなので順不同で並べたいと思います。

 

2017年に買って良かったもの

2017年に買って良かったモノ

全自動洗濯乾燥機:東芝 TW-117XS

2015年の秋に日立の縦型の全自動洗濯乾燥機を購入したばかりだったので、新しい洗濯機を買うつもりはなかったのですが、購入して2年も経たないうちに度重なる故障に乾燥をかけても湿っている、臭い、などの不満が爆発し新しく全自動洗濯乾燥機を買いました。

東芝の全自動洗濯乾燥機でTW-117XSという2016年の型落ちモデル。

東芝全自動洗濯乾燥機 TW-117XS

東芝の最上位モデルで通常なら20万以上、2017年モデルだと30万円もする高級モデルなのですが、アウトレットで13万円で叩き売りしているのを偶然発見して即購入を決断しました。

操作パネルがタッチセンサー式で見た目もオシャレなのですが、乾燥機能がしっかり働いてくれるのが何よりも嬉しいです。乾燥かけても湿ってるということが無くなりましたし、完了するまでの時間も速いです。

TW-117XS 操作パネル

前の洗濯機は夜の9時にかけたら夜中の3時くらいに終わって、しかも湿っているという最悪のものでしたが、TW-117XSは夜の9時にかけたら0時には終わっています。しかも乾燥もしっかりされている。

また、温水(最大60℃)で洗濯をしてくれる機能が付いているので、ちょっと汚れ物を洗うときも頼もしいです。

ゲーミングチェア:E-WIN CL-BG1C

楽天セールで最近購入したのですが、ゲーミングチェア E-WIN CL-BG1Cです。

ゲーミングチェア E-WIN CL-BG1C

今まで使っていたオフィスチェアは体にあっておらず高さも低かったので体が悲鳴をあげていたのですが、ようやく新しい椅子を購入しました。普通のオフィスチェアと迷いましたが、価格も安くて体が疲れにくくなるようによく考えられているゲーミングチェアにしました。

このE-WIN CL-BG1Cというモデルはなかなか良いです。腰、首にクッションが付いて座った時にしっかりとホールドしてくれますし、リクライニング機能も付いているので、昼寝したい時もバッチリです。

4Kモニター:LG 27UD88

LG 27UD88はUSB-Cポートに対応した4Kモニターで、MacBook ProやMacBookをUSB-Cケーブル一本で充電と画面出力、USBデータをモニター側のUSBにアップストリームしてくれます。

MacBook ProとLG 27UD88

iMac 5Kを購入するまでは15インチMacBook Proを接続してメインで使用していた環境です。ベゼレスデザインなのでとてもスタートでカッコいい4Kモニターだと思います。

27インチiMac 5K 2017

2017年滑り込みで購入したのが27インチiMac 5K 2017(Core i5 3.8GHz・2TB Fusion Drive・8GB RAM・Radeon Pro 580 8GB GDDDR5)です。普通に買うと27万円ほどしますが楽天セールでポイント含めて実質22万円だったので買いました。

27インチiMac 5K

15インチMacBook Proでも特に不満はなかったのですが、5K解像度への憧れ、メインメモリを増設することができること、クラウドの活用によりサブ機の13インチMacBook Proとのデータの共有が簡単になったことからメイン環境をMacBook ProからiMacに移すことにしました。

Adobe Creative Cloudに1TBのプランとクラウドベースのLightroom CCが登場したのも大きな転換期でした。

撮影した写真データなどもAdobe Creative Cloudので全て共有することができますし、HP制作などのデザインデータも全てここで共有することができます。1台のマシンで全てをこなす時代は終わった。適材適所でデバイスを使い分けてこそパフォーマンスを発揮する。そう感じます。

MacはMicrosoft Surfaceとは逆の道を行っているのかもしれません。

僕は一応個人事業でブログ運営以外にもホームページ制作や販促物の制作などリアルビジネスにおいてもいくつかお客さんを抱えています。1台のマシンで仕事をこなすのは非常に怖いのです。もし、その1台が壊れてしまったら仕事が止まってしまいます。

実際に少し前にメイン機だった15インチMacBook Proのバッテリーが故障して使えなくなる状態になってしまいました。でもサブ機として13インチMacBook Proを持っていたので仕事への影響はありませんでした。

やはり複数台での運用は僕の中では必須です。そんな中で、デスクトップ型のiMacを手に入れたことで5Kディスプレイ、40GBのメモリを手に入れたのは作業効率も上がる上がる!(たぶん)

ちなみに4KモニターのLG 27UD88はiMac 5Kのサブディスプレイにしたり、気分転換でサブ機の13インチMacBook Proに接続したり、さらにPS4などゲームをする時に使っています。

LG 27UD88とiMac 5K

iMac 5KはHDMI入力端子を搭載していないので、別のデバイスを表示させることができません。なので別途外部ディスプレイはあったほうが便利ですね。

13インチMacBook Pro 2017

13インチMacBook Pro 2017(Core i5 2.3GHz・256GB SSD・8GB RAM)のTouch Bar非搭載モデルです。サブ機として外で作業をする時に活躍しています。

13インチMacBook Pro

13インチMacBook Proは2016年にデザインが刷新されました。2015年モデルと比べても小型・軽量化され、さらに持ち運びがすやすいモデルに進化を遂げています。スペック的には下位モデルですが、Adobe IllustratorやPhotoshopなどの画像処理は普通にこなすことができるので、外で使用する分においてはこれで十分です。

Apple Watch 3

Apple Watch Series 3のセルラーモデルです。Apple Watchは初代モデルを持っていましたが、ほとんど装着することなく過ごしていましたが、Apple Watch Series 3は毎日装着して生活をしています。

Apple Watch 3

世代を重ねて性能が向上し動作が速くなったことからストレスを感じることがなくなったのが毎日着けていられるポイントです。妻から受けたメッセージをiPhoneを取り出すことなく音声入力でパッと返信できるのでとても便利。

あと日々の心拍数や歩数を正確にカウントしてくれるのも頼もしいですね。ちょっとした健康管理の材料として使うことができます。あと、充電中は部屋の時計としても活躍しています。

Apple Watch 3 ナイトスタンド

何気に便利。

iPhone X・iPhone 8

iPhone XとiPhone 8です。2017年モデルは何を血迷ったのはiPhone 8 Plusを含めた3モデル全てを購入してしまいました。

iPhone 8/8 PlusとiPhone X

iPhone 8 Plusはほとんど使っていません。来年以降に売却の対象です。今はiPhone 8をメインで使用してiPhone Xをサブで使っている状況です。

iPhone8とiPhoneX

最初はFace IDの使い勝手が不安でiPhone Xをメインにするのは気が進まなかったのですが、今はメインで使ってもいいと思っています。人間は慣れると生き物です。ただ、データを移動させるのが面倒くさいからiPhone 8をそのままメインで使っている状況が続いているだけです。

賛否あるFace IDですが使いやすくてとても良い機能だと思いますよ。暗闇でも普通に顔を認識してくれますし、僕はマスクしないのでほぼ問題ありません。唯一、布団の中で顔を認識できないという不満点はあるものの、メインとして十分に使っていくことができるレベルだと思っています。

ワイヤレス充電もとても便利。Lightningケーブルをわざわざ挿さなくてもiPhoneをワイヤレス充電機に置くだけで充電できるのはとても便利です。

何よりもiPhone Xの背面カメラの性能はiPhone 8/8 Plusよりも高いのが良いです。光学2倍ズームしても光学式手ぶれ補正機能使えますし。

ニンテンドースイッチ

これは忘れてはいけませんね。大人も子どもも楽しむことができるゲームのニンテンドースイッチです。ソフトはボンバーマン、ゼルダの伝説、マリオカート8DX、スプラトゥーン2、そして息子のクリスマスプレゼントにARMSもあります。

ニンテンドースイッチ

子ども時代は根っからのゲーマーだった僕のゲーム魂に再び火をつけさせてくれたのがニンテンドースイッチです。最初は子どものために発売日に買ったのですが、ゼルダの伝説やスプラトゥーン2は大人の僕の方がハマっているという状況に(笑)

ニンテンドースイッチは据え置き機でありながら携帯機でもあるハイブリットデバイスとなっていますが、電源を起動してゲームが始まるまでの時間がPS4などの据え置き機と比べても短いので、ちょっとした隙間時間についつい遊びたくなるゲーム機だと思います。

光回線をV6プラス対応「ドコモ光+GMO」に変えた

今までフレッツ光(ソネット)を使っていて通信速度が遅かったので何となくNifty光に乗り換えたのですが、夜になると一桁代に速度低下することがあったので、どうしたものかと悩んでいたところに、V6プラスという通信速度が時間帯関係なしで爆速になる素晴らしいサービスがあることを知りました。

V6プラスに対応していたのがドコモ光のGMOだったのです。携帯電話はドコモだったので割引を受けることができて乗り換えるにはちょうど良い感じだったので、思い切って光回線をドコモ光+GMOに変えました。

結果、通信速度は爆速になりました。混み合う時間帯でも150Mbpsを切ることはありません。常にこれくらいの速度が出ている状態です。

V6プラス 通信速度

V6プラス最高!

光回線なのに速度が遅くて困っているという人はV6プラスはマジで検討するに値するサービスだと思います。V6プラスとは何か?こちらの記事で詳しく書いていますので参考にしてください!

ワイヤレススピーカーのBOSE SoudLink Revolveです。発売当初は1台だけ買いましたが、後になり2台接続したステレオ再生環境にしたくて追加購入しています。

BOSE SoudLink Revolve

Bluetooth接続のワイヤレススピーカーは配線が必要ないのでとても便利です。BOSEなのでワイヤレススピーカーでも迫力のサウンドを楽しむことができるのでお勧めです。このスピーカーは360℃スピーカーなので1台でもステレオ感を感じることができるので1台でも全然イケますよ。

電動コーヒーミル

僕は毎朝コーヒーを飲んでいます。今までは子ども達を保育園に送った後にコンビニに寄ってコーヒーを購入して飲んでいました。でも、毎日150円を消費するのは勿体無いなーと感じ、電動式のコーヒーミルを購入して、自宅でコーヒーを淹れるようにしました。

最初は手動式のコーヒーミルを買ったのですが、毎日のことになると面倒くさい...ということで電動式のコーヒーミルを再度購入しました。特にこだわりはないので5,000円程度で購入できるコーヒーミルです。

電動コーヒーミル

コーヒ豆を入れてフタをしないボタンを押すことができない仕組みになっているので、安全対策もバッチリです。

コーヒー豆

10秒ほど豆を挽けば粉状になるので非常に簡単。

コーヒーをハンドドリップ

コーヒーメーカーも検討はしたのですが、場所を取ること、お手入れが面倒っぽい、コーヒー豆からハンドドリップでコーヒーを淹れた方が美味しいと思ったので電動のコーヒーミルを購入しました。これは毎日使うものなので、今年買ったモノの中でも満足度は高いモノになっています。

Canon EOS 9000DとLED付きマクロレンズ:EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM

Canonのエントリーモデルの一眼レフカメラEOS 9000DとLEDライト付きのマクロレンズ(EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM)です。普段はFUJIFILMのX-T2を使っているのですが、ブログ用の画像など物撮りをする時はEOS 9000D+EF-S35mm F2.8 マクロ IS STMを使うことが多いです。

EF-Sレンズなのコンパクトなサイズで焦点距離が35mmで絞りがF2.8となっており、マクロ撮影だけに留まらず普段使いのレンズとしてもかなり使いやすいです。

Canon EOS 9000DとEF-S35mm F2.8 マクロ IS STM

このレンズの最大の特徴はLEDライトを標準搭載している点でしょうか。少しは入り組んで暗い場所でも気軽に撮影することができます。

EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM LEDライト

このマクロレンズはレンズ先端から30mmまで被写体に寄って撮影することができるので、カメラ(X-T2)の操作ダイヤルをこんな感じに撮影することもできます。

マクロ撮影

普段はX-T2とズームレンズのXF16-55mm F2.8である程度のシーンを網羅することができるので、正直なところEF-S35mm F2.8 マクロ IS STMのためにEOS 9000Dを所持していると言ってもいいくらい装着率が高くなっています。

UHS-Ⅱ対応のカードリーダー:Transcend RDF9K

MacBook Proは2016年モデルからSDカードスロットが廃止されました。それに合わせてカードリーダーを購入したのですが、X-T2はUHS-ⅡのSDカードに対応しているので、UHS-Ⅱの読み取りに対応したカードリーダーを購入しました。

Transcend RDF9K カードリーダー

容量の大きい4K動画ファイルやRAWファイルも高速転送してくれるのでとても重宝してます。iMacにはSDカードスロットが搭載されていますが背面部分にありアクセスが悪いので、カードリーダーを使うことで使い勝手を向上させることができたので、満足度はかなり高いです。

 

これからに期待したいモノ

Amazon Echo

2017年はAIスピーカーが新しいジャンルの製品としてAmazon Echo、Google Homeなどがリリースされました。つまりAIスピーカー元年ということになります。僕もAmazon Echoを買ってみて実際に使ってみました。

Amazon Echo

声だけで様々な指示をアレクサに出すことができるのですが、声の認識精度の高さ、反応速度の完成度はかなり高いです。iPhoneのSiriにあれこれお願いするよりもAIスピーカーにお願いをした方がストレスはありません。

数年後のリビングにはAIスピーカーが置かれているのも当たり前の日がやってくるのかもしれません。とはいえ、現状ではAIスピーカーで何をしたらいいのか、ちょっと分からない部分もあるのも事実。これから、色々と試してみてより良い使い方を模索していきたいですね。

ちなみにGoogle Home miniも買いました。まだ開封してません。楽天セールで3,000で購入できたのでとりあえず買って置いてある状態です。

20171225104523j:plain

どっちが使いやすいのかな?

まとめ

2017年は振り返ってみるといろんなモノを購入してしまったように思います。特に12月に入ってから経費のためにと楽天セール、Amazonサイバーマンデー などが後押しとなり今までにないくらいモノを買ってしまったような気がします。

来年は少し抑えたいなーと思いつつ、富士フイルムのミラーレス一眼カメラX-H1が2018年上旬にもリリースされるという情報があったりします。富士フイルムとしては初の本体内蔵式手ぶれ補正機能が搭載されるモデルということで、買うんだろうなー。高そうだなーと危惧しているところ。

2018年はどんな新しいデバイスが飛び出してくるのか。楽しみですねー。