シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

4K60Hz対応おすすめのHDMIセレクターはこれ!PS4 Proにも対応!

ドラクエ11を遊ぶためにPS4 Proなどを購入したこともあり、4Kモニターに搭載されているHDMI端子が不足してしまう自体に...。ということで、4K60Hzに対応したHDMIセレクターを買ってみたので紹介したいと思います。

 

PS4 Proの4Kに対応したHDMIセレクター

BLUPOW HDMIセレクター

HDMIセレクターは各メーカーから様々なものがリリースされているので、どれを購入したらいいのか迷ってしまいますが、4K出力に対応しているPS4 Proを所持しているということもあり、4K 60Hz/HDR(HDMI 2.0・HDCP 2.2)に対応したHDMIセレクターを探したところ、BLUPOWというメーカーのHDMIセレクターを発見。

4K60Hz/HDR(HDMI 2.0 HDCP 2.2)に対応

BLUPOWのHDMIセレクターは4K60Hz(24bit)、さらにHDRの出力に対応しています。

4K出力に対応しているHDMIセレクターは他にもいくつかありますが、4K30Hz出力止まりだったりHDRに対応していなかったり、HDCP 2.2に対応していなかったり、中途半端なスペックなものが多いですが、BLUPOWのHDMIセレクターはすべての規格に対応しているので、PS4 Proのスペックを生かすことが可能です。

他にもオーディオフォーマットとしてDTS-HD/Dolby-trueHD/LPCM7.1/DTS/Dolby-AC3に対応しています。

HDMI機器を3台接続可能

BLUPOWのHDMIセレクターはHDMI機器を3台接続することができ、ボタン一つで切り替えることができます。

さらにリモコンに対応しているので、離れた場所からも簡単にHDMI機器を切り替えることができます。HDMI機器の電源のON・OFFによる自動切り替えではなく手動切り替えですが誤動作することがないので、安心して使うことができるも大きなメリットと言えそうです。

ということで、BLUPOWのHDMIセレクターを購入しました。

4K60Hz対応のHDMIセレクター

BLUPOW 4K60Hz対応HDMIセレクター レビュー

黒色の箱に入ってやってきました。

BLUPOW HDMIセレクターのパッケージ

蓋を開けるとHDMIセレクターが入っている非常にシンプルな梱包になっています。

BLUPOW HDMIセレクター梱包

HDMIセレクター本体の他に、電源アダプタ、リモコン、説明書が付属しています。

BLUPOW HDMIセレクター付属品

HDMIケーブルは付属していないので、機器出ているHDMIケーブルをHDMIセレクターに接続するとモニター側に接続するHDMIケーブルが不足してしまうので、別途購入する必要があります。

4Kに対応したハイスピードタイプのHDMIケーブルを使うようにしましょうね。

本体は金属製なのでとてもしっかりとした作りになっており、端子部分も金メッキされているので耐久性はそこそこ高いように感じます。

BLUPOW 4K60Hz対応HDMIセレクター 外観

入出力端子はすべて背面部分に搭載されているので、取り回しは非常にしやすいのかなと感じます。左から5V/1Aの電源端子、モニター側に出力するためにHDMI端子、機器からの入力するHDMI端子が3つ搭載されています。電源がないHDMIセレクターもあるようですが、安定性を考えると電源を搭載しているものの方がいいようです。

実際にPS4 ProとFire stick TVの2機を接続してみました。こんな感じになります。やっぱりコネクタ集約されているので配線はやりやすそうでいいですね。 

BLUPOW 4K60Hz対応HDMIセレクター 配線

本体の面部分に機器を切り替えるボタンやランプが搭載されています。

BLUPOW 4K60Hz対応HDMIセレクター 操作パネル

SWITCHボタンを押すと「L1」が「L2」にランプが切り替わりHDMI機器が切り替わります。

20170822121710j:plain

これは便利ですねー。今までモニターの裏にあるHDMI端子からケーブルを付け替えていたので、かなりのストレス軽減になります。

もちろん、付属のリモコンを使えば離れた場所からもHDMI機器の切り替えを簡単にすることができます。

20170822152110j:plain

まあ、個人的にはリモコンがあれこれ増えるのが嫌なので使うつもりはありませんが...。

4K60Hz(HDMI 2.0・HDCP 2.2)出力を確認

本当に4K60Hz(HDMI 2.0・HDCP 2.2)の出力が出来ているのか、PS4 Proの映像出力情報で確認をしてみましたが...

4K60Hz HDR出力の確認

間違いなく4K解像度を60Hzで出力しHDRも認識しているようです。どうせ4Kテレビを持っているならフル性能を活かせるように接続したいですよね。

 

まとめ

HDMIセレクターには様々なタイプのものがありますが、それは使用するHDMI機器によっても選び方が変わってきます。普通のフルHDに対応したブルーレイディスクレコーダーやPS4、ニンテンドースイッチなどをテレビやモニターに接続するのであれば、4Kに対応したHDMIセレクターを選ぶ必要はなく通常のHDMIセレクターで十分でしょう。

しかし、4K解像度に対応しているブルーレイディスクレコーダーやPS4 ProやAmazon Fire TVなどの機器を持っているのなら4K60Hzに対応したHDMIセレクターを選ぶようにましょう。

他のメーカーでも4K60Hzに対応したHDMIセレクターがあるようなので、いくつか紹介しておきます。

Tophie

4K60Hzに対応しており、電源をUSBから取ることができるので電源コネクタを一つ浮かせることができるHDMIセレクターです。しかも、1,000円台で購入することができるのでお財布にも優しいです。こっち買えばよかったかも。

ラトック

こちらのHDMIセレクターも4K60Hzに対応しているモデルで本体がコンパクトなのに5入力に対応しています。

ELUTENG

こちらも4K60HzのHDMI 2.0に対応したセレクターですが、5つの機器を接続することが可能。

サンワダイレクト

4K出力に対応しているものの規格がHDMI 1.4のセレクターで4K30Hzの出力となってしまいます。

グリーンハウス

こちらも4K出力には対応していますが規格がHDMI 1.4となっておりリフレッシュレートが30Hzになってしまうようです。価格が安いので特にこだわりがないのであればおすすめです。

Tendak

こちらも4K30HzのHDMI 1.4のセレクターですが、5つの機器に対応しARC機能に対応しL/ Rオーディオ出力や光デジタル音声出力なのに対応しています。