シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

EOS Kiss X9はKiss X7の後継機に相応しいモデルか?X7とX9iのスペック・デザインの違いを比較!

Canonがエントリーユーザー向けの一眼レフカメラEOS Kiss X9を正式に発表しましたね。EOS Kiss X9は2013年4月に発売されたEOS Kiss X7の後継機となっており「軽量・小型」を重視したコンセプトは継続されています。ただし、バリアングル液晶モニターを搭載したことで本体サイズと重量がX7よりも増加してしまったようですね。

 

EOS Kiss X9が正式発表!7月下旬発売へ

うーん...。どうなんだろう。本体サイズは大きくならない方が良かったんじゃないのかなと思うのですが。

EOS Kiss X9が何がどう進化したのか。旧型モデルのEOS Kiss X7と先にリリースされたX9iの3機種で違いを比較してみたいと思います。

カラーラインナップが3色に

カラーがブラックとホワイト、そしてシルバーが新たにラインナップに追加されることになr追加されることになります。グリップ部分が茶色になっているので、EOSシリーズでは珍しい配色と言えるかもしれませんね。

f:id:kazu-log:20170629154601j:plain

シルバーモデルがあるのはEOS Kiss X(3代目)以来11年ぶりでしょうか。なんか懐かしい色です。本体デザインはX7のような撫で肩デザインではなくX9iの流れを汲んだ一眼レフカメラらしいデザインになっているようですね。

f:id:kazu-log:20170629160104j:plain

特にしっかりとしたグリップが搭載されたのは嬉しい改良点といえそうです。

ボタンの配列が微妙変更されており、電源ボタンは今までのスライドスイッチ式ではなくダイヤル式に変更されています。まあISOやDISPのボタンも丸型から四角型に変更。これはX9i/9000Dにもない新しいデザインとなっていますね。

f:id:kazu-log:20170629160441j:plain

また、シャッターボタンの表面にスピン加工が施されるなど細かい部分のデザインが変更され少しだけ高級感のある雰囲気になっているようです。他にもWi-Fi機能を使うためのボタンなども追加されていることが確認できます。

X9はバリアングル液晶が採用されたこともあり本体サイズが少しだけ大型化しました。

f:id:kazu-log:20170629160753j:plain

バリアングル液晶って角度つけようと思ったら外側に回転させないといけないから使いにくいんだよな。チルト液晶は便利だけど。だからバリアングル液晶はX9iや9000Dに任せておいて小型最軽量を追求した一眼レフカメラにしてほしかったなー。なお、Canonは可動式の液晶搭載モデルでは世界最軽量であるとアピールしているようです。

EOS X9i・X9・X7のスペック比較

新旧モデルのスペックを比較していきます。

  EOS Kiss X9i
EOS 9000D
EOS Kiss X9 EOS kiss X7
有効画素数 約2420万画素 約1800万画素
センサー APS-C
デュアルピクセル
CMOSセンサー
APS-C
CMOSセンサー
映像エンジン DIGIC 7 DIGIC 5
画像ファイル形式 JPEG、RAW(14bit、キヤノン独自)
AF 45点 9点
ライブビューAF デュアルピクセル
CMOS AF方式
ハイブリッド
CMOS AF II方式
シャッター速度 1/4000~30秒、バルブ 1/4000~1/60秒、1/4000~30秒、バルブ
測光分割数 63
ISO感度 ISO100~25600(拡張:51200) ISO100~12800(拡張:25600)
連続撮影速度 最高約6.0コマ/秒 最高約5.0コマ/秒 最高約4.0コマ/秒
ファインダー視野率 上下左右とも約95%
ファインダー倍率 約0.82倍 約0.87倍 約0.82倍
液晶 バリアングル・タッチパネル付ワイド3.0型 タッチパネル付ワイド3.0型
Wi-Fi 802.11b、g、n ×
Bluetooth ×
NFC ×
撮影可能枚数
ファインダー
ストロボ撮影なし
約820枚 約840枚 約480枚
防塵防滴 ×
大きさ
幅 × 高さ × 奥行(mm)
9i:約131.0 × 99.9 × 76.2
9000D:約131.0 × 99.9 × 76.2
約122.4 × 92.6 × 69.8 約116.8 × 90.7 × 69.4
質量
(本体のみ)
9i:約485g
9000D:約493g
約406g 約370g

約2420万画素のAPS-CデュアルピクセルCMOSセンサー搭載

EOS Kiss X9の基本性能はEOS Kiss X9i/9000Dい準じたものとなっており、約2420万画素のAPS-CデュアルピクセルCMOSセンサーが採用しており、映像エンジンも最新のDIGIC 7を搭載し感度はISO100〜25600(拡張最大ISO51200)を実現しています。

デュアルピクセルCMOSが搭載したことでライブビュー撮影がミラーレス一眼カメラ並みの軽快な動作を実現します。

光学ファインダー撮影は中央クロス9点AFに

光学ファインダーによるオートフォーカスについてですが、EOS Kiss X9は中央クロス9点センサーが搭載されています。これはX7から進化していません。上位モデルのX9i/9000Dは中央クロス45点センサーが搭載されているので、光学ファインダーでの撮影において、大きな性能差があるということになります。

ライブビュー撮影に関してはX9i/9000Dと同じデュアルピクセルCMOSセンサーをフル活用することができるので、顔認識+追尾優先AF機能を組み合わせることでピントずれの少ない写真を撮影することができそうです。

 

キットレンズはEF-S18-55mm F4-5.6 IS STMが付属

EOS Kiss X9のキットレンズはX9i/9000Dから付属しているEF-S18-55mm F4-5.6 IS STMが付属するので、レンズありきで見るとX7よりも携帯性が優れているのかもしれません。(左:EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM、右:EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM)

f:id:kazu-log:20170409030526j:plain

EOS 9000DとEF-S18-55mm F4-5.6 IS STMの組み合わせでも小さくなったなと感じるくらいですしね。(左:EOS Kiss X7、右:EOS 9000D)

f:id:kazu-log:20170409030719j:plain

EF-S18-55mm F4-5.6 IS STMはEF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMよりも暗いレンズになりましたが、手ぶれ補正機能が強力になり画質も良くなっています。特に望遠側の画質が良くなっているので、EOS Kiss X7からの乗り換えもアリなのかもしれませんね。 

まとめ:X9i/9000Dよりは価格は安いが...

EOS Kiss X9は2017年7月下旬に発売が開始されます。価格はEF-S18-55 IS STM レンズキットで約75,000円、EF-S18-55 IS STMとEF-S55-250 IS STMダブルズームキットが約10万円からとなっています。EOS X9はEOS X9i/9000Dのダブルズームキットよりも2〜3万円ほど安く購入することができます。

光学ファインダーのオートフォーカス機能に少々頼りなささがありますが、ライブビュー撮影をメインで使う予定であればより小型で軽いEOS Kiss X9は選択肢としていいのかもしれません。少しでも綺麗な写真を撮りたいのであればオートフォーカスの精度が高いEOS X9i/9000Dの方がいいのかなと思います。

ただ、EOS Kiss X7のレンズキットが5万円ほどで購入することができていたことを考えると、値上がりしてしまったとも見れるので、とにかく安い一眼レフカメラが欲しいという方は在庫がなくなる前に旧型のEOS Kiss X7を手にするのもいいかもしれませんね。