シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

MacBook Pro/MacBook 2017年モデルの発売はいつ?Touch Bar非搭載モデルにもTouch IDが欲しい!

2017年6月に開催されるAppleのWWDC 2017で新型MacBook Pro 2017と新型MacBook 2017が発表されるのではないかといわれており、ここで発表されれば6月中にも発売が開始されるかもしれません。新型といってもCPUプロセッサを強化したマイナーチェンジモデルとなるんでしょうね。

とはいえ、15インチのオプションでRAMの容量を32GBまで拡張することができるようになるとも噂されており、個人的にはちょっと見逃せないアップデートになるかもしれません。(追記:2017年モデルで32GBのRAMは実現ならず...涙)

 

MacBook Pro 2017とMacBook 2017はどうなる?

ということで、新型のMacBookとMacBook Pro 2017はどのように進化するのか、すでに情報がいくつか出ているのをまとめつつ、個人的な希望についても書いていきたいと思います。

本体のデザインは変わらない

MacBookは2015年に、MacBook Proは2016年に新デザインで登場したばかりなので、今回のアップデートで本体デザインが変更される可能性はかなり低いでしょう。

15インチMacBook Pro 2016

12インチMacBookのポートを増やして欲しい

個人的には12インチMacBookに関してはUSB-Cポートを二つに増やして欲しいです。現行モデルのポート数一つしかない状態は充電をしながらだとUSBメモリやSDカードを読み込みたい時にわざわざ充電をやめる必要があるのが非常に面倒くさい。

12インチMacBook ポート

あと、キーボードも第2世代のバタフライキーボードを採用して欲しいですね。第1世代のバタフライキーボードはふにゃふにゃなのでMacBook Proを使ってからMacBookを使うと違和感を覚えます。

SDカードスロットも欲しい

全モデルにいえることですが、やはりSDカードスロットを使えるようにして欲しいです。

僕は一眼レフカメラで写真を撮ることが多く、写真を取り込むことが多いのですが、やはりSDカードを直挿しできるのは便利ですよね。でもそのために2015年モデルを使いたいとは思わないし...。

(追記:SDカードスロット搭載ならず)

15インチにTouch Bar非搭載モデルが登場?

13インチはTouch Bar搭載モデルと非搭載モデルの二つありますが15インチはTouch Bar搭載モデルしかありません。

MacBook ProのTouch ID

そんな中で2017年モデルでは15インチでもTouch Bar非搭載モデルが追加されるのではないかという噂もあります。

15インチMacBook Proは2015年モデルまでは外部GPUを搭載していないエントリーモデルが存在していましたが、2016年モデルでは全てが外部GPUを搭載したハイエンドモデルという位置付けとなりましたが、2017年モデルで再びエントリーモデルが追加されることになるのでしょうか。

(追記:Touch Bar非搭載モデル登場せず)

Touch Bar非搭載でもTouch IDは搭載して欲しい

個人的にはTouch Barはほとんど使わないからなくてもいいけど、指紋認証のTouch IDは便利なので搭載して欲しいですね。こんな感じで。

MacBook Pro Touch Bar非搭載モデルのTouch ID

いつものファンクションキーが並んでいて右側部分にSiriとTouch IDのボタンを搭載。

Touch Barを否定しているわけではないんです。Touch Bar非搭載になった時に合わせてTouch IDも非搭載になるのが辛いんですよね。無理矢理でもいいからTouch Bar非搭載モデルでもTouch IDを使えるようにして欲しいです。

僕はモバイル用途として13インチMacBook ProのTouch Bar非搭載モデルを使っていますが、やはりTouch IDは欲しいなーって思うんですよね。

CPUは第7世代KabyLakeに

MacBook Pro 2017はCPUの刷新されるようです。

現行の2016年モデルはIntelの第6世代Coreプロセッサ「Skylake」ですが、2017年モデルは第6世代Coreプロセッサ「KabyLake」が搭載されそうです。

KabyLakeはインテル チック・タック(微細化と機能向上を交互に繰り返す開発ロードマップ)とは異なる新たに追加されたプロセス・アーキテクチャー最適化に焦点を充てたプロセッサで性能の大きな向上は期待できませんが、クロック数が引き上げられているので、10%程度は高速化されます。

  • モデル名:2016年モデルのCPU → 2017年モデルに採用されるCPU
  • 12インチMacBook:Core m3-6Y30 → Core m3-7Y30
  • 13インチMacBook Pro(Touch Barなし):Core i5-6360U → Core i5-7260U
  • 13インチMacBook Pro(Touch Barあり):Core i5-6267U → Core i5-7267U
  • 15インチMacBook Pro:Core i7-6700HQ → Core i7-7700HQ

ここ最近のIntelのCPUはiPhoneやiPadのAプロセッサなどのモバイルプロセッサと比較すると進化が鈍っているのが気になるところです。

 

RAMの容量が最大32GBに

本当は2016年モデルで実現して欲しかったんですけどね。15インチのMacBook Pro 2017でRAMの容量を32GBまでCTOカスタマイズし増やすことができるようになるかもしれません。

15インチMacBook Pro 2016をメインで使用しているのですが、すぐに16GBを使い切ってしまいます。

20170521115119j:plain

macOSはメモリをたくさん使用することでOSの安定性を保つという特性があるので、すぐにメモリ上限に達してしまうのは仕方ないのかもしれません。

しかし、4Kモニターを接続したデュアルディスプレイ状態でParalleldesktopでWindowsを起動しながらIllustratorやPhotoshopなど色々と並行して作業するとモタつきを感じることがあります。

(とはいえ、SSDの転送速度が速いのでそんなにストレスを感じませんが。)

動画編集のアプリケーションをガッツリ使う人だともう少しRAMの容量が欲しいなーと思っている人も多いのではないでしょうかね。そんな中、MacBook Pro 2017でRAMを32GBまで拡張することができるようになれば作業がさらに快適になることは間違いないでしょう!

(追記:2017年モデルも16GBが最大RAM容量に。ただし12インチMacBookはオプションで16GBに増やすことが可能に。)

新型のMacBook Pro 2017とMacBook 2017は2017年6月に開催されるWWDC 2017で発表される見通しとなっています。もう少しです。楽しみだな。

(追記:2017年モデルのMacBookとMacBook Proが発表されリリースされました。お大きな変更点としてはCPUとGPUの刷新と第2世代のバタフライ式キーボードが少しだけ改良され音が静かになっています。

実際に13インチMacBook Proと12インチMacBookを購入しレビューしているのでぜひ参考にしてみてください!)