読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

Canon EOS kiss X9i/9000Dの画質と高感度性能をチェック!EOS kiss X7との比較もしてみた!

2400万画素APS-Cイメージセンサーを搭載したCanonのEOS 9000DとEOS kiss X9iですが、「45点オールクロスAFセンサー」や「デュアルピクセルCMOSセンサー」を、映像エンジンが中級機のEOS 80Dに採用されている「DIGIC 6」の後継となる「DIGIC 7」を搭載し、常用ISO感度100~25600まで対応するなど、エントリーモデルでありながら中級機を上回るスペックを誇っています。

 

Canon EOS 9000DとEOS kiss X7の画質を比較してみた

前回の記事でEOS 9000Dの外観レビューを紹介しましたが、今回は実際に撮影をしてみて、どれほどの画質を得ることができたのかを紹介したいと思います。

現在、小型一眼レフ機としてEOS kiss X7が引き続き販売が継続されている状況ですが、倍ほどの価格差を考えるどちらを購入するべきか迷う人もいると思います。kiss X8i/8000Dとの比較も見たいという人もいそうですが所持していないので、EOS kiss X7との画質比較もしたいと思います。

Canon EOS 9000D

EOS kiss X9i/9000Dの解像感について

EOS kiss X7は1800万画素のAPS-Cセンサーが、新型機のEOS kiss X9i/9000Dは2400万画素のAPS-Cセンサーが搭載しています。当然ながらより高画素のEOS kiss X9i/9000Dの方がより細かい描写をすることが可能です。金沢の街並みを両機種で撮影した写真ですが、赤枠の部分を拡大して見ます。

Canon EOS 9000DとEOS kiss X7 画質比較1

EOS kiss X7は若干ボケていますが、EOS X9i/9000Dはよりクッキリと描画できていることが確認できます。望遠側で撮影して見ました。

Canon EOS 9000DとEOS kiss X7 画質比較2

このように拡大をすると違いがよく分かります。ただ、トリミングをすることがないのであれば1800万画素のEOS kiss X7でも違いが分からないレベルと言っていいでしょう。むしろ、1800万画素から2400万画素に画素数が増えたことで、データの保存容量がJpegでも10MBを超えてしまうのが辛いところでもあります。

金沢の兼六園に行って色々と撮影をしてきました。色補正を全くしていない撮って出しの画像です。ここで装着したレンズはレンズキッドでもあるEF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USMです。

金沢城の桜

細かい桜の花びらも繊細に描写しています。青空と花びらの白色のバランスもなかなか良いです。

桜並木

標準のキッドレンズなので驚くような描写は期待できませんが、綺麗な桜をズームして撮影可能。

桜の花びら

金沢城は桜が似合います。

金沢城の桜

Canonのカメラは暗いところでも少し明るめになる傾向が強いように感じますが、場合によっては雰囲気のある写真を撮ることもできます。

兼六園の屋台

兼六園近くになる広坂神社。

広坂神社

45点オールクロスAFセンサーを搭載しているので、かピントが合っていないという写真が9点のEOS kiss X7と比較して確実に少なくなっています。このような手前の絵馬にピントを合わせるのも自動オートフォーカスでお任せでいけちゃいます。

広坂神社の絵馬

21世紀美術館にあった謎の物体もカリッと撮れちゃいます。

21世紀美術館の謎の球体

プロジェクト工房というところに風の谷のナウシカのメーヴェが展示されていました。

20170414171559j:plain本当に飛行しているっていうから凄いですよね。

風の谷のナウシカのメーヴェ

話は逸れましたが、EOS kiss X9i/9000Dはオートフォーカス機能が強化されたので、非常にピントの精度が向上しています。何も考えずにシャッターを切ってもだいたいピントは合っています。

20170414171755j:plain

少し暗くなった夕暮れも手ブレに多少気を使うことで問題なく撮影できます。

20170414172245j:plain

EOS kiss X9i/9000Dの高感度性能について

EOS kiss X9i/9000Dの標準レンズは実はモデルチェンジされており、EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS STMからEF-S 18-55mm F4-5.6 IS STMに変更されています。広角側の絞り値がF3.5からF4になってしまい少しだけ暗いレンズになっています。しかし、光学式の手ぶれ補正が強化されたことで、暗くてもブレにくい写真を撮影することができるようになっています。(左が新型のEF-S 18-55mm F4-5.6 IS STM、右が旧型のEF-S 18-55mm F4-5.6 IS STM)

EOS 9000D EF-S 18-55mm F4-5.6

また、EOS kiss X9i/9000Dは最新の映像エンジンDIGIC 7を採用することで、より高感度になり暗くなったレンズでも綺麗に夜間撮影を行えるように進化しています。以下、IOS6400、ISO12800、ISO25600に設定して撮り比べました。

20170414165038j:plain

見ての通りEOS kiss X7はノイズがかなり発生しているのが分かります。ISO3200くらいまでなら常用できるレベルですがISO6400になると大きなノイズが出てきます。また、手振れもしやすいです。その一方で、EOS kiss X9i/9000DはISO6400でもノイズは少なく、場合によってはISO12800でも使えるのではないでしょうか。いや、ISO25600でも使えるレベルだと思います。また、手振れも非常にしにくいので、EOS kiss X9i/9000Dは夜間撮影の失敗がより少なくなると言えます。

トンネルの中も手ブレを起こすことなく撮影できます。(EOS 9000D EF-S 18-55mm F4-5.6 IS STM ISO6400)

20170414172322j:plain

が、トンネルの写真に関してはEOS kiss X7の方が良い雰囲気に撮れていますね。(EOS kiss X7 EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS STM ISO6400)

20170414172653j:plain

参考までにFUJIFILM X-T2で撮るとこうなります。(X-T2 XF16-55mm F2.8 R LM WR ISO5000)

20170414172818j:plain

やっぱ、雰囲気出るな〜。価格帯が違うから比べるのもおかしな話なんですけど。

オレンジ色の照明の当たっている階段。(EOS 9000D EF-S 18-55mm F4-5.6 IS STM ISO6400)

20170414172953j:plain

(EOS kiss X7 EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS STM ISO6400)

20170414173113j:plain

(X-T2 XF16-55mm F2.8 R LM WR ISO6400)

20170414173208j:plain

AIサーボAFとライブビュー撮影が高速で正確に

キヤノンのカメラには動く被写体を追い続けることができるAIサーボAFⅡが搭載されていますが、EOS kiss X9i/9000Dはオールクロス45点AFセンサーと人物の顔に優先的にピントを合わせる被写体追尾に対応したので、子どもの写真を撮るのが非常に簡単になりました。

EOS 9000D オールクロス45点AF

シャッターを半押し状態を続けている限り動いている子どもにピントを合わせてくれます。EOS kiss X7にもAIサーボAFが搭載されていますが使い物にならないレベルでしたが、EOS X9i/9000DはのAIサーボAFはかなり使えます。

EOS 9000D AIサーボAFⅡ

また、デュアルピクセルCMOSセンサーを搭載したことで、ライブビュー撮影のピント合わせも非常に高速になりました。顔検知と追尾が非常に高速なので、子どもを撮影するときは便利です。

4つのレンズ補正機能に対応

EOS kiss X9i/9000Dは4つのレンズ光学補正に対応しています。

4つのレンズ光学補

歪曲収差補正は画像周辺部の歪みを補正、色収差補正は被写体の輪郭部分に出る色のにじみを補正、周辺光量補正はレンズの周辺光量の落ち込みを補正、回折補正は絞り込んだ時に起きる解像感の低下を補正する機能です。

  EOS 80D EOS kiss X9i/9000D EOS kiss X8i/8000D EOS kiss X7
歪曲収差補正 ×
色収差補正
周辺光量補正
回折補正 × × ×

なんと、中級機のEOS 80Dよりも高性能という驚きの仕様となっています。

 

初心者こそEOS kiss X9i/9000Dがオススメ

EOS kiss X9i/9000DはEOS kiss X7と比較しても画質が綺麗になっただけではなく、手ブレやピントのズレに強くなり、写真を撮るのを失敗しにくく進化しています。少しでも失敗写真を減らしたいという方はEOS kiss X7ではなく最新型のEOS kiss X9iか9000Dを選んだ方がいいでしょう。基本性能はkiss X9i/9000Dともに同じなので好みで選択すればいいと思います。

とにかく安くて、小さくて軽い一眼レフが欲しいという方はEOS kiss X7を選びましょう。4万円台でレンズキッドを手に入れることができるって凄い破格ですよ..。