読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

Android TV(ブラビア)の初期設定方法や便利な機能など紹介!Amazonビデオを登録して見る方法も!

ソニーの4Kテレビ BRAVIAは全てのモデルにおいてOSにAndroid TVを採用しており、今までのテレビとは設定方法がかなり異なるので、どうやって設定をしたらいいのか戸惑う方も多そうですよね。先日、43インチのソニーの43V型 4K BRAVIA X8300Dを購入したので、Android TVの初期設定の方法、Android TVなら何ができるのかを紹介したいと思います。

 

Android TVの初期設定や便利な使い方について

ソニーの4K BRAVIAの電源を初めて入れるとスマートフォンやパソコンのように「ようこそ」画面が表示されます。ここから設定をしていくことになります。

Android TV 初期設定(スマホ使用)

Android TVの初期設定方法(スマホ・タブレットありの場合)

Androidのスマートフォンからタブレットも持っている場合はそれを使ってセットアップをすることができます。あとでAndroidスマホやタブレットがない場合の初期設定方法も紹介しますが、今回は「はい」で進めていきます。

20170327151353j:plain

Androidスマホ/タブレットの「Google」アプリを使って設定画面に進むことになるようです。

20170327151549j:plain

スマホの「Google」を起動して、「デバイスのセットアップ」と検索欄に入力すると「デバイスのセットアップ」という枠が表示されるのでタップします。音声で入力してもOKです。

20170327151711j:plain

BluetoothとWi-Fiを使って接続をするようなので、もしテレビが検索されない場合はスマホ側でWi-FiとBluetoothがONになっていることを確認してください。

20170327151826j:plain

テレビの名前(BRAVIA 4K)と表示されるので選択して接続するとコードの確認画面が表示されます。

20170327152006j:plain

テレビ側にも同じコードが表示されるので、間違っていなければスマホ側の「次へ」をタップして先に進みます。

20170327151955j:plain

接続したいWi-Fiを選択します。するとすでにAndroidスマホ/タブレットで設定してあるGoogleアカウントを自動取得し、「アカウントの選択」画面が表示されるのでアカウントを選択していきます。

20170327152140j:plain

Androidスマホとの接続が成功します。

20170327153302j:plain

スマホ側で「他の端末へのコピー」を選択します。するとテレビ側にGoogleアカウントとデータを転送していきます。なんか怖いけど便利ですね。

20170327152505j:plain

Googleアカウントに紐づいているパスワードを入力してログインします。最後にAndroid TVの専用リモコンのアプリをインストールします。

20170327152630j:plain

するとAndroid TVで使うことができる専用アプリがインストールされます。

20170327152905j:plain

ソニーのテレビはBRAVIAと連携し番組表の取得や様々な細かい操作ができるアプリ「Video & TV SideView」というAndroidだけではなくiOSにも対応したアプリがあるので、Android TVのアプリをわざわざインストールしなくてもいいと思います。

これでGogoleアカウントとの接続が完了です。

20170327153212j:plain

Googleのプライバシーポリシーに同意します。

20170327153530j:plain

「位置情報」を「はい」に。位置情報をGoogleに知られたくない場合は「いいえ」を選択しましょう。(多分知られると思うけど)

20170327153605j:plain

Android TVの発展診断データや使用データを提供してもいいよという心優しい方は「はい」を選択しましょう。

20170327153707j:plain

ソニーのプライバシーポリシーに同意します。

20170327154353j:plain

もうね、完全にパソコンですね。

地デジのチャンネル設定

ここでようやく地デジのチャンネル設定をすることができます。

20170327154424j:plain

郵便番号から地域を絞り込んでくれます。

20170327154506j:plain

地域設定をします。郵便番号を入力したのですでにカーソルは合っています。

20170327154544j:plain

チャンネルスキャンが開始され結果が表示されます。

20170327154644j:plain

スカパーを契約している人はここから設定することも可能です。僕は加入していないのでスキップです。

20170327154727j:plain

4K BRAVIA X8300Dのスピーカーは下部に下向きに搭載されていますが、テーブルに置いた場合と壁掛けにした場合に合わせてバランス調整をしてくれる機能が搭載れているようです。

20170327154806j:plain

Google Cast対応デバイスをよく使っている人は「入」にしましょう。僕は使っていないので「切」にします。

20170327154947j:plain

現在時刻を確認し間違いなければ「スキップ」です。

20170327155050j:plain

「かんたん初期設定」を終了します。

20170327155122j:plain

お疲れ様でした。これでAndroid TVの初期設定終了です。

20170327155527j:plain

これ、わからない人がやるとちんぷんかんぷんなんじゃないのかなと思ってしまいますが。テレビって年配の方が買うことの方が多いような気がするんだけど、サポートを万全にしとかないと設定だけで挫折してしまいそうですよね。

次にスマートフォンやタブレットを持っていないGoogleアカウントを設定せずに初期設定する方法を紹介します。

Android TVの初期設定方法(スマホ・タブレットなしの場合)

初期の起動画面の「スマホ・タブレットをお持ちですか?」は「いいえ」を選択します。

20170327155738j:plain

Wi-Fiを接続します。インターネット環境がない場合は「スキップ」を選択することで先に進むことができます。

20170327155843j:plain

Wi-Fiのパスワードを入力すると「Googleに接続中」と表示されます。

20170327160218j:plain

ここでGoogleアカウントを使ってログインすることができますが、今回は「スキップ」します。

20170327160306j:plain

ここから上記のAndroidスマホを使って設定した時と同じように地デジのチャンネル設定などをする項目に進むことになります。→地デジのチャンネル設定について

後からGoogleアカウントを追加したい場合は「ホーム」の下の方にある「設定」の...

20170327163609j:plain

「アカウントを追加」からGoogleアカウントを設定することができます。

20170327163631j:plain

Googleアカウント以外にもソニーのアカウントからもログインできるようです。

20170327163810j:plain

Androidのアプリを使用したい場合はGoogleアカウントが必須となると思います。

Android TVで出来ること

豊富な動画配信サービスを利用できる

Android TVの4K BRAVIAの大きなメリットとして、豊富なコンテンツを楽しむことができる点でしょう。

20170327163523j:plain

  ソニー 東芝 シャープ パナソニック
ひかりTV
acTVila
YouTube
Amazonビデオ × ×
Netflix
GyaO × × ×
U-NEXT
dTV
DAZN × ×
DMM.com
PS video × × ×
楽天SHOWTIMW ×
ビデオマーケット × ×
niconico ×
TSUTAYA TV
クランクイン!ビデオ ×
au ビデオPASS ×
(GoogleCastで対応)
× ×
Androidアプリ ○(一部) × × ×

特に僕の場合はAmazonのプライム会員になっているのでAmazonビデオを追加料金なしで楽しむことができます。Amazonビデオを見ることができるという点と豊富なAndroidの一部のアプリを楽しむことができるのがソニーのブラビアを購入した大きなポイントにもなりました。

Amazonビデオの設定方法

Amazonビデオの設定は「ホーム」から「Amazonビデオ」を起動して「サインインして今すぐ観る」を選択します。なお、すでにAmazonビデオを見ることができるアカウントを所持していることが前提となっています。

Android TVでAmazonビデオの初期設定

すると5桁のコードが表示されるので...

Android TVでAmazonビデオのサインイン

パソコンから www.amazon.co.jp/mytv にアクセスして5桁のコードを入力します。

Android TVでAmazonビデオ パソコンに5桁のコード入力

これでAndroid TVでAmazonビデオを観ることができるようになります。

Android TVでAmazonビデオの登録

子どもたちにAmazonビデオが見れることを告白したら大喜びで妖怪ウォッチやドラえもんを見ていますわ。キッズ向けのアニメ、仮面ライダー、スーパー戦隊などのコンテンツが揃っているので占領されそうでちょっと怖いよ。 

ゲームで遊ぶこともできる

全てのAndroidゲームを楽しむことはできませんが、Android TVに対応したゲームアプリをインストールして楽しむことができます。

Android TV ゲームアプリ

EAのリアルレーシングとか普通に起動して動きました。

Android TV ゲームアプリ リアルレーシング

操作はリモコンの十字キーで遊ぶことができました。まあ、リモコンで操作はさすがに操作性が悪いのでBluetoothのコントローラーを接続して遊んだ方がいいと思います。設定は「ホーム」の「Bluetooth設定」かプレイステーション4のコントローラーを持っているなら「DUALSHOCK4」から簡単に設定することができます。

Android TV Bluetoothアクセサリの登録

ニンテンドースイッチのコントローラーは「Bluetooth設定」から登録することができました。

ニンテンドースイッチのプロコンをAndroid TVに接続

ファイナルファンタジーもAndroid TVのアプリに中に入っていました。FF9が遊べるって懐かしい。2500円はちょっと高いけど。でもテレビだけで普通のゲームを遊ぶことができるには凄いですわ。

20170327165050j:plain

音楽ストリーミングサービスSpotifyを利用できる

Android TVなので当然ながらGoogleの音楽ストリーミングサービスGoogle Playミュージックを聴くことができるのは当然ですが、世界最大手の音楽ストリーミングサービスSpotifyのアプリもインストールすることができます。

Android TVのSpotify

Spotifyは無料(広告付き)で音楽配信サービスを受けることができる世界最大手の音楽ストリーミングサービスです。広告音声はたまにしか流れないのでほとんど気にならないですし、かなり便利なサービスです。

アカウントを持っていなくても、Android TVからサインアップすることができます。

20170327165747j:plain

画面を「消音」にしてSpotifyをテレビで鳴らすという使い方もできますね。

20170327165519j:plain

ちなみに、日本のサイバーエージェントとエイベックス・デジタルが共同設立した「AWA」もAndroid TVのアプリがあります。こちらも無料(月20時間)で音楽を楽しむことができます。

Android TVのAWA

他にもクックパッドアプリなどもインストールすることができるので、Android TV一台あればリビング生活は特に困ることはなさそうな感じです。ブラウザはOperaがインストールされていました。

Android TVのOperaブラウザ

なぜ最初からGoogleのChromeがインストールされていないのか謎ですが、Google ChromeをGoogle Payからインストールすることも可能です。まあ、リモコンでの使い勝手はあまり良くはありませんけどね。

なお、BRAVIA X8300Dのストレージ容量は8GBなので、そんな多くのアプリをインストールしておくことはできません。

SONY X8300Dのストレージ容量

しかし、動画配信サービスのアプリやちょろっとゲームアプリを入れて置くくらいなら十分に運用していくことは可能だと思います。アプリは「ホーム」→「設定」の「アプリ」から簡単にそれぞれにアプリを「アンインストール」することができます。

スマホ版YouTubeをGoogle Castでテレビに配信

iPhoneやAndroidで見ているYouTube動画をGoogle Cast機能を使ってワンタッチでAndroid TV側で再生させることができます。

すでに連携しているAndroid TVが近くにある状態でスマホ版のYouTubeを見ると、再生中のメニュー画面にGoogle Castのロゴマークが表示されます。

YouTubeのGoogle Cast

こいつをタップすると一瞬でiPhoneで再生していた動画がAndroid TV側に出力されます。

YouTubeのGoogle CastでAndroid TVに出力

iPhoneのYouTubeから再生していることになります。これはこれで便利そう。子供がiPadで動画を見ていたら不思議なアイコンがあることに気付いて押したことでこの機能があることが判明しました(笑)子供ってちょっとしたアップデートで変化したこととか分かるからすごい。(Google Castでテレビに配信する機能は他メーカーのテレビでも可能です。)

Video & TV SideViewでiPhone/Androidでリモコン操作

ソニーのBRAVIAは「Video & TV SideView」というアプリをiOSのiPhone/iPadかAndroid端末にインストールすることで、スマートフォンからリモコンと同じような操作をすることができます。

BRAVIAの近くで「Video & TV SideView」を起動することで自動的に認識してくれて設定することができます。

20170327172755j:plain

こいつが非常に便利。

20170327172846j:plain

番組表や細かい番組チェックを見ることもできますし、外部HDDを接続して録画機能が使える状態にしておけば外からでも録画の予約ができる優れものです。

また、リモコンで出来る操作がほぼできるので近くにない時に「チャンネル取ってもらっていい?」と家族に言わなくても良くなります(笑)iPhoneなら肌身離さず持っていることが多いですからね。

 

まとめ

ということで、長々とAndroid TVの初期設定の方法とAndroid TVで出来ることを紹介してきました。今のところ、国内のテレビメーカーでAndroid TVを採用しているのはSONYのBRAVIAだけで先駆者となっています。これが吉と出るか凶と出るか...。

いずれにしてもAndroid TVもバージョンアップを重ね動作的にはかなり安定してきているので、不具合で悩まされることは少ないのではないかと思います。

またSONYのBRAVIAならiPhoneからも使うことができるアプリが用意されているので、Androidのスマートフォンを持っていなくても便利に使うことができるでしょう。(他社メーカーのテレビもリモコンアプリはあるのでAndroid TVだからってのは関係ないです。)