読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

MacBook Pro 13インチ(2016)外観レビュー!サイズ感や第2世代バタフライキーボードが使いやすい!

首を長くして待っていた13インチMacBook Proが届きました!タッチバー無しのファンクションキー付きの一番安いモデルですけどね...。

なんでタッチバー付きモデルを購入しなかったのかというと、モバイル用途で使っている12インチMacBookの代わりになればいいと思いブログの更新とHTMLの更新ができる最低限の機能が使えればよかったのでファンクションキー付きモデルを購入しました。

 

13インチMacBook Pro(2016)の実機レビュー

今回購入したのはタッチバーが搭載されていない2.0GHz Core i5・256GBストレージ・8GB RAMを搭載した一番安い価格で購入することができるモデルでスペースグレイを選択しました。RAMの容量を16GBの増設するかどうか迷ったんですけど、サブ機使用なので8GBで十分という判断です。

箱と付属品

ということで、13インチMacBook Pro(2016)を開封していきます!

MacBook Pro 13 箱

パッケージには横から見た13インチのMacBook Proの画像が印刷されています。本体が薄くなったことやUSB-Cポートを搭載していることをアピールしてますね。

MacBook Pro 13 開封フタを開くと本体が出てきます!

MacBook Pro 13 本体

本体に付いているフィルムを持ち上げると下に付属品や説明書が入ってます。

MacBook Pro 13 付属品

電源コードはMagsafeコネクタが廃止されUSB-Cに対応。電源アダプタも新しいものになっています。

MacBook Pro 13  電源アダプタ

ちなみに容量は61WとなっておりMacBookの29Wよりも倍以上のものになっています。

電源アダプタはウィング廃止

Magsafeコネクタが廃止されたのは仕方ないとしても、電源アダプタの引っ掛けフック(ウィング)も廃止されているとは...。これ、便利だったのに。まあ、そのまま電源アダプタに巻きつければいいのかもしれないけど、せめてケーブルを引っ掛ける小さいヤツは付けて欲しかったな。

(左:13インチMacBook Proの電源アダプタ、右:ウィング付きの電源アダプタ)

電源アダプタ MacBook 比較

持ち運ぶとき乱雑になっちゃいますね。Magsafeとかどうして便利なものまで排除してしまうのか、少し理解に苦しみます。

USB-Cポートが搭載されています。

USB-C 電源アダプタ

電源差し込み部は今までどおり取り外しが可能で延長ケーブルを差すことで利用範囲を広げることができます。ただし、延長ケーブルは別売りになってしまったようです。

電源アダプタ 延長 MacBook Pro

USB-Cケーブルを挿すとこんな感じになります。

MacBook Pro 13 電源アダプタ

本体外観

13インチMacBook Proの外観を見ていきましょう!スペースグレイなのでシックな色合いでいい感じです。基本的なデザインは前モデルと変わっていませんが、本体の薄さは1.8mmから1.49mmと3.1mmほど薄くなっており、重量も1.58kgから1.37kgと軽くなっており手に持った印象もかなり違います。

MacBook Pro 13 外観

ディスプレイを開いていくと巨大なトラックパッドが...でかいなー。いいね、操作しやすそうだ。

MacBook Pro 13 を開く

ディスプレイを開くといきなり起動してしまいました。

MacBook Pro 13 自動電源起動

2016年モデルのMacBook Proからディスプレイを開くだけで電源がONになる仕様になり電源ボタンを押す機会がグッと減ることになるのですが、まだ布がある状態で起動してしまうとは(笑)

なので、撮影をする前に初期設定を済ませてしまいました。 

初期設定

でも、これは便利な機能かもしれませんね。起動音がなくなったのは少し寂しいですが。

 

MacBook Proのロゴが復活

MacBook Proのロゴが書体を変更してディスプレイ側に印字されています。

MacBook Pro のロゴ

元々はここにロゴが印字されていましたが、2012年に登場したモデルから下面に移動していたんですよね。やっぱり、ブランディングは大事だと思ったのでしょうかね、2015年に登場した12インチMacBookよりロゴを再び配置するようになっています。

第2世代のバタフライキーボード

MacBook Pro(Late 2016)のキーボードは第2世代のバタフライ構造キーボードを搭載しています。第1世代は12インチMacBookに採用されています。

第1世代、第2世代 バタフライ構造キーボード

見た目の違いはありませんが、文字を入力した時の反応は全く違います。12インチMacBookのキーボードも良くできていたと思っていましたが、第2世代の打ち心地は本当に凄いかも。こんなに薄いキーでここまで反応を得ることができるとは。

前モデルのキーボードは分厚いと思っていたので第2世代のバタフライ構造キーボードは素晴らしい出来です!

キーボード下のトラックパッドも巨大で操作しやすいです。

MacBook Pro 13 トラックパッド

Macはタッチパネルを搭載しない方向なのでトラックパッドの操作性の向上は絶対視されるところで今後の進化にも目が離せないですね。

本体の右側に3.5mmヘッドフォンジャックが搭載されています。タッチバー付きモデルならここにUSB-Cポートが2つ搭載されています。

MacBook Pro 13 ヘッドフォンジャック

左側にUSB-Cポートが二つ搭載されています。

MacBook Pro 13 USB-Cポート

以上が外部ポート全てとなっています。超シンプルですね。まあ、僕はこれで十分かなと思っています。

USB-Cを接続するとこうなります。

20161104134224j:plain

やっぱり、Magsafeみたいに抜き差ししたいなー...。ちゃんと見てないと傷だらけになりそうだから狙いを定めて差し込むのが面倒だ。

12インチMacBookと比較してみた

12インチMacBookと並べてみました。

MacBook 12 vs MacBook Pro 13

やっぱ、12インチMacBookは小さいですわ、軽いですわ。これはこれで素晴らしいデバイス。

MacBook 12 vs MacBook Pro 13画面の大きさも小さいので作業しにくいのが辛いんですよね。12インチMacBookは持ち運びには非常に優れていますが、作業するには画面が小さすぎるんですよね。

電車移動しているのなら別だけど、地方で生活をしていると基本的に車社会なのでここまで小さくなくてもいいのかなと。しかも、今使っているカバンにもギリギリ入るサイズでした。

これが旧型の13インチMacBook Proだと入らなかったと思うのですが、新型ならいつもと変わらない感じで持ち運びができることも分かりました。12インチMacBookは売却して13インチMacBook Proを外で使うデバイスにしてしまおうかなと考えています。

▶︎新型MacBook Pro をAppleでチェック!