読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

MacBook ProがUSB-Cポートしかないから使えない?だったらワイヤレス環境を整えよう!

Mac Apple

早くMacBook Proが届かないかなーと首を長く待っています。

新しくなったMacBook Pro(Late 2016)は大胆にも今までのレガシーポート(というには、まだ早い。)を撤廃して「USB-C」と「3.5mmヘッドフォンジャック」のみの外部ポート仕様になりましたが、これに戸惑う人も多いかもしれませんね。

 

タッチバー無しの13インチMacBook Proは左側にUSB-Cポートが2つ搭載されています。

13インチ MacBook Pro 2016 左側

右側に3.5mmヘッドフォンジャックが搭載されています。タッチバー付きの13インチ/15インチMacBook Proはさらに2つのUSB-Cポートが搭載されています。

13インチ MacBook Pro 2016 右側

「Pro」の名称が与えられた製品でここまで潔い仕様にしてしまうのはAppleにしかできないんじゃないかなと思うくらいです。

この対応に批判する人も多いと思いますが、個人的には大歓迎です。じゃんじゃんと削除してしまえばいいんです。Appleが先陣を切ることで競合他社も追従するでしょうし、そうなれば一気にUSB-Cコネクタが普及すると思うんですよね。

まあ、だからと言ってSDカードスロットまで廃止する必要はなかったのではないかと思いますが(笑)

ワイヤレス環境を整えよう

これを機会にワイヤレス環境を整えてしまうのもいいと思ってます。

僕の環境は比較的、ワイヤレス環境が整っている方で外部ストレージ(HDD)への接続、プリンタ印刷、SDカードからのデータ転送などはUSBケーブルを使わずにワイヤレスで実行できるようになっています。

外部ストレージをワイヤレスに

外部ストレージはWi-Fi回線を利用してデータ転送することができる、ネットワークサーバーを使いましょう。僕はAppleのTime Machine Capsuleを使っていますが、各メーカーからネットワークサーバーは発売されていると思います。

Time Machine Capsule

外部ストレージとして使うだけではなくTime Machineを使ってMacを丸ごとバックアップすることが可能です。

サードパティー製のネットワークサーバー(Buffaloのリンクステーションなど)との接続もできますが安定性を重視したいならTime Machine Capsuleをオススメします。

プリンターはワイヤレス対応に

プリンターもワイヤレスに対応したモデルに変えちゃいましょう。僕はCanonのA3ノビまで印刷ができるiP8730というモデルを使っています。

Canon iP8730

特に何の設定もせずに同じWi-Fi環境下にあればワイヤレスで印刷することができるので非常に優れものです。A3のプリンターなんていらないよって方はA4までのもっとWi-Fiに対応したモデルを選ぶのもいいと思いますし、他のメーカーでもWi-Fiに対応したモデルはたくさんあると思います。

Wi-Fi対応のSDカードを使う

僕はミラーレスのカメラで撮影をすることが多いのですが、SDカードもワイヤレス対応のものを使っており、SDカードをカメラに入れたままMacに自動的に転送してます。使っているSDカードはEye-Fi mobi-Proと呼ばれるものなんですが、このSDカードが本当に優秀です。

しかし、残念なことにEye-Fiを販売していたアイファイジャパン株式会社が8月いっぱいで解散してしまい、購入することができません。

Amazonで高額取引はされていますが、今後手に入れることはできないでしょう。

僕は色々とあって最後のEye-Fi mobi-Proカードを手に入れたので、これでしばらくは凌ぐことになりそうです。(娘にSDカードを食べられて壊れたと思って追加で購入。でも、数日後にSDカードが復活したのでめでたく2枚体制に。)

Eye-FiのSDカード

Wi-Fi対応のSDカードの有名どころとして東芝のFlashAirがあります。Eye-Fiを購入する前に使っていたのですが、正直なところ僕の環境では使い物になりませんでした。一応、Eye-Fi事業は東芝とRICOHが受け継ぐことになっているので、Eye-Fiの精神を継いだSDカードが登場してくれることに期待したいところ。

ということで、実際に写真をワイヤレスで飛ばそうと思ったらWi-Fiを内蔵したカメラを選ぶということが現実的かもしれませんね。最新型のカメラなら大体はWi-Fiに対応しているのではないでしょうか。

ワイヤレス化できないものはアダプタを使う

まあ、正直なところアダプタを使うって本末転倒なんですよね。でも、いずれは標準規格のUSB-Cポートに移行することになるのだから...と考えることで納得させるしかありません。

外部ディスプレイ

まず、Display Portで接続をするタイプの外部ディスプレイに接続するために「Thunderbolt 3(USB-C)- Thunderbolt 2アダプタ」が必要となります。

もう買いました。

20161101153939j:plain

先にアダプタだけが届きました。もうね、受け入れ態勢だけはできてるんですけど、肝心のMacBook Proはまだ届きません。

もし、HDMIケーブルを使って接続をする場合は「USB-C Digital AV Multiportアダプタ」が役に立ちそうです。今までのUSB-Aタイプのコネクタも使うことができ、USB-Cポートも一つ付いているので使い勝手は良さそうです。 

iPhoneとの接続もどうせならUSB-Cケーブルでダイレクトにできたらいいですよね。そんな時は「USB-C - Lightningケーブル」を使いましょう。

ところで、iPhoneってUSB-Cケーブルに統一されないのでしょうか。次期モデルのiPhone8でUSB-Cに変わったりするのかな?

個人的にはこれだけあればとりあえず大丈夫そうかなーと思っています。え、Appleの純正品は高いって?ですよね。社外品でもたくさんのハブが販売されているのでいくつかチョイスしてみました。

 

社外品のUSB-Cハブ

AnkerのUSB-CハブはUSB3.0ポートを2つ、HDMIポート、USB-Cポートの3つと接続することができます。

SDカードも使いたいという方はHooTooのハブがいいかもしれません。USB 3.0が3ポート、HDMIポート、SDカードスロットが搭載されています。

ハブって結構便利だったりするんですよね。

例えば、家に帰ってきてMacBookにUSBメモリ、プリンタ、モニターなどに接続するためにケーブルを一本一本差さないといけないところ、ハブを使えば一本のケーブルを差し込むだけで作業を完了することができます。

まとめ

MacBook ProがUSB-Cポートしか搭載しないデバイスになってしまいましたが、これを機会にワイヤレス化ができるところはしてしまうことで、煩わしいケーブルから解放されることができます。

結局、最後はアダプタを使おうみたいな感じになってしまいましたが...(笑)でも、最近はいろんなものがワイヤレス化してきたこともあり、MacBookを家のどこからでも作業をすることができる環境ができてるので、快適ですよ。