読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

新型MacBook Pro(2016)タッチバーとTouch IDを搭載!MacBook Airは後継機が出ず!

Apple Mac

新型MacBook Pro 2016の外観や新機能について

Appleが「MacBook Pro Late 2016」を正式に発表しましたね。ずっと待ってました。新しいMacBook Proを。今、メイン機で15インチの「MacBook Pro Late 2013」を使っており、性能的には特に不便を感じることはないのですがさすがにバッテリーの減りが速くなってきたので新しいモデルを購入したいと思っていたので待望の発表です。

 

そんな中でAppleは3つのMacBook Proを発表しました。

3つのMacBook Pro(2016)

大きく分類して13インチと15インチのディスプレイを搭載したモデルですが、13インチに関してはファンクションキーが付いたモデルとファンクションキーが無いタッチバー付きのモデルの2種類、15インチはファンクションキーが無いタッチバー付きのモデルの1種類となっています。

MacBook Pro 2016 ラインナップ

デザインが大幅に変わるのかなーって思っていたので、今までの路線のデザインは少し守りに入っているのかな...と感じてしまいましたが。MicrosoftのSurfaceはデスクトップ型で結構頑張ってるなーという印象を受けるので少し残念ですね。

MacBook Pro 2016 デザイン

まあ、MacBook Proらしいデザインでシンプルでカッコイイと思います。

ディスプレイサイズは今までと同じ13.3インチと15.4インチですが、ベゼル部分を少しだけ狭くして本体サイズを小型化し、本体の厚みも薄くなっています。

13インチモデルは18.0mmだったのが14.9mmに。

13インチ MacBook Pro 2016の本体の厚み

15インチモデルは18.0mmから15.5mmに。

15インチ MacBook Pro 2016の本体の厚み

数字だけじゃわかりにくいですが、MacBook Airの一番分厚い部分が17mmなのでこれはかなり薄くなったという印象を受けます。本体サイズも以下のように小型化しています。

  • 13インチ:1.8 × 31.4 × 21.9 cm/1.58kg → 1.49 × 30.41 × 21.24 cm / 1.37kg 1.58kg
  • 15インチ:1.8 × 35.89 × 24.71 cm/2.04kg → 1.55 × 34.93 × 24.07 cm / 1.83kg 1.58kg

タッチバーとTouch IDを搭載

新しいMacBook Proは「Touch Bar(タッチバー)」と指紋認証の「Touch ID」が大きな目玉となっています。

MacBook Pro 2016 タッチバー

使用しているアプリケーションによって機能を変えることができる機能となっており、今までメニューバーから操作していた作業をタッチバーから使うことができるようなイメージでしょうか。

個人的にはAdobeのクリエイティブツールがタッチバーに対応するようで、どんな使い勝手になるのか非常に気になっています。(完全なる新バージョンとなるPhotoshop CC 2017が2016年末までにリリースされる予定。Illustrator CC 2017にも期待。)

タッチバー Photoshop CC 2017

iPhoneで鳴ってる電話をMacBook Proのタッチバーから取ることもできるようです。

MacBook Pro 2016 電話

タッチバー、見た感じカッコよくないなーって思ってたんですけど、海外メディアのレビュー動画を見ると意外と使いやすいのかなとも思っています。

指紋認証のTouch IDがタッチバーの右側に搭載されているので、iPhoneやiPadと同じようにTouch IDを使ってApple Payでの支払いができるようになります。ちなみにiPhone6s/7と同じ第2世代の高速タイプのTouch IDらしいです。

MacBook Pro 2016 指紋認証 Touch ID

ロック解除もパスワードを入力しなくてもできるようになるでしょうかね。watchOS 3とmacOS SierraでApple Watchを装着していれば自動ロック解除できる機能が搭載されましたが、一瞬にして必要なくなってしまいましたね...。

指紋のデータは専用のApple T1チップに格納されます。iPhoneとiPadはAプロセッサのセキュアな領域に格納していますが、その一部をチップ化した感じでしょうか。

Apple T1チップ

キーボードは第2世代のバタフライ構造キーボードに

12インチMacBookに採用されていたバタフライ構造の超薄いキーボードがついにMacBook Proにも採用されることになります。

これは賛否ありそうですねー。僕はバタフライ構造のキーボードもストロークが浅いですが文字入力はしやすいと思っていますが、人によっては使いにくいと感じている方も多いですよね。

第2世代 バタフライ構造キーボード

第2世代になってさらに安定性が向上しているみたいですが、どれほど入力がしやすくなっているのか非常に気になるところ。見た感じ、少しだけストロークが厚くなっているような。

気のせいかな?

トラックパッドは超巨大に!

MacBook Proには感圧式トラックパッドが引き続き搭載されますが、その大きさに驚きます。めっちゃ大きいです。

感圧トラックパッド

従来の2倍の大きさということで12インチMacBookよりも大きいサイズになっています。誤動作が起きてしまうんじゃないかと思ってしまいますが、そのあたりはOSできちんと誤動作しないように制御されているらしいので大丈夫っぽいです。

 

外部ポートはUSB-Cとヘッドフォンジャックのみ

予想はしてましたが外部ポートはUSB-Cとヘッドフォンジャックのみになりました。USB-CはThunderbolt 3(40Gbps)やUSB3.1Gen2(10Gbps)、Displayport 1.2、HDMI、VGAの入出力が可能となっており、充電もここから行う形になっています。

MacBook Pro 2016 外部ポート

あー、Magsafeは残してほしかったなー。

こんなに素晴らしいコネクタはないのに。足で引っかかって落下する危険も防げたのにね。まあ、これでこそAppleらしいんですけど。あとはヘッドフォンジャックだけになっちゃいました。

本当に潔いというか...。なお、タッチバー付きモデルは4ポート、ファンクションキーモデルは2ポート、搭載されています。

スピーカーが強化!(タッチバー付きモデルのみ)

MacBook Proのタッチバー付きモデルのみ、スピーカーが新しい設計のものに刷新され、音が良くなったそうです。音量が58%大きくなり、低音も2.5倍大きく迫力のある音楽を楽しむことができるそうな。

MacBook Pro 2016のスピーカー

最近のApple製品は音質にこだわっていますね。

MacBook Airの新型モデルはなし

MacBook Airの新型モデルを待ち望んだ方も多かったと思いますが、新型モデルの登場はありませんでした。11インチモデルが廃止されるなどMacBook Airは廃盤になる運命になるようです。

その理由に13インチのMacBook Proが現行のMacBook Airよりも小さくなったことを理由に挙げていました。

MacBook Air

確かにこうやって並べらえると新型の13インチMacBook Proは小さいですね。これならMacBook Airを買う理由はないのかも。開発をする気がないだけなのかな。てっきりMacBookも13インチモデルが追加されるものだと思っていたんですけど、Appleとしてはこの4つがメインモデルとして売り出していくようです。

  • 12インチ MacBook
  • 13.3インチ MacBook Pro(ファンクションキーモデル)
  • 13.3インチ MacBook Pro(タッチバー&Touch ID付きモデル)
  • 15.4インチ MacBook Pro(タッチバー&Touch ID付きモデル)

分かりやすいラインナップです。

ただ、現状は旧型モデルの13インチMacBook Air、13インチ/15インチのMacBook Proを価格を下げて継続販売しているので、少々ラインナップが複雑になっています。

まとめ

やっと発表されたMacBook Proですが、少々物足りなさを感じてしまいました。事前リークのままだったというのもあるかもしれませんが、今までの正常進化といった感じでしょうか。もうちょっと、革新的な隠し玉があってほしかったなーと思いつつ、デザインがシンプルでカッコイイのでそれだけでいいのかなと思ったり。

まあ、あーだこーだ言っても買うのですけどね。

▶︎新型MacBook Pro をAppleでチェック!