読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

Apple Payにクレジットカードを登録しSuicaを新規発行してみた!VISAも登録できるカードがある?

Apple iPhone

Apple Payにクレジットカードを登録してみた

iOS10.1が正式にリリースされてiPhone7とiPhone7 PlusでApple Payが利用することができるようになりましたね。

f:id:kazu-log:20161025132540j:plain

Apple Payで決済できるサービスは、「Apple Pay/QUICPay/iD/Suica」の4つとなっており登録したクレジットカードやプリペイドカードはQUICPayまたはiDに自動的に割り振りされることになります。ということで、せっかくなのでApple Payにクレジットカードを登録してSuicaを新規発行してみました。

 

対応しているクレジット/プリペイドカード

発表時から対応カードがかなり変更されたようで、アメリカンエクスプレスやマスターカードが除外されました。その代わりに楽天カードが使えるようになっています。以下のカードをApple Payに登録することができます。(2016年10月25日現在)

Apple Payに対応しているカード一覧

iD イオンカード、dカード、ソフトバンクカード、三井住友カード
QUICPay au WALLETクレジットカード、オリコカード、セゾンカード、JCBカード、TS CUBIC CARD、ビューカード、楽天カード、MUFGカード(アメリカンエキスプレス、JCB、銀聯は除く)

アメリカンエクスプレスとマスターカードが使えなくなるとは...。VISAも使えないしJCB以外の国際ブランドはほぼ使うことができないということになるのでしょうか。

ただ、一つ勘違いしそうな部分として、上記カード会社が発行しているVISAカードであれば条件付き(App内での課金ができない。)で登録はできるので完全にVISAが使えないということではありません。

例えば、VISAブランドのセゾンカードはWalletに登録することができました。

ApplePay VISAカード

ただしApp内とWEBでの支払いで利用することができず店頭のレジでの決済で使用することができるようになります。App内というのは例えばSuicaの支払いに使用することができないので、ちょっと使い勝手が悪いかもしれませんね...。

Suicaを新規発行してみる

Suicaカードは基本的には都心でしか購入することができませんが、iPhoneに提供されている「Suica」アプリで新規でSuicaを発行することができます。地方ではあまり使うことがないSuicaですが、コンビニでの支払いで使用できますし、たまに東京に行ったりする時にSuicaで改札を通ることができるなどのメリットがありますよね。

SuicaアプリはApp Storeで公開されているのでダウンロードしてインストールをしましょう!

iOS版 uicaアプリ

アプリを起動して「Suica発行」を選択、もしSuicaカードをすでに持っている場合は「Suicaカードの取り込み」からWalletに取り込むことができます。僕はSuicaカードを持っていないので「Suica(無記名)」から新規Suicaを発行したいと思います。

Suicaを新規発行

ちなみに、Suicaの種類は以下の3つあります。

Suica(無記名) 誰でも乗車区間内で運賃を精算できる
Suica(記名式) 自分だけが乗車区間内で運賃を精算でき、紛失した場合に残高保証をしてくれる 
Suica定期券 定期券、定期券区間外で運賃を精算できる
 

記名式と定期券は個人情報を入れる必要がありますが、無記名はチャージをするだけでそのまま発行することができます。紛失するということはiPhoneを紛失するということですから、無記名でいいですよね。

登録する前にチャージをする必要がありチャージする金額を1,000円〜10,000円の間で選択します。

Suicaのチャージ

クレジットカード/プリペイドカードの登録

先に支払いに必要となるクレジットカード/プリペイドカードの登録をした場合はこの作業は必要ありません。

Apple Payに登録するクレジットカード/プリペイドカードを追加します。

Apple Pay クレジットカードの登録

もし、Suicaを所持している場合は「カードの種類」で「Suica」を選択することでWalletに取り入れることができます。(一度取り込むとカードに戻すことができないようです。)

今回は「クレジット/プリペイドカード」から登録をしていきます。

Apple Payにクレジットカードを登録1

カメラが起動しカード情報を自動的に読み込むことができます。すべての情報を自動で読み込むのは難しいですが手動でも入力することができます。

Apple Payにクレジットカードを登録2

利用条件に同意するとカードがWalletに追加され対応サービスのロゴが表示されます。

Apple Payにクレジットカードを登録3

カード認証が必要となるようで、SMSか電話で認証コードを取得して認証することになります。

Apple Payにクレジットカードを登録4

アクティベート完了です!

Apple Payにクレジットカードを登録5

これでApple Payを使うことができるようになりました!楽天カードはQUICPayに対応しているようなので、このマークがついたお店でiPhone7やApple Watch 2をかざしてマネーを決済できるようになるようです。速く使ってみたいけど電子マネーてあんまり馴染みないからドキドキしますね...!

ちなみにApple Watch 2がペアリングしている場合はどちらの端末に追加するかを選択できるようになっているようです。

Suicaのチャージに戻ります。

Suicaにチャージする

Suicaアプリに戻ってWalletに登録したクレジットカードからチャージをします。

Suica チャージ iPhone

「Pay」をタップすると決済画面に移行し、Touch IDを使って支払うことができます。

Touch IDで支払い

これでSuicaへのチャージが完了です!

Suica iPhone

憧れのSuica。ペンギンさんがこっち向いている。

まとめ

さー、使い勝手はどんなもんでしょうかね。東京に住んでいる方は既に改札で試したという方が多そうだけど、地方だとなかなか使う機会がないのが痛いところ。個人的には比較的使用頻度の高い楽天カードがApple Payに対応してくれたことでApple Payの利用頻度は増えるのかなーと思っています。

あと、うちの食卓はイオンで支えられているのでWAONが対応してくれたらかなり嬉しいかも。今後、対応するカードも増えていくでしょうし、一気に電子マネーでの決済の普及が進むことになるかもしれませんね。