読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

賃貸と持ち家はどちらがいいのか?賃貸派だったけど家を買った理由。

住宅

家買いました。人生最大の買い物です。もともと家は賃貸派だったのですが、近場で魅力的な建売住宅を見つけてしまったことや、ローンを組むこともメリットがあるなと感じて思い切って買ってみました。

 

家を「買ってみました」ってiPhoneを買うようなノリみたいですけど、実際に何千万円というお金を現ナマで見たわけではなく小切手で取引をするので実感はあんまりありません。

やっぱり、カバンの中に何千万って入れて「ドン!」ってのしたかった。

でも通帳に数千万円のお金の移動があったのが記帳された時は亀仙人のサングラスがつき破るくらい「スゲーーーー!!!!」って驚きました。

f:id:kazu-log:20161008095852j:plain

賃貸、持ち家、どちらがいいのか?

家は賃貸がいいのか、持ち家がいいのか、この論争ってよく出てくる話題だと思いますが、結局はその人の捉え方なのかなと感じます。この僕もアッサリと賃貸派から持ち家派に鞍替えしたわけですから。

僕が今まで賃貸でいいと思っていた理由はこんな感じ。

  • 気軽に住む場所を変えることができる
  • 災害があってアパートに何かあっても大家持ち
  • 設備が故障しっても大家持ち
  • 固定資産税などの諸費用が掛からない

そんなに家事情には詳しくないので何となくこう思っていただけです。

住む場所に縛られる

持ち家を持つということは少なくとも十数年はこの土地で住むというです。持ち家のデメリットとしてよく挙げられることですよね。

でもね、よく考えてみると子どもがいると住む場所をコロコロと変えるわけにもいかないんですよね。

転校がどうのこうのと言うよりも僕らの場合は子育ては親に頼っているところもあるので、アパートであろうと住む場所は縛られているのです。そう考えるとアパートにこだわる必要は全くありません。

災害や設備の故障など

地震などの災害で家が破壊してしまうリスクも考えないといけません。

しかし、この辺りは火災保険や地震保険である程度はカバーできます。もちろん、全てをカバーできるわけではありませんが、災害に恐れて家を買わないというのもどうかと思います。

少し前に風が強い日があり、コンクリート片が飛んできてガラス窓が割れ不動産屋に連絡しましたが無償で修理してくれました。やっぱりアパートは最強だなーって思ってましたが、そもそもこの場合は火災保険を使って修理することができるので、持ち家でも問題はないでしょう。

設備の故障も考えられますが、最近の設備は10年保証になっているものが多いです。また、アパートにずっと住み続けたとしても老朽化はします。場合によっては引っ越しをしないといけない状況になり、思わぬ引っ越し費用が掛かるかもしれません。

ローン控除を受けることができる

持ち家は固定資産税などの諸費用が掛かります。

しかし、ローンを組むこと10年の間だけですが借り入れ金の残高の1%の住宅ローン控除を受けることができます。例えば2500万円の借り入れが残っている場合は25万円を住民税や所得税から引かれることになります。

月換算すると約2万円。10年間の期間限定の控除となりますがこれって大きいですよね。なので頭金をできるだけ少なくして最大限のローンを組むことにしました。その結果、僕の場合はローンを組んで固定資産税やローン控除などを考慮すると現在支払っている家賃よりも安い金額になりました。

最終的に自分の持ち物になる

ローンを払い終わると完全に自分の持ち物になります。

賃貸だと一生にわたって家賃を払い続けないといけませんが、持ち家ならリタイアすることにはローンを支払い終わり支出が大きく減ることになります。(固定資産税は払わないといけませんが。)

何よりも老後になって家の心配をするのはちょっと嫌ですからね。実際、妻の親がそんな状況になっており今後ちょっと不安を感じているところ。

ただ、ローンを払い終わった頃には家もボロボロになってリフォームをしないといけなくなるでしょう。

でも、お金に余裕があるのならリフォームをすればいいし、リフォームできなかったとしても少なくとも家に住めなくなることはないと思うので安心感がありますし、子育てが終わって家が必要なくなったらサクッと売ってしまって、そのまま海外に行って優雅に暮らすのもいいかもしれません(←将来の夢w)

 

もし死んだらローンが免除される

住宅ローンを組むときは通常は団体信用生命保険の加入が必須となります。(フラット35は入らなくてもOK)略して団信ですが名義人が亡くなった時にローンが免除されるという素晴らしい保険です。

通常の銀行のローンなら団信の保険料が含まれていることが多いです。なので、もし何か不測の事態が起きてこの世を去ったとしても家だけは家族に残すことができます。これも家を買うことの大きなメリットと言えます。

しかし、よく考えると収入保障の保険に加入することで賃貸でもお金で家族を守ることができるので「持ち家だから」というメリットではないかもしれませんね。ただ、将来のインフレに備えるとなると収入保障の保険は万全ではないようにも感じます。

とりあえず、旦那が団信に入るだけではなく妻が亡くなった時のために別途収入保障の保険に加入することをお勧めします。

最新設備を使うことができる

10年経てばこれは最新設備ではなくなります。

でも、普通のアパートに住んでてもとエコキュートのオール電化、食洗機付きのキッチンを使うことはできないでしょうし、最新設備を使える環境を作ることはできないでしょう。

初めてオール電化の設備を使うことになるのですがこれは凄いですね。ガスでお湯を沸かすのではなくエコキュートで沸かすって本当に今まで違う感覚です。

お風呂も台所からボタン一つでお湯を沸かすことができるんですよ。スゴイでしょ。でも、お風呂の栓だけは今まで通りお風呂場に行って手動で締めないといけないという中途半端な仕様。どうせなら、台所からボタン一つでお風呂の栓もできたらよかったのに。

家族5人いるとアパートはきつい

最大の理由はこれかもしれません。

我が家は子どもが3人います。まだ幼稚園児ですが正直なところ今のアパートはかなり狭くなってきています。さらに大きくなったらもっと大きな部屋のあるアパートに引っ越しをしないといけないでしょう。

田舎の郊外のアパートって家族5人でゆったり住めるようなところって本当にないんです。中心部にいけば立派な広いマンションアパートがあるでしょうが、家賃はかなり高くなるでしょうし、親の助けを受けることも難しくなります。

そんな時に、いい場所に5LDKの家を見つけて3ヶ月くらいで購入に至ったのでした。引っ越しはまだしていないので、これから荷造りなどいろいろと忙しくなりそうだ...。