読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

iPhoneのシャッター音を無音化する方法はiOS10.1で使えなくなる

iPhone Apple

iPhone7とiPhone7 Plusはステレオスピーカー化したことでカメラのシャッター音やスクショ撮影時の音が「ガシャ!!」とめちゃくちゃウルサイですよね。そんな時にiOS10のバグを利用した裏技を使ってカメラのシャッター音とスクショ音を無音化することができるのが話題になり、この方法を使っているという人も多いのではないでしょうか。

しかーし!

次期アップデートであるiOS10.1にてこのシャッター無音化の裏技は使えなくなる見込みです。

 

シャッター無音化はiOS10.1で使用不可能に

iOS10.1はベータ版やパブリックベータ版の配布が開始されていますが、iOS10.1 beta1まで普通に使えていたシャッター無音化の方法がiOS10.1 beta2にて使えなくなっていたことを確認しました。

「AssistiveTouch」から「消音」するとiOS10.0.2では「消音」と表記されていたのが「サイレント」に変更されています。

シャッター無音化 iPhone

同じような意味のように感じますが、確かにサイレントモードの時ってカメラのシャッター音だけは鳴りますもんね。モード先が「消音」から「サイレント」に変わってしまったのでしょうかね。

正式版でどうなるかは分かりませんが、beta1で無音化できたのにbeta2で無音化をすることができないことを考えると、正式にこの裏技は使えなくなってしまうということなんでしょう。

アップデートすることでシャッター無音化することが出来なくなるから、アップデートをしないという人も出てきそうな予感ですね。でも、セキュリティ的にもアップデートしないの危ないので、iOS10.1がリリースされたらしっかりアップデートしましょうね。

iPhone7 Plusだとポートレートモードが解禁されるバージョンですからね。

iOS10.0.2でシャッターを無音化する方法

一応、iOS10.0.2で使用することができるシャッター無音化の方法を紹介しておきます。「設定」アプリから「アクセシビリティ」→「AssistiveTouch」を選択します。

AssistiveTouch

「AssistiveTouch」をオンにして「最上位メニューをカスタマイズ」を選択します。そして、「-」をタップしてアイコンを1個にします。

最上位メニューをカスタマイズ

1個になったアイコンをタップして「消音」を選択することで準備完了です。

最上位メニューをカスタマイズ 消音

あとは画面上に表示されている丸いアイコンを1回タップするだけで「消音」にすることができます。

シャッター無音化

以上がシャッター音を無音化する方法となります。それにしても、シャッター音をもう少し小さくしてほしいですよね。無音にしてくれとまでは言わないけど、いくらなんでもiPhone7のシャッター音は大きすぎると思う。

 

今後、シャッターを無音化するには

カメラはサードパーティ製のカメラアプリを使うことで無音シャッターにすることができます。LINE Camera、OneCam、StageCamHDなどが有名でしょうか。

しかし、問題はスクリーンショットの音ですよね。今までは本体下にあるスピーカーを抑えてシャッター音を小さくすることができたけど、iPhone7は受話スピーカーからも音が鳴るし、手がもう一本必要だわ。

いっそのこと防音テープでも貼っておくか?

と原始的なことを考えていたけど、「設定」→「アクセシビリティ」の項目の中に左右チャンネルのバランスを調整することができる項目があります。

f:id:kazu-log:20161007161505j:plain

これを「左」に合わせることで受話スピーカーからの音を抑えることができ、今まで通り下のスピーカーを手で押さえて少しだけスクショの音を低減させることができました。

....なんて原始的なやり方なんだろうか。スクショの音くらい消音できるようにしてくれ。

iOS10.2にてスクリーンショット音は消すことが可能に

追記:iOS10.2にてスクリーンショット音は音量ボタンと連動することになり、消音にすることでスクリーンショット音を消すことができるようになります。また、カメラのシャッター音も今までよりもかなり小さくなっているので、非常に使いやすくなっていますよ!