読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

DellのノートパソコンInspiron 15 5000(5559)レビュー!コストパフォーマンスは高い!

レビュー ガジェット DELL

お客さんから依頼を受けてWindows PCを購入しました。設定して引き渡すのですがせっかくなのでレビュー記事でも書いておこうかなと思います。

今回、購入したWindows PCはDELLの15インチノートブックの「Inspiron 15 5000シリーズ 5559」というモデル。先ほどDELLのページを見てみたら早くも廃盤になってしまいスペックが向上した新型モデルの発売が開始されていました。

完全に買うタイミングを間違えた感じですね。

 

Dell Inspiron 15 5559のスペック

エクセルやワードを使いたいということなのでOffice付きのモデルを購入しました。スペックは以下の通りで、これで約97,000円です。ストレージがHDDなのが気になるところですが、どうしても予算オーバーになってしまうのでSSDは諦めました。

  • Windows 10 64bit
  • CPU:第6世代インテルCore i5-6200U
  • GPU:インテルHDグラフィックス、AMD Radeon R5 M335 4GB DDR3
  • RAM:8GB
  • ディスプレイ:15.6インチ FHD (1920 x 1080)
  • DVDスーパーマルチ、HDMI 1.4a、USB 3.0 x 1、USB 2.0 x 2

外部GPUとしてAMD Radeon R5 M335 4GBが搭載されているのですが、Office付きのモデルで10万円を切る価格帯で外部GPUを使用することができるのはコスパは高いように感じます。まあ、画像系のアプリは使わないとは思いますが。

Officeは外箱に張り付いています。この中にシリアルナンバーが記載されているようです。

20160825150747j:plain

箱を開けると緩衝材がお目見えです。

20160825152049j:plain

緩衝材を外すと隙間が結構あることに気付きますがしっかりと固定さているので問題はないでしょう。

20160825152452j:plain

今回はシルバーを購入したのですが、デザインは非常にシンプルで価格の割にチープ感はありません。

20160825152607j:plain

裏面部分です。バッテリーは着脱可能となっており、さらにRAMやHDDにアクセスすることができるようになっています。なので後からHDDからSSDに換装したり、RAMの容量を8GBから16GBに増設するといったことも可能です。(RAMのスロットは二つ)

20160825152735j:plain

付属品はスタートガイドとACアダプタです。

20160825153002j:plain

ディスプレイとキーボード部分は黒がベースとなっており、キーボードはテンキーが搭載されているので売り上げの計算などをする時には活躍します。

20160825153501j:plain

個人的には文字を打つ部分とトラックパッドが左寄りになるのが許せないからあんまり好きではないのですが。キーボードのストローグの深さは標準的で使い易いと思います。

20160825153718j:plain

ポート類は左側に電源、イーサネット、HDMI、USB-A、SDカードスロットが設置されています。

20160825153740j:plain

そして、右側にはDVDスロット、USB-Aコネクタが設置されています。

20160825153944j:plain

性能・機能的にはかなりスタンダードなマシンですが、ストレージがSSDではなくHDDということもあり、起動が遅いです。今、購入するなら絶対にSSDモデルがいいと思ったのですが、お客さんの予算も限られていることから仕方なくHDDモデルを購入しました。GPUはCPU内蔵ではなく外付けGPU「AMD Radeon R5 M335 4GB DDR3」を搭載しているので、ゲームなどはそこそこ動くのかなと思います。

Windows機を単体で購入したのは久しぶりですが、Macに慣れすぎているせいか使い難いなー....。

個人的にはWindows 10になってからMacに搭載されていた機能(タスクビューとか)が使えるようになるなど少しは使いやすくなったかなとは思うんですけど、Windowsをずっと使っているユーザーにとってはMacは使い難いんでしょうね。

 

MacBook Proと比較してみた

「Inspiron 15 5000シリーズ」はDVD付きということで、2010年に発売された15インチの非RetinaディスプレイMacBook Proと本体のサイズ感などを比較してみました。

20160930095941j:plain

同じ15インチだけどテンキー付きキーボードということもあり、少しだけ大きいでしょうか。

20160930100020j:plain

もう少し薄かったらいいんですけどねー。ちょっと本体サイズが大きすぎるかなと...。

20160930100132j:plain

20160930100229j:plain

CPUの性能を比較。

20160930100300j:plain

というか6年前のMacBook ProのCPUと比較するのが間違っているんですけどね。また、「Inspiron 15  5559」はフルHD(1,920×1,080)のディスプレイを搭載しているので、作業エリアはDELLの方が広いです。

Office付きの外部GPU搭載モデルでで10万円を切る価格なのでコストパフォーマンスはかなり高いように感じますね。

最後に...

実は、この記事は1ヶ月前以上も前に書いたものだったのですが、忙しくて書いたのはいいけど公開するのを忘れていた記事です...(笑)「Inspiron 15 5000シリーズ 5559」はすでに廃盤になってしまい、現在は新しい「Inspiron 15 5000シリーズ」が発売されています。

外部GPUがAMD Radeon R5 M335 3GB DDR3」から「AMD Radeon R5 M445 4GB  GDDR5」に、RAMが「8GB DDR3」から「8GB DDR4」にスペックアップしているようですね。

完全に買うタイミングを誤った感じですね...。まあ、仕方がありません。