読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

iPhone7の開封レビュー!デザインがカッコよくなりセンサー式ホームボタンの押し心地も悪くない感じ!

iPhone Apple レビュー

総務省指定のiPhone7が手元に届きましたー!

って総務省指定ってなんなの一体...(笑)調べてみたらFeliCaを搭載している日本モデルだけが「総務省指定」という文字が背面部分に刻印されているんですね。

総務省指定 iPhone7

これ、英語の中に漢字あるとなんか中華っぽい雰囲気がして嫌なんだけど。あと、iPhoneの書体が昔のものに戻りましたね。iPhone6/6sのiPhoneの書体は細かったけどiPhone7の書体は太い。

どうしたんだろう。

ということで、この記事ではiPhone7のレビューを書いていきます。

 

iPhone7 シルバーのレビュー

今回、購入したのはiPhone7 シルバーの128GBモデルです。

iPhone7 輸送

パッケージのレビュー

パッケージにはiPhone7の背面部分が印刷されていますね。やはり、白色のアンテナラインを撤廃したことを強調したかったのでしょうか。

iPhone7の箱

一つ驚いたのが箱の構造がiPhoneで初めて変更された点でしょうか。蓋を開けるとiPhoneがすぐにお披露目するのが伝統だったのに、説明書やシールが入っている箱が一番上に入っています。

iPhone7 箱の構造

奥にあるのがiPhone6sですが、iPhoneといえばこんなパッケージでした。しかし、iPhone7は手前のように説明書がメインに。

20160916172713j:plain

説明書をどかすとiPhone7の本体が入っているという。

20160916172911j:plain

まあ、細かい変化なんですけど少し気になりました。どうしたんだろうって。さらに本体をどかすと電源アダプタとイヤホンが入っています。イヤホンのケースがプラスチックから紙製に変更されてコストダウンが気になりますね。

iPhone7の付属品

その理由はこれかもしれません。Lightningコネクタの変換アダプタです。

iPhone7のLightning変換アダプタ

3.5mmヘッドフォンジャックが廃止されたことで、ヘッドフォンもLightningコネクタのものに変更されましたが、今までのヘッドフォンを利用できるように変換アダプタも付属してます。このような理由からケースが簡略化された...のかもしれません。

本体デザインのレビュー

では、ここからiPhone7の本体デザインのレビューです!

見ての通りカメラ下に横たわっていた白色のアンテナラインは撤廃され上部と下部のみになり、非常にすっきりとしたデザインに変更されています。

20160916173339j:plain

その代わり、カメラレンズがさらに大きくなったような?

iPhone7 カメラ

実はLEDフラッシュも2種類から4種類に増えておりより光量が増えて遠くまで光をさすことができるようになっているようです。また、レンズもf2.2からf1.8へとさらに明るいものに変更され、光学式手ぶれ補正機能も搭載!

チーズ月見バーガーを撮り比べました。(左:iPhone6s、右iPhone7)

20160916174051j:plain

うーん。わからない。拡大してみます。(左:iPhone6s、右iPhone7)

20160916174135j:plain

まあほぼ同じでしょうか(笑)

ただ、暗いところで撮影をしてみるとiPhone7の方がブレにくくノイズも入りにくいように感じます。

iPhone6sとiPhone7の比較1

やっぱ、アンテナラインがないのはすっきりしていて気持ちいいですね。あとは隅にあるやつだけ。

iPhone6sとiPhone7の比較2

タッチ式ホームボタンはどう?

ホームボタンに関しては物理ボタンではなくセンサー式ボタンに変更されました。さらに感圧式になり指で押すとブルッとフィードバックしクリックしたような感覚を得ることができます。

20160916174721j:plain

これに関しては賛否ありそうですね。僕はもう慣れました。ちゃんと反応してくれますし、使い勝手は悪くないと思います。ただ、今までのようなクリック感は少ないので、これに納得行くかどうかですね。

ボタン類

20160916175018j:plain

電源ボタンや音量ボタンなどはiPhone6sと同じ場所に搭載されています。というか、電源ボタンを横じゃなくて昔みたいに上にしてほしい。この位置に電源ボタンがあるとiPhoneを横にして写真をカメラスタイルで撮影するときに間違えて電源ボタンを親指で押してしまうんですよね。設計的不具合だと思うのですが、なぜ改善されないのか。

SIMカードスロットに防水パッキンが設置されています。これは防水に対応するためのものなんでしょうね。

20160916175400j:plain

音声はステレオ再生に

iPhone7はステレオ再生に対応しました。3.5mmのヘッドフォンジャック部分にスピーカーが搭載されたわけではなく、受話スピーカーから音を再生して、通常のスピーカーーと組み合わせてステレオ再生に対応しているという驚きの方法。

20160916175527j:plain

確かにステレオ再生されてる(笑)でも音圧レベルが異なるのか受話スピーカーから鳴っている音が少しだけ小さいような感じがします。

CPUの性能

iPhone7はクアッドコアのA10 Fusionプロセッサを搭載しておりiPhone6(A8チップ)と比較して2倍の性能向上になっています。ということでGeekbench 4を使ってCPU性能を計測してみました。

iPhone7 CPUの性能

確かにiPhone6から2倍以上の性能を発揮していることは間違いないようですね。さらにA9Xチップを搭載しているiPad Proよりも高い性能になっていることに驚きデス。ただ、体感速度としてiPhone6sから大きく向上したようには感じませんね。

速度的にはiPhone6sで完成していたということなのかもしれません。

まとめ

iPhone7は様々な機能が追加されましたが、乗り換える大きなメリットは防水機能やFeliCa機能が使用することができることだと思います。これらの機能に興味がない場合はiPhone6sから乗り換えるメリットを感じることあまりないかもしれませんね。

▶︎ iPhone 7 と iPhone 7 Plus をAppleオンラインストアでチェック!

iPhone6以前の機種をお持ちのかたはiPhone7に乗り換えるメリットは大いにあるとは思いますが、ヘッドフォンジャックが利用することができないこと、ホームボタンが物理ボタンではなくなったことを考慮しないといけないかもしれません。

iPhone7 Plus ジェットブラックのレビュー記事もどうぞ!