読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

ロコモコバーガーを食べた感想!名前に似合わず食べ応えがあり美味しい!

マクドナルド グルメ

5月20日から販売が開始されているマクドナルドの期間限定のハンバーガー「ロコモコバーガー」を食べてきました。この「ロコモコバーガー」は2015年3月に期間限定で発売されたものでこの時もなかなか評価が高かったようで、今回は2回目の登場ということになります。

記憶から完全に抹消されていたのですが1年前の3月の記事を漁ってみるとレビュー記事を書いていたようです(笑)全然、覚えてないんですけど...。ちょっと記憶がヤバイのかもしれませんね。

ということで2016年版の「ロコモコバーガー」をせっかくなので感想を交えて紹介したいと思います。

「ロコモコバーガー」を食べた感想

「ロコモコバーガー」は前回同様にハワイ州観光局認定の商品となっており、単品で400円(税別)、ポテトMセットで690円となっており、前回のクラブハウスバーガーに比べると価格が安くてお手ごろ感の春ハンバーガーとなっています。なお、2015年版のロコモコバーガーは390円だったので10円だけ、値上げしたことになります。

f:id:kazu-log:20160523161116j:plain

ハンバーガーの中身は2015年版と違いはないみたいで、ビーフパティ2枚、たまご、レタス、粉チーズがトッピングされたバンズにグレービーソースが掛ったハンバーガーとなっており、単純に10円だけ値上げされたようです。

包装紙が2015年版は写真付きのリッチな感じだったのに、2016年版は単色でシンプルな包装。コストダウン...でしょうかね。なのに10円値上げ。(←しつこい)

f:id:kazu-log:20160523161523j:plain

中身を開けます!じゃん! 

f:id:kazu-log:20160523161834j:plain

お、結構分厚いですね。薄っぺらい感じではなくしっかりと中身が妻ている感じがします。2015年版よりもしっかりしているように見えるのは気のせいでしょうか。最近のマクドナルドは色々とありましたから、復活に向けて歩みだしたのかもしれませんね。

バンズには粉チーズがトッピングされています。正直なところ、あんまり味がしないのでなくてもいいのではないかと思ってしまうのですが。 

f:id:kazu-log:20160523161820j:plain

下から、レタス、ビーフパティ、チーズ、ビーフパティ、たまご、グレービーソースの順に積み重ねられています。

f:id:kazu-log:20160523162244j:plain

グレービーソースとは何なのか。

2015年版のロコモコバーガーをレビューした時も調べてしっかりと書いていたようです。本当に何も記憶がないのは何故なのだろうか。まあ、普段目にすることがない珍しいソースだから仕方がないのかもしれません。

ま、そういう事にしておいて、グレービーソースは調理された肉汁を元に作られたソースで小麦粉や片栗粉に牛乳、生クリーム、野菜などが組み合わされたものとなっています。

名前に似合わずボリューミーな「ロコモコバーガー」

食べてみました。

結構、美味しいです。ダブルチーズバーガーにテリタマ用のたまごが乗った感じのハンバーガーなんですけど、ソースがグレービーソースを使っているので一味違います。「何味なんだ?」と聞かれると困ってしまうのですが、ソースは意外とスパイシーな味がしますね。

そして、ビーフパティが2枚入っているので意外と食べ応えがあるように感じます。ただ、ビーフパティがいつもの肉厚のないパティなのが残念。だから2枚入っているのかもしれませんが、どうせならクラブハウスバーガーで使用された立派なビーフパティを1枚乗せた方が美味しかったのではないかとも思います。

まあ、この価格を考えると妥協点だったのかもしれませんが。まあ、名前に似合わず「ロコモコバーガー」は食べ応えのあるハンバーガーのように感じました!美味しかったです!