読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

カメラのファームウェア・アップデートを定期的に確認して最新機能を手に入れよう!

カメラ

カメラのファームウェア・アップデートで機能アップ

一眼レフデジタルカメラや高級コンデジなどは本体価格が高いので、普通のコンデジと比べると製品寿命は長いかと思います。メーカー側もそれに対応してファームウェア・アップデートで新しい機能を追加したり不具合を修正したり、新しいレンズに対応したり様々な追加機能を提供しています。

つまり、カメラは買ったらおしまいではなくモデルによっては購入した後も進化を続けていることが多いのです。

ただ、スマートフォンみたいに自動的にアップデートされるわけではないので、定期的にメーカーのサイトにアクセスして新しいファームウェアがリリースされていないかどうかを確認する必要があるんですよね。

そこで、僕が所持してる「FUJIFILM X-T10」、「SIGMA dp1 Quattro」、「RICOH GR」で確認をしてみたところ、ファームウェア・アップデートが公開されていました。一度もアップデートをしてなかったので、バージョンが結構飛んでいますね。

  • FUJIFILM X-T10:v1.0 → v1.2
  • SIGMA dp1 Quattro:v1.00 → v1.04
  • RICOH GR:v4.00 → v5.00

ちゃんと確認をしないといけませんね。

特にSIGMA dp1 Quattroに関しては不満だったAFの速度や精度の向上や色合いの改善など、かなり大幅に機能が改善されているようで、最近のカメラはスマートフォンと同じように買った後も進化していくのです。

というかWi-Fi機能が付いているカメラなら自動的に通知してくれる機能を搭載してもいいんじゃないかとも思うのですが、OSの問題もあるから難しいのかな。

ファームウェアのアップデートをする方法

3つのカメラでファームウェア・アップデートを実施したのでやり方を紹介します。いずれも同じ方法でアップデートすることができます。

  • 1.SDカードをカメラで初期化
  • 2.PCでファームウェア・アップデータをダウンロードしてSDカードに格納
  • 3.SDカードをカメラに入れて設定からアップデート

f:id:kazu-log:20160517113311j:plain

FUJIFILM X-T10の場合

ファームウェア・アップデータを初期化したSDカードに格納し、X-10本体にSDカメラを入れます。カメラ本体の「DISP BACK」ボタンを押しながら電源をオンにすると現在のバージョンを確認できるので「OK」を実行します。

f:id:kazu-log:20160517113754j:plain

「ボディ」か「レンズ」かを選択します。今回は本体のアップデートなので「ボディ」を選択。

f:id:kazu-log:20160517113824j:plain

「更新しますか?」と聞かれるので「実行」を選択します。

f:id:kazu-log:20160517113922j:plain

バージョンアップの最後の確認です。バッテリーがフル充電になっていないとここで「充電してください」と表示されることもあります。

f:id:kazu-log:20160517113951j:plain

アップデート中...

f:id:kazu-log:20160517114032j:plain

アップデート完了です。

f:id:kazu-log:20160517114057j:plain

v1.00からv1.20にアップデートで特定のレンズのAF速度が向上したり、JPEG画像とRAW画像の画角差を改善されたり、Windows 10に対応するなどしているようです。僕が使っている環境ではさほど変化がなかったのでちょっと残念。

RICOH GRの場合

ファームウェア・アップデータを初期化したSDカードに格納し、GR本体にSDカメラを入れます。「MENU」の「セットアップ」→「ファームウェアバージョン確認」を選択するとアップデートが可能となります。

f:id:kazu-log:20160517114551j:plain

アップデート完了です。

f:id:kazu-log:20160517114609j:plain

v4.00からv5.00にバージョンアップしたことでコンバーションレンズに関する機能が拡張されます。GR2が登場したから小変更といったところでしょうか。なお、最新機種のGR2に関しても4月にv2.01がリリースされ動作の安定性などが実施されているようです。

SIGMA dp1 Quattroの場合

ファームウェア・アップデータを初期化したSDカードに格納し、dp1本体にSDカメラを入れます。「MENU」からセットアップ項目に移動して「ファームウェアの更新」を選択しファームウェアのアップデートを開始します。

f:id:kazu-log:20160517115049j:plain

電源が自動的に切れたらアップデート完了です。

f:id:kazu-log:20160517115123j:plain

SIGMA dp1 Quattroがv1.00からv1.04になったことで超進化しました。

低輝度下でのAFの合焦速度と合焦精度を向上、画像アスペクト比「7:6」追加、JPEG撮影の記録画素数の設定に「S-LO」追加、Eye-Fi連動機能に対応、ホワイトバランスの精度や色調の改善、色再現性の向上...などなど。

アップデートしてから使ってみるとAFの速度が確かに高速化されており、かなり使いやすくなったように感じます。

Eye-Fi連動機能に対応したというのがちょっと気になりますね。 

まとめ

カメラのファームウェア・アップデートはスマートフォンのように自動的に通知してくれるものではないので、デジタルカメラを持っている方は定期的にメーカーのサイトを確認することをお勧めします。