読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

MacBookとカメラを収納可能な「Bianchi(ビアンキ)」のショルダーバックを購入!

Mac カメラ

外で作業をするときはMacBookをカバンに入れて持ち歩いていたのですが、6年間使ってきたビジネスバックがヘタってきたので新しいカバンを調達しました。

4年前までは普通に働いてスーツを着てカバンを持って出勤をしていたので、パソコンを入れることができる、いかにもビジネスで使いそうな黒色の手提げカバンを利用していたのですが、今はフリーになってスーツを着ることもほとんどないので(固めのお客様と打ち合わせの時はスーツを着ることもありますが)カジュアルな普段から使うことができるカバンを探すことに。

MacBookとカメラが入るカバンを購入

今回、購入したカバンの条件としてはこの3つ。

  • 肩掛けで両手を自由に使うことができる
  • 12インチMacBookを入れることができる
  • ミラーレス一眼レフカメラを入れることができる

MacBookとミラーレス一眼レフカメラを同時に入れることは考えておらず、普段はMacBookを入れて、写真を撮影したい時はカメラを入れることができる、用途に合わせた使い方を目指しました。

そこで、色々と検討した結果「Bianchi(ビアンキ)」ショルダーバック「TBPI03」を購入しました。

Bianchi(ビアンキ)ショルダーバック

Bianchi(ビアンキ)はイタリアの名門自転車メーカーで知られており、カバンなどもカバンなども扱っているのです。実はこのメーカーは昔から結構好きで財布を入れるためのショルダーバックも所持しています。

メーカーにこだわらずネットでも色々と探していたのですが、心揺さぶるカバンが見つからず、普段からよく行っているショップで実際に手に持って担いでみたのがBianchi(ビアンキ)のショルダーバックでした。

ということで、Bianchi(ビアンキ)のショルダーバックを紹介します。

Bianchiのショルダーバック「TBPI03」レビュー

このショルダーバックは上部部分を折り曲げる構造となっております。

"Bianchi(ショルダーバック)の構造

折り曲がった部分を伸ばして...

Bianchi(ショルダーバック)の構造"

ファスナーを開けて物を出し入れする構造となっています。

Bianchi 取り出し口

後ろ側にもファスナーが付いているので、素早く取り出したい時に便利です。

f:id:kazu-log:20160505104630j:plain

ショルダーベルトを使わない時は手で持つクラッチスタイルで使用することができますが、ショルダーベルトを付けることでショルダーバックとして使用することが可能です。

f:id:kazu-log:20160505105645j:plain

今まで手提げカバンを使っていたので両手が自由になる素晴らしさを切に感じることができます。

f:id:kazu-log:20160505105655j:plain

中はこんな感じになっており、メインのところ意外にも小さい収納スペースがいくつかあります。ペンを入れたり、スマートフォン、ルーター、iPad miniなどの小型タブレットを入れることもできると思います。

f:id:kazu-log:20160505105857j:plain

MacBookとiPadを入れてみる

さて、肝心の12インチのMacBookを入れることができるかどうかですが、大きさを合わせてみるとサイズ的には大丈夫です。

f:id:kazu-log:20160505110142j:plain

MacBookを入れてみたところ余裕で入れることができました。そして、9.7インチのiPad Proとスマートカバーの組み合わせでも入れることが可能。

f:id:kazu-log:20160505110320j:plain

MacBookやiPad Pro 9.7を入れたバックの外観はこんな感じ。

f:id:kazu-log:20160505113207j:plain

12.9インチのiPad Proもギリギリですが入りました。折り曲げる部分も問題なく曲がるので大丈夫です。

f:id:kazu-log:20160505110338j:plain

さすがに12.9インチのiPad ProとMacBookを同時に入れることはできませんが、9.7インチのiPad Pro(iPad Air 2)との併用なら全く問題はなさそうですね。

ただ、中にあるファスナーが本体を傷付けてしまう可能性がありそうです。

f:id:kazu-log:20160505110632j:plain

iPadは使用しているスマートカバーなどをファスナー側にして入れれば問題はないと思うのですが、MacBookを入れる時はソフトケースを併用して利用することお勧めします。この辺りも実際に購入したので別記事で紹介します。

カメラを入れてみる

FUJIFILMのミラーレス一眼レフカメラ「X-T10」と、Sigmaの「dp1 Quattro」を2台入れることもできます。

f:id:kazu-log:20160505111546j:plain

僕は「X-T10」はショルダーベルトを付けて肩から下げているのですが、「dp1 Quattro」はあくまでサブ機として手で持っています。でも、使わない時はカバンに入れて持ち歩きたいのですが、本体デザインが特徴的でレンズも意外と大きいので嵩張るんですよね。

f:id:kazu-log:20160505111555j:plain

2台カメラを入れるとこんな感じになります。

f:id:kazu-log:20160505113419j:plain

少しだけモッコリした感じになりますが、そんなに違和感はないように感じます。

まとめ

いつもカバンを持つことで片手が塞がっていたので、ショルダーバックに変えたことでかなり動きやすくなりました。これは、なかなかいい買い物をしました。基本的にはMacBookとカメラを一緒に入れることはしませんが、dp1とMacBookの組み合わせなら無理矢理入れることもできそうです。

また、今回は12インチのMacBookを入れましたが、サイズ的には13.3インチのMacBook Proを入れることも可能だと思います。

  • MacBook Pro 13-inchの幅:314mm
  • カバンの中の幅:約330mm

かなりギリギリだと思いますけど。MacBoon Air 13インチモデルは横幅が325mmなどでちょっと厳しいかな?

 

ちなみに、ホワイトは楽天やAmazonなどでは販売されておらず、こちらのショップから購入することができます。