読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

クラブハウスバーガー ビーフとチキンを食べた感想!マクドナルドにはこの路線を追求してほしい!

マクドナルドが4月後半から発売を開始した「クラブハウスバーガー ビーフ」と「クラブハウスバーガー チキン」。なかなか美味しいという噂を聞いてちょっと気になってしまったので食べてみました。単品で490円、Mセットで790円というマクドナルドにしては高め設定のプレミアムハンバーガーといったところでしょうか。

クラブハウスバーガーを食べた感想

f:id:kazu-log:20160503113417j:plain

ちなみに、「クラブハウスバーガー」を販売するにあたりレギュラーメニューの「クォーターパウンダーバーガー」の販売が休止されています。張り紙で可愛らしくイラスト付きで「後輩バーガーのために休みます。」と書かれているのですが、作るのが大変なクラブハウスバーガーづくりに集中するためなんだとか。まあ、メニュー数もかなり増えてきたのでオペレーション的に少し難しいと判断したのかな。

ということで、「ビーフ」と「チキン」を注文していました。パッケージは誰でも分かるようにビーフには牛のイラスト、チキンには鳥のイラストが描かれています。

f:id:kazu-log:20160503113410j:plain

クラブハウスバーガー ビーフ

まずは、「クラブハウスバーガー ビーフ」です。今までのハンバーガーは手に持った瞬間に薄っぺらい印象がありましたが、今回のクラブハウスバーガーはマクドナルド自身が本気を出したと豪語していることもあり、手に持った印象としてはズッシリと重い感じがします。

f:id:kazu-log:20160503113411j:plain

中身を開けてみるとスカスカバーガーではなく、ギッチリと素材が引き詰められているようです。バンズもふっくらとした感じがしてボリューミーです。クラブハウスバーガー ビーフは下からグリルオニオン、チーズ、パティ、スモークベーコン、レタス、トマト、ソースがバンズに挟まれています。

f:id:kazu-log:20160503113413j:plain

食べます!

f:id:kazu-log:20160503113415j:plain

お、これは普通に美味しいぞ。

マクドナルドがこだわったというビーフパティは感動するほどの美味しさはありませんが、まあ普通のハンバーガーのビーフパティよりは肉肉しいように感じます。というか、クォータパウンダーバーガーのビーフパティと何が違うのかよく分かりませんが。

そして、ビーフパティの上に乗っているスモークベーコンが非常に美味しい。

トマトとレタス、ソースとの組み合わせが非常に美味い。そして、バンズが黄色してて普通のバンズよりもふわふわで美味しいんです。チキンタツタのバンズも黄色かったような気がしますが、それと似た仕様でしょうか。

クラブハウスバーガー チキン

次に「クラブハウスバーガー チキン」です。基本は同じでビーフがチキンに変わっただけとなっています。

f:id:kazu-log:20160503113414j:plain

食べます!

f:id:kazu-log:20160503113416j:plain

うん。こちらも普通に美味しい。でもチキンはいつもの普通のチキンといった感じ。これなら以前に発売されていた「レモン&ソルト」の方が美味しかったような気がします。

まとめ

「クラブハウスバーガー」はマクドナルドらしいハンバーガーで、確かに美味しいと思います。一時期、野菜をコンセプトにしたハンバーガーとか迷走していましたが、マクドナルドにはガッツリ系のハンバーガーをメインに開発をしてほしいものですね。

個人的にはガッツリ系、チーズバーガ系、テリ玉系の3つを追求してくれればいいかなと。

それにしてもベーコンが美味しかった。いっそのこと、ベーコンだけにこだわったハンバーガーを出してみてもいいのではないかと思うくらいですが。