読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

MacBook 12 Early 2016の開封実機レビュー!CPU性能やSSD速度の比較も!

Mac Apple

2016年モデルの12インチMacBookが手元に届いたので2015年モデルのMacBookと比較しながら開封レビューをしたいと思います。今回、購入したのは一番安く購入することができる「Core-m3 1.1GHz 256GB」モデルです。価格は約15万円しましたが、2015年モデルを10万円くらいで売るつもりなので5万円で購入したことになる...予定です。

 

MacBook (12-inch Early 2016)の開封レビュー!

さすがに旧モデルと全く同じデザインなので1年前に初めて手にしたような感動は全くありませんが、MacBookは順当にスペックアップしたといえるでしょう。2015年モデルでは起動が遅かったAdobe系のアプリの起動が速くなりましたし、全体的な動作は確実に2016年モデルの方が快適になっています。

新世代のCPUプロセッサを搭載しているので旧モデルよりも快適になっていないと困るんですけどね。簡単に2015年モデルと2016年モデルの違いをまとめました。

  MacBook 2016 MacBook 2015
ディスプレイ 12インチ 2,304 x 1,440ピクセル 226ppi
CPU 第6世代 Skalake-Y デュアルコア
256GB:1.1GHz Intel Core m3
512GB:1.2GHz Intel Core m5
CTO:1.3GHz Intel Core m7
第5世代 Broadwell-Yデュアルコア
256GB:1.1GHz Intel Core M
512GB:1.2GHz Intel Core M
CTO:1.3GHzIntel Core M
GPU Intel HD Graphics 515 Intel HD Graphics 5300
RAM 8GB 1,866MHz LPDDR3
29.8 GB/s
8GB 1,600MHz LPDDR3
25.6GB/s
SSD 256GB/512GB
NVME:×2 リンク速度 8GT/s
256GB/512GB
NVME:×4 リンク速度 5GT/s
バッテリー容量 41.4Wh 39.7Wh
ワイヤレス 802.11ac Wi-Fi
IEEE 802.11a/b/g/n
Bluetooth 4.0
電池持ち 最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧
最大11時間のiTunesムービー再生
最大9時間のワイヤレスインターネット閲覧
最大10時間のiTunesムービー再生
外部ポート USB-C(USB 3.1 Gen1)
DisplayPort 1.2ビデオ出力に標準対応
外部ディスプレイで最大3,840 x 2,160ピクセル(30Hz)
ワイアレス 802.11ac Wi-Fi
IEEE 802.11a/b/g/n
Bluetooth 4.0
サイズ 28.05cm x 19.65cm x 0.35〜1.31cm
0.92kg

劇的な進化ではなく、ちょとした進化と言った方がいいかもしれません。それでも、元々の性能が良くなかったこともあり、これだけのスペックアップであっても体感でその違いを感じ取ることができると思います。

MacBook 12 外観レビュー

12インチのMacBookはこんな感じのダンボールに入って届きます。

MacBook 12 パッケージ

Apple伝統の白色のパッケージの箱。

MacBook 12 パッケージデザイン

白色じゃないパッケージってゴミ箱型のMacProくらいでしょうかね?いつか手にしたいと思いながら金額を見てビビってしまいウィンドウを閉じます。

箱の蓋を開けるとMacBookがお披露目です。

MacBook 2016 本体

保護フィルムの切れ端を持ってMacBookを取り出します。やっぱ、12インチモデルは本体が軽い。

MacBook2016 本体の保護フィルム

付属品はUSB-Cの29Wの電源アダプタとUSB-Cケーブルなど。

付属品など

豪快にMacBookに貼り付いた保護フィルムを剥がしていきます!

MacBookの保護フィルムを剥がす

初期設定を済まして起動します。

起動

せっかくなので2015年モデルと並べてみました。

MacBook 12 2015 vs 2016

今回購入したのはUS配列のキーボードを搭載したモデルで左側にあるのが2016年モデルです。今回、買い替えた理由の一つがUS配列のキーボードを使いたかったのが大きな理由の一つなんです。メインで使用しているMacの外部キーボードがすでにUS配列のキーボードを使用しており、MacBookを使うたびに誤タイプをしてしまうのが辛くて。

やっぱりUS配列のキーボードはシンプルでいいですね。タイピングもし易いですし。

USキーとJISキー

12インチのMacBookはバタフライ構造のキーボードを採用しており非常に高さが低い特徴的なキーボードですが、非常に入力しやすいものとなっています。またトラックパッドは感圧式となっており、力加減によって使える機能などがあります。まだ、活かしきれていないように感じますが。

ディスプレイを閉じるとどっちが新型か見分けがつきません。本当にどっちだったか忘れました。

Appleのロゴマーク

本体右側です。上が2016年モデル、下が2015年モデルですが、2016年モデルの方が隙間が広いのは気のせいでしょうか。

MacBook 12 2016 vs 2015

本体左側です。上が2016年モデル、下が2015年モデルですが、やっぱり隙間が広いですね。新型の方が作り込みが甘いのか?まあ、いいけど。

MacBook 12 2016 vs 2015 右側

充電機能と中心機能を持ったUSB-Cポート。発売当初はポートが一つしかないことに批判もありましたが、いざ使ってみると1ポートだけでも十分ということに気付きます。まあ、色々と接続したい人にとっては厳しい構成なのかもしれませんが、個人的には全てワイヤレスでデータのやり取りをしてしまうので十分です。

MacBook 12 2016 vs 2015 左側

CPUの性能比較

Geekbench 3を使ってCPUの性能の比較もしてみました。

  • 32ビット(左:2015年 1.1GHz、右:2016年モデル 1.1GHz)

MacBook 12 2016 vs 2015 CPU性能 32bit

  • 64ビット(左:2015年 1.1GHz、右:2016年モデル 1.1GHz)

MacBook 12 2016 vs 2015 64bit

ザックリと10%くらいの性能向上と言えるでしょうかね。この数字は2015年モデルの高い方のモデル(1.2GHz)と同等の性能を持っているので、価格据え置きで上位モデルの性能を手にすると考えればお得感を感じることができます。

 

SSDの速度

MacBook 2016はSSDの速度が大きく向上していると言われています。なので、Disk Speed Testを使って測定してみました。

  • 左:2015年 256GB、右:2016年モデル 256GB

MacBook 12 2016 vs 2015 SSD速度比較

かなり速くなっています。

書き込み速度が429.9MB/s→671.8MB/s(約1.6倍)、読み込み速度が671.8MB/s→922.2MB/s(約1.4倍)に。確かにAdobe系のアプリの起動速度が速くなっているんですよね。これは大きな進化と言えますよ。もしかしたら、CPUの進化よりもこちらの方が大きいかもしれません。

まとめ

基本的な性能については旧モデルから向上した2016年モデルのMacBookですが、元々2015年モデルを所持している人はわざわざ乗り換えるほどのモノはなさそうです。僕も単純にUSキーボードが欲しかったという理由ですし、2015年モデルは売却する予定です。

f:id:kazu-log:20160426152005j:plain

でも、明らかに体感速度が上がっており快適になっています。新品だしOS Xがまだ遅くなっていないってのはあるかもしれませんが...。

特に擬似解像度を標準の「1,280 x 800ピクセル」から「1,440 x 900ピクセル」に上げた時に2015年モデルは負荷が掛かってモタつきが発生していたのが、2016年モデルはスムーズにモタつくことなく快適に動いています。

今まで、モタつきがあったら作業面積が狭い「1,280 x 800ピクセル」を仕方なく使っていたんですけど、これからは「1,440 x 900ピクセル」を常用しても問題なさそうな感じです。

▶ ︎MacBookをチェックする!

追記:MacBookを4Kディスプレイに繋ぐ方法

USB-Cポートが採用されているMacBookでも外部ディスプレイに接続することができます。方法としてはUSB-C Digital AV Multiportアダプタを使用してHDMIで繋げるか、USB-C - DisplayPortケーブルを使ってDisplayPortで繋ぐ方法があります。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。