読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

iPhone SEは5sと比較して動作がサクサク、Touch IDの反応速度も向上した!

iPhone Apple

4インチの「iPhone SE」は、現行モデルの4.7インチの「iPhone 6s」のA9プロセッサを搭載するなど性能面で大きく進化した「iPhone 5s」とも言えますが、少し使っただけで操作性が向上していることを感じることができました。

ということで、「iPhone 5s」から「iPhone SE」に進化したことで体感速度でどれくらい速くなったのか、色々と比較してみたので紹介します!

iPhone SE(A9)とiPhone 5s(A7)を比較!

f:id:kazu-log:20160402113746j:plain

「iPhone SE」と「iPhone 5s」、「iPhone 6s」の性能の違いは以下の通り。

モデル iPhone SE iPhone 6s iPhone 5s
ディスプレイ 4インチ 1,136 x 640 4.7インチ 1,334 x 750 4インチ 1,136 x 640
CPU プロセッサ A9+M9 A7+M7
RAM 2GB 2GB 1GB
背面+ 前面カメラ 1,200万画素+ 120万画素 1200万画素+ 500万画素 800万画素+ 120万画素
Live Photos ×
Focus Pixels オートフォーカス ×
Retina Flash ×
タイムラプス 撮影 ×
スローモーション (240fps)撮影 ×
4K動画撮影 ×
VoLTE通話 ×
NFC (Apple Pay) ×
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 433Mbps MIMO対応 802.11a/b/g/n/ac 866Mbps 802.11a/b/g/n 150Mbps
LTE最大速度 150Mbps 300Mbps CA対応 150Mbps
Bluetooth 4.2 4.0
3D Touch × ×
Touch ID (第2世代)

こうやって比較するとiPhone 5sからの進化はかなりのモノなのかも。3年の月日でこれだけ機能が進化したということにもなります。

ただ、Touch IDが第1世代のままであったり、3D Touchに非対応、さらにLTEやWi-Fiの速度が遅いなどiPhone 6sと同じ性能までに引き上げられたわけではないのが残念ですが。

iPhone SEは、CPUプロセッサがA7チップからA9チップに2世代も新しくなり、さらにRAMの容量が1GBから2GBに倍増。iPhone 5sも体感速度は遅くはなかったんですけど、A9プロセッサと2GBのRAMの組み合わせは一度経験すると離れることができません。

CPUの性能比較

iPhone 5s(A7)とiPhone SE(A9)の性能をGeekbench 3で比較してみました。A7は1.3GHz、A9は1.84GHzで駆動しているようです。

f:id:kazu-log:20160402114835j:plain

左:iPhone 5s(A7)、右:iPhone SE(A9)

f:id:kazu-log:20160402115009j:plain

モデル iPhone 5s iPhone SE
シングルコア 1400 2550
マルチコア 2497 4436

Appleは2倍の性能って言ってましたが1.8倍くらいの性能向上といったところでしょうか。でも、かなりのスペックアップであることは間違いないです。

GPUの性能比較

CPUに内蔵されているGPUの性能を3D MARK(Ice Storm Unlimited)で比較しました。上:iPhone SE(A9)、下:iPhone 5s(A7)

f:id:kazu-log:20160402115523j:plain

モデル iPhone 5s iPhone SE
総合 14570 29382
グラフィックテスト1 89.05 fps 247.93 fps

GPUの性能は総合スコアで2倍程度の性能アップをしているようです。

動画で比較、Touch IDの反応速度も向上!

数字だけじゃどれくらい速くなっているのか判りにくいので、動画で比較してみました。

全体的に速くなっておりアプリの起動やページが移動する時の動作がワンテンポ速くなってることが分かります。

一つ思ったのが、指紋認証のTouch IDが第1世代なんですけど、それでもA9プロセッサとの相乗効果のおかげなのかiPhone 5sよりも高速化されているようです。

さすがにiPhone 6sほどの認証速度はありませんが(本当に速い)iPhone 5sよりは高速化されているので快適度は向上しているのかなーって思います。

まとめ

「iPhone SE」は「iPhone 5s」と比較して基本スペックが底上げされました。

iPhone 5sから乗り換えする人は変わらないデザインで高速化されたiPhone SEに満足できるのかなと思います。iPhone 6sから小型版のiPhone SEに乗り換えする人がどれくらいいるのか分かりませんが、そんなユーザーさんもまあまあ満足出来るんじゃないでしょうかね?

カメラの性能が上がったとか、Wi-Fiの速度が向上した、とか色々と性能が上がった部分は多いですけど、やはりCPUプロセッサが最新版になりRAMの容量が倍増したことが、一番嬉しいポイントかもしれません。