読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

iPhone SEの外観実機レビュー!5sと比較したら微妙に違う部分もあった!

iPhone Apple

2016年3月31日に発売が開始された4インチ型の新型iPhoneとなる「iPhone SE」を4.7インチの「iPhone 6s」から乗り換えようと思ってSIMフリー版を買いましたよ!!

本当に「iPhone 5s」と同じデザインでビックリしているんですけど、微妙に加工方法が違ったりしているようで、全く同じではないようです。ということで「iPhone SE」の本体外観レビューを書きたいと思います。

iPhone SEの外観レビュー

今回、購入したのは「iPhone SE」の64GBのシルバーです。新色としてローズゴールドが追加されましたが、こんなに可愛い色を買う勇気はありませんでした。

まずはパッケージから。ホワイトベースのデザインで「スペシャルエディション」の意味を持った「SE」が「iPhone」ロゴのとなりにいることが確認できます。

iPhone SE 箱

Lightening-USBケーブルと充電器、イヤホンなどの付属品です。Lightening-USBケーブルなんかはiPhone 5sから同じのをずっと使ってるので、この辺りのアクセサリーが溜まっていく一方です。

iPhone SE 付属品

「iPhone SE」です!見た目は完全に「iPhone 5s」と同じ!

iPhone SEのデザイン

iPhoneのロゴの下に「SE」が追加されましたが背面のデザインもほぼ同じ!

f:id:kazu-log:20160401162533j:plain

左横には音量ボタンとミュートボタンが設置されています。やっぱり、このデザイン好きだなー。

iPhone SE サイド部分

iPhone 6/6sも本体が薄くていいんですけどデザイン的にはこちらの形の方が好きですね。

指紋認証のTouch IDも健在です。

iPhone SE 指紋認証

ただ、残念なことに第1世代。iPhone 6s/6s Plusに採用されたのは第2世代のTouch IDで指紋の認証速度がべらぼうに速いのですが、iPhone SEには採用が見送られた模様。

A9プロセッサに2GBのRAMとiPhone 6s/6s Plusと同じスペックなのに、なぜここを進化させなかったのか疑問。Touch IDが第2世代なら「最強のiPhone」になったのに...。(3D Touchも採用されていませんが個人的には必要度は低い)

nano SIMを入れるSIMカードスロット。

iPhone SEのSIMカードスロット

カメラは800万画素から1,200万画素にグレードアップしました。

f:id:kazu-log:20160401163439j:plain

1,200万画素になったけどカメラのレンズは飛び出ることなくフラットレンズ。素晴らしい。このデザインに出目金レンズだった失望してたと思うので、この判断は良かったと思います。ちなみに、同日に発売された9.7インチのiPad Proは出目金レンズになってしまいました...。まあ、使う分においてはあんまり関係ないですが。

ゴミかと思ったら小さな傷発見....。いやーん、いきなり傷物。

iPhone SE 傷

どのくらいの傷なら交換してくれるんでしょうかね?

iPhone SEとiPhone 5sを比較

2013年にリリースされた「iPhone 5s」と、3年後の2016年にブラッシュアップされた「iPhone SE」を並べてみました。

f:id:kazu-log:20160401163747j:plain

左がiPhone 5sで、右がiPhone SEです。

見た目、どっちが5sなのかSEなのか判断できないですよね。でも見分けるポイントがあるんですよ。もちろん、背面パネルに刻印されている「SE」のロゴが目印になるのですが、それ以外にも違いがあります。

f:id:kazu-log:20160401164026j:plain

一つがエッジ処理の加工方法が異なっていることです。

iPhone SEのエッジ処理方法

どうです?全然違うでしょ。(ごめん、ピントがボケてます。)上の光沢がないエッジが新型の「iPhone SE」で、下の光沢のあるエッジが旧型の「iPhone 5s」です。「iPhone SE」のエッジ処理はアルマイト処理を施しているようで、iPhone 5sよりも落ち着いた雰囲気に仕上がっているんですよね。

Appleのエンブレムの加工方法も変わっています。iPhone 5sは本体にペタッと貼り付けた、剥がれそうで剥がれないエンブレムでした。

iPhone 5s Appleエンブレム

でも、iPhone SEはiPhone 6/6sと同じように内側からはめ込むエンブレムに変更されています。

iPhone SE Appleエンブレム

iPhone 5sのロゴも剥がれそうで剥がれない加工をしたものでした。

f:id:kazu-log:20160401164551j:plain

iPhone SEのロゴは印字加工に変更されてます。これもiPhone 6/6sと同じ加工方法ですね」。

f:id:kazu-log:20160401164626j:plainかなり微妙な加工方法の違いなので気付かないレベルかもしれませんが、iPhone SEはiPhone 5sと同じデザインだけど加工や処理方法は今の生産ラインに合わせたものに効率化が図られているのです。(たぶん)

だから何?って感じですね(笑)

まとめ

まだ箱から出して本体を眺めてニヤニヤしていただけで使っていないので使い勝手はまだ分かりませんが、片手操作が容易な4インチディスプレイに最新の性能を詰め込んだ「iPhone SE」は使いやすいこと、間違い無いでしょう。

問題は4.7インチのディスプレイの大きさに慣れてしまっているので、今更小さい画面で満足することができるのか、ここが一番の問題点と言えるかもしれません。これから、「iPhone SE」に切り替えてしばらく生活をしてみる予定です。

iPhone - Appleオンラインストア