読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

大量アクセスによる「503エラー」を回避するため負荷耐性の強いサーバーを検討

SEO

元々はてなブログに割り当てしていたドメインをエックスサーバー(X10プラン)のレンタルサーバーを使ってWordPressでの運用を開始して1ヶ月ほど経過しました。予想はしていましたが「503 Service Unavailable」が発生してしまいました。

最初からもっと考えてサーバー選びをするべきでしたね...。これだけでも大きな機会損失になっているので少し後悔。

大量アクセスにも耐えらえれるレンタルサーバーを求めて

503エラーが発生した状況

2016年2月現在でエックスサーバー(X10プラン)で耐えることができたアクセス数は130,000PV/日です。Googleのアナリティクスのリアルタイムで「6,000」を確認しています。ここ最近のアクセス数はこんな感じ。(このブログではありません)

  • 2月19日(金):80,570pv
  • 2月20日(土):89,535pv
  • 2月21日(日):51,393pv
  • 2月22日(月):67,412pv
  • 2月23日(火):133,451pv
  • 2月24日(水):64,217pv
  • 2月25日(木):52,388pv
  • 2月26日(金):52,367pv
  • 2月27日(土):76,894pv

アクセス負荷が高まって「503 Service Unavailable」が出たのは赤色の文字になっている2月26日(金)です。Googleアナリティクスのリアルタイムで「2,000」くらいで耐えきれずエラーが発生してしまいました。

エックスサーバーのエラーログを確認すると44,000件くらい503エラーが出ていたことが確認できます。(204エラーって何??)

f:id:kazu-log:20160228174611j:plain

1週間前の同じ金曜日も80,000pvくらいあるということは本来なら100,000pvくらいはあったという計算ができますね。

2月23日(火)は13万pvを耐えてるのにいきなりサーバーエラーをするとは思ってもみなかったのですが、アクセスが多い状況が続くことで何らかの制限をかけられた可能性もあるのかもしれません。

ということは、今後も「503 Service Unavailable」が今まで以上に発生しやすくなる可能性があるのかも?

最強のはてなブログ

はてなブログで運用をしていた時は、どんなにアクセスが来てもサーバーエラーが発生することはなくGoogleのアナリティクスのリアルタイムで「12,000」という数字が出てもビクともしませんでした。

この時の1日のアクセス数は20万PVです。

f:id:kazu-log:20160228172911j:plain

はてなブログなどのブログサービスでは、アクセス数の上限を気にする必要はほとんどなく月額600円でこれだけのパフォーマンスを得ることができるのですからコストパフォーマンスは最高と言ってもいいでしょう。

そーいう意味でははてなブログに戻したいところですが、手動ペナをきっかけにWordPressに移行してWordPressでしかできない設定などもしているので、そう簡単にはてなブログに移行することもできません。

エックスサーバー系から選ぶ

ということで、突発的なアクセス数増加にも耐えることができるサーバー探しを始めたので、参考にしていただければと。と言っても、いろいろなサーバーがある中でどのサーバーがいいのかを探し当てるのは非常に困難です。

専用サーバーのVPSや従量制のAmazon ECでの運用も考えたのですが、設定の部分で時間を取られるのが非常に勿体無く、あくまで通常のレンタルサーバーで対応したいと考えました。

今までロリポップやさくらインターネットなどのレンタルサーバーを使ってきましたが、使いやすさと安定性はエックスサーバーのレンタルサーバーが一番良かったです。さくらインターネットはコントロールパネルの使いにくさをどうにかしてほしい。

幸いにもエックスサーバーにはエックスサーバー以外にも、セキュリティと安定性を重視した「シックスコア」、負荷耐性とWordpressに特化した「wpX」といった派生ブランドも展開しています。(X2もありますがエックスサーバー自体がさほど力を入れてなさそうなので省きました。)

ということで使ったことのないサーバーを使って失敗をするよりも同じエックスサーバー系のレンタルサーバーで検討をします。

まあ、この時点で「wpX」しか選択肢が無いんですけどね。

というのも、今回の503エラーは突発的なアクセスによって引き起こされたものです。1日の転送量はX10プランで70GB/日です。アクセス数だけで見ればこれはクリアしています。ということは「突発的なアクセス」にも耐えることができるサーバーにすればいいということ。

エックスサーバーの社長ブログには、エックスサーバー、シックスコア、wpXの違いを詳しく書かれており、「突発的なアクセス」に強いのは「wpX」なんだとか。

ちなみに「wpX」は2015年中に全てのサーバーのストレージがSSD化しており超高速化されてます。

f:id:kazu-log:20160228181119j:plain

参考: エックスサーバー、 シックスコア、 wpX それぞれの違い – エックスサーバー社長ブログ

社長が言うのだから間違いないです。X2はもう下火なんでしょうかね...。「X2は省略します」って書いてしまっていますし。X1の負荷耐性を高めた以外にこれといった特徴がないですからねー。

負荷耐性を求めている僕にとってはX2でもいいように感じますが、wpXのクラウドというプランであれば初期手数料も無料ですしPV数に合わせたグレードに合わす事ができるので使い勝手はこちらの方が良さそうです。

f:id:kazu-log:20160228181545p:plain

実は別のブログ(月間50万PV)でwpXのBプランですでに運用しているという実績もあってwpXに移行を決断しました。(本当に初期の頃に契約したので、サーバーマシンも古くなっていたのか一時期安定性がかなり悪かったんですけどね...。SSD化されてから安定しました。)

150万PVはあると思うので「Cプラン」で契約をしました。

登録後、すぐには使えないみたいです。

f:id:kazu-log:20160228182515j:plain

今まではてなブログだったら月額600円だったのに月額3,000円。まあサーバーエラー出るより全然マシですね。

ということで、エックスサーバーからwpXに無事に移行できたら、その方法も次回紹介します。