読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

JISキーボードからUSキーボードに移行に挑戦する3つの理由

Mac

ずっと迷っていたのですがAppleの新型のワイヤレスキーボード「Magic Keyboard」を注文しました。

買うつもりではなかったのですが家電量販店で展示してあった「Magic Keyboard」を触ってしまったのが運命の分かれ道。非常にタイピングがしやすくなっていたので、Appleオンラインストアから注文をしました。

今回は、ちょっと冒険をしてJISキーボードではなくUSキーボードを選択。これを機会に使い難いJISキーボードから離脱をしたいと考えています。

 

Magic KeyboardのUSキーボードを注文

少しでもタイピングを速くするため

家で作業をするときはMacBook ProからBluetooth接続で「Apple Wireless Keyboard」を使用しています。

新型の「Magic Keyboard」はリチウムイオン電池を内蔵し充電式となりましたが、今までのキーボードでも電池の交換は2ヶ月に1回くらいの交換で済んでいたので、特に不便だと感じたことはありませんでした。

とはいえブログを書いている以上、少しでも作業時間を減らしたいという思いがあります。作業時間の多くの割合を占めることになるのが文字の入力。その時間を短縮するにはタッチタイピングの技術を上げることも大事ですが、作業をするツールも重要だと考えています。

Magic Keyboardは非常にタイピングしやすい

新型の「Magic Keyboard」はキーが薄くなり内部のシザー構造が再設計されたことでキーの安定性が33%向上し、キー運びが最適化されているとAppleが言っています。

そして、家電量販店で実際に触ってみたところ確かにAppleの言うようにタイピングのしやすさが全然違いました。

ビックリしました。この時点で僕の目は輝いています。

12インチのMacBookのキーボードは見た目からキーが薄くなり変化しているのがわかりますが、「Magic Keyboard」はパッと見は変化が分かりにくいものとなっています。しかし、タイピングのしやすさは明らかにどのキーボードよりも使いやすいものに。これが購入の決め手です。

USキーボードを選んだ理由

今回はUSキーボードを選択。

f:id:kazu-log:20151020135307j:plain

見た目のシンプルさ・格好良さで選んだ部分もありますが、全く使わない「かな入力」に最適化されているJISキーボードを使うよりも、使い慣れた「英語、ローマ字入力」で最適化されているUSキーボードの方が作業性が良いのではないかと思ったのです。

ホームポジションからリターンキーの距離

まあ、知っている人は知っていることなので何を今更...って感じですが、JISキーボードはホームポジションが左側に少しだけズレているのでリターンキーがUSキーボードよりも遠い位置にあります。

f:id:kazu-log:20151020140155j:plain

僕は手が小さい方なのでホームポジションからリターンキーを押すのが遠くて小指が疲れるんですよね。なんでJISキーボードのリターンキーは横に短く上に長いんでしょうか。

記号キーが規則的な配置でわかり易い

 

初めて知ったんですけどキーの数もUSキーボードの方が少ないんですね。なんか、えらいスッキリした感じ。印字もシンプルだし分かりやすい。何よりも記号の配置が規則的に並んでいて使いやすそう。

僕はホームページを制作する時などコードを直接打ち込むことが多いので、もしかしたらUSレイアウトにしたら効率が上がるのではないかとも睨んでいます。

トラックパッドの誤動作

また、JISキーボードはホームポジションがセンターにないことでMacBookなどトラックパッドが搭載されているモデルでは手のひらが擦れて誤作動することも。

f:id:kazu-log:20151020170030j:plain

USキーボードならホームポジションがセンターにあるので手のひらがトラックパッドに触れることもありません。

これらの理由から外部キーボードでUSレイアウトに慣れておけば、次のモデルの新型MacBookを購入するときにでもスムーズに移行できるかな...と、そんな野望を抱いているわけです。

最初は慣れないとは思いますが、ちょっと頑張ってみます。

Macアクセサリ - Appleオンラインストア