読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

新型iMac 4K・5Kの発売でMacBook Proから乗り換えを検討してみた

Mac Apple

Appleが「iMac 5K Retinaディスプレイ」と「iMac 4K Retinaディスプレイ」を発表しましたね〜。5Kディスプレイモデルは以前からありますがIntelの最新プロセッサ「Skylake」、さらにsRGBよりも25%も色域が広いP3規格に対応したRetinaディスプレイを搭載しグレードアップ。

 

新型iMac 4K・5K Retinaディスプレイモデルが発売開始

ヤバイ、めっちゃ欲しい。

今まで、RetinaディスプレイモデルはMacBook専門だったからMacBookしか選ぶ余地がなかったのに、iMacまでRetinaディスプレイに対応してしまったら...これは大変です。

この記事はiMacが欲しいと言う欲望だけで書いた記事で、購入したわけではないのでご注意を...。

現在のMac環境

僕の仕事環境はこんな感じです。

  • メイン:15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル(Late2013,GeForce GT 750M)
  • 外部ディスプレイ:24インチ4K(3840×2160ピクセル)ディスプレイ Dell P2415Q
  • サブ:12インチMacBook

今年の春にサブ機として外で作業をする用で購入した12インチのMacBookを購入してから15インチのMacBook Proを持ち出すことはほとんどなくなりました。つまり、ノートブックでありながらデスクトップ化をしているわけで、このようにデュアルディスプレイで作業をしている状況です。

f:id:kazu-log:20151014135217j:plain

実際には、磁石を使ってクラムシェルモードにしてMacBook側の表示はオフにしているのでDellの4Kディスプレイだけで作業をしていることが多いのです。

これは、すでにiMacでもいいのではないか?

しかも、5K Retinaディスプレイ(5120×2880ピクセル)を搭載したiMacを選択すれば、今よりさらに広大な作業エリアを手にすることができ、机の上もiMac1台でスッキリした感じにすることできますよね。

今回、4K Retinaディスプレイモデルが初投入されました。

しかし、僕は24インチの4Kディスプレイを使用しているので21.5インチになるのはしんどい。iMacを選ぶとしたら27インチの5K Retinaディスプレイモデルになります。たった3インチの差ですが27インチで5kディスプレイになるのは非常に魅力的。

iMac 4K・5K・MacBook Proのスペックを比較

iMac 4Kと5K、MacBook Proを比較してみます。全て現行モデルの上位タイプで比較してみます。

f:id:kazu-log:20151014151943j:plain

モデル iMac 5K
Retina
iMac 4K
Retina
15インチ
MacBook Pro
Retina
ディスプレイ 27インチ
5,120 x 2,880
P3 Retina
21.5インチ
4,096 x 2,304
P3 Retina
15.4インチ
2,880 x 1,800
Retina
CPU 3.3GHzクアッドコア
Intel第6世代Core i5
Skylake
(Core i7変更可能)
3.1GHzクアッドコア
Intel第5世代Core i5
Broadwell
(Core i7変更可能)
2.5GHzクアッドコア
Intel第4世代Core i7
Haswell Refresh
GPU AMD Radeon R9 M395
2GB GDDR5
最大 4GB
Intel Iris Pro
Graphics 6200
AMD Radeon R9 M370X
2GB GDDR5
RAM 8GB 1,867MHz DDR3L
SO-DIMMスロット
(最大32GB/非公式64GB)
8GB 1,867MHz DDR3L
オンボードメモリト
(最大16GB)
16GB 1,600MHz DDR3L
オンボードメモリ
ストレージ 2TB Fusion Drive
(3TB Fusion Drive)
(1TBまでのSSD)
1TB HDD(5,400rpm
(2TB Fusion Drive)
(512GBまでのSSD)
512GB SSD
ポート Thunderbolt 2 ×2
USB 3 ×4
HDMI
3.5mmヘッドフォンJ
SDXCカードスロット
Ethernet
Thunderbolt 2 ×2
USB 3 ×2
HDMI
3.5mmヘッドフォンJ
SDXCカードスロット
ワイヤレス 802.11ac/802.11a/b/g/n
最大1,300Mbps
Bluetooth 4.0
価格 258,800円 172,800円 282,800円

P3 Retinaディスプレイ

通常のディスプレイはsRGBの色域となっていますが、iMac 4K/5Kディスプレイモデルはさらに25%の色を多く表示させることができるP3Retinaディスプレイと呼ばれるパネルが初採用されました。

これは DIC-P3 と呼ばれる規格に沿ったものとなっており、写真などの色合いの表現がさらに広がっているとか。

f:id:kazu-log:20151014152001j:plain

通常のRetinaディスプレイでも画質が綺麗なのにさらに綺麗になっているってのは個人的に非常に気になるポイントではあります。まあ、そこまでの綺麗さを求めてどうなるって感じですが。

プロセッサが第6世代「Skylake」

iMac 5K Retinaディスプレイモデルは第6世代となるCoreプロセッサ「Skylake」が搭載されています。MacBook Proの15インチモデルは未だに第4世代のHaswell Refreshを搭載していることを考えると、具体的にどれくらい速いのかは分かりませんが、この進化は大きいように感じます。

またRAMの帯域も1,600MHzから1,867MHzにグレードアップしています。

ただし、RAMの容量に関してはiMacは8GBが標準となっています。この辺りはパーソナル向けのiMacとプロユース使用のMacBook Proの違いとして出ている部分と言えるかもしれません。

グラフィックボードに関しては4KディスプレイモデルはIntelのCPUプロセッサに内蔵されているIntel Iris Pro Graphics 6200となっており、本当に快適に動作するのかどうかが怪しいところ。1世代前の5Kディスプレイモデルは統合GPUのラインナップがあったのに、廃止されましたからね。

1TBのFusion Driveは注意

 

Fusion Driveは大容量のHDDと高速なSDDのハイブリッド機構となっており、OSやアプリのデータなど頻繁に利用するデータをSSD側に置くことで高速動作を実現するシステムとなっています。

旧モデルのiMacは1TBのFusion Driveに対して128GBのSSDが搭載されていましたが、新型は1TBのFusion Driveに対して24GBのSSDが搭載されるなど、大きく容量が削減されているようです。2TBと3TBのFusion Driveに関しては128GBのSSDが乗っているようです。

Appleの公式ページを見てみても「スピーディーな1TBのFusion Drive、もしくは最大3TBの超高速型Fusion Drive」と説明しているので、容量の差で性能が異なっていることは明白です。もしFusion Drive仕様を選択する場合はちょっと気を付けたいポイントと言えそうですね。

もし、iMac 5Kディスプレイモデルを買うとしたら

個人的にiMac 5Kディスプレイモデルを購入するとしたら、以下のカスタマイズをすると思います。

  • 3.3GHz Core i5 → 4.0GHz Core i7
  • AMD Radeon R9 M395(2GB) → AMD Radeon R9 M395X(4GB)

RAMに関しては後から増設できるのでノータッチです。たぶん、公式の半額くらいで増設可能だと思います。しめて、288,800円(税別)なり。

高い。

けど、MacBook Proの上位モデルと同じくらいの価格なんですね。

あと新しくなった「Magic Mouse 2」と「Apple Magic Keyboard」がこの価格に含まれていることを考えると意外とアリなのかなとも思ってしまいます。

f:id:kazu-log:20151014154230j:plain

充電式のキーボードとマウス。欲しい。

単体で購入しようかなとも考えたのですが、Apple Magic Keyboardが11,800円、Magic Mouse 2が9,500円と激高。さすがにアクセサリーにこの値段は高いよなー。でも、iMacを購入すればこの2つが同梱されている、つまり267,500円でiMac 5Kのカスタマイズモデルを手に入れることがデキるという考え方もできます。

仮にMacBook ProとDellの4Kディスプレイを売り払ったとしたら18万円くらいにはなると思うので、残金10万円でiMacに乗り換え...。

うーん、高い。 

iMac - Apple オンラインストア

そろそろ新型MacBook Proにも期待

15インチのMacBook Proは第4世代のCPUプロセッサを搭載するなど周回遅れもいいところなスペックとなっているので、そろそろフルモデルチェンジがあっても良い時期なのかもしれません。

第6世代のSkylakeプロセッサにGPUの強化、Thunderbolt 3、USB 3.1の対応、iMacに搭載されたP3 Retinaディスプレイの搭載、デザインの変更、なんかあるとそそられます。

もう少し様子見...かな?