読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

ソニーモバイルには過去のエリクソン時代のような個性が欲しい

ガジェット ブログ

子供のおもちゃ箱から懐かしい携帯電話が出てきました。2006年にauから発売されたソニーエリクソン製の「W42S」というモデルの携帯電話です。もちろんガラケーでCDMA 1X WIN(CDMA2000 1x EV-DO Rel.0)という懐かしい規格に対応した日本初のウォークマンケータイと呼ばれた機種です。

昔のソニーエリクソン時代は個性的だった

ソニエリ「W42S」のデザインが好き

この頃のソニーエリクソン製の携帯電話はとても好きで新しい機種が出る度に機種変更をしていた記憶があります。

f:id:kazu-log:20150508113439j:plain

スライド式でキーボードが出てくるタイプで前機種のW31Sまでは折り畳みから大きくデザインが変更され(正確には折り畳み式も存続)、この露骨なデザインがカッコイイと思って購入した記憶があります。

f:id:kazu-log:20150508113441j:plain

ソニーエリクソンはW42Sからスライド式のデザインをCyber-shotケータイに名前が変わったS001になっても採用が続けられていましたが、個性的なデザインではなくなったというのと、iPhone 3GSがソフトバンクから発売されたのを機会にソフトバンクに機種変更をしました。なので、W42Sが最後に使ったガラケーってことになりますね。

今持っても手にフィットする感じがいい感じです。片手で使うには丁度良い大きさですし、キーボードを出せば文字入力も非常に打ちやすいですね。

f:id:kazu-log:20150508113440j:plain

iPhone5sとW42Sを並べてみましたが、究極に片手では持てますが分厚いですね。

f:id:kazu-log:20150508113445j:plain

薄くなって画面が大きくなって出来ることがパソコン並、それ以上の事が出来るようになったんだから技術の進化って本当に凄いなーって思います。

個性は売れない時代なのか?

現在はソニーモバイルとして国内に拠点を置いてXperiaシリーズで頑張っていますが、ソニーのスマホ部門は2000億円の赤字を出すなどかなり調子は悪いみたいですね。今年に夏に発売されるXperia Z4がありきたりなスペック、デザインなので今後も躍進するのは難しそうですが、かつての冒険心のあるデザインにまた期待したいところ。

とはいえ、スマホで個性的なデザインって難しいですし個性的過ぎると売れないのかもしれませんが。やっぱり、AppleのiPhoneように総合的に使いやすい、無難、といった何かがないと難しいのですかね。

携帯電話の画面サイズの進化

そーいえば、Twitterで携帯電話の画面の進化が分かりやすい画像が話題になっていました。

少しだけ年代がズレているように感じますが、携帯電話は小さくなってから再び大型化が進んでいるのはその通りですよね。

一時期はPHS時代になると今では考えられないような本当にペラペラな端末とかあったので、昔の方がデザインの選択肢の幅としては広かったようにも感じます。

さすがに6インチ以上のディスプレイになるとタブレットになってしまうのでこれ以上の大型化はないとは思います。歴史は繰り返すといいますから、再び小さくなっていくのでしょうかね?

Apple Watchで一気にモバイルデバイスは小さくなりましたけど、将来的にこれがiPhoneなしで単体で利用できる時が来たら凄いのかもしれません。使い難そうだけど。

新しい4インチのiPhoneが欲しい

個人的にはiPhone5sの4インチくらいの画面が片手で使えて一番使いやすいのです。4.7インチのiPhone6は片手で使っていると落としてしまいます。

なので、今年発売されるiPhoneに4インチモデルが復活することに期待したいですね。結局、パソコンもMac、タブレットもiPadを使っているとスマホもiPhoneになっちゃうんですよねー。