読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

痛風予備軍!尿酸値やγ-GTPを下げるために実施している方法

ブログ 健康

昨日(2月24日)放送されていたロンドンハーツで「ロンハー人間ドック2015」をやっておりロンハーに出演している男性メンバーの健康診断をおこなっていたのですが、有吉弘行さんの健康診断の結果と僕が医師から受けている結果がほとんど一緒で驚きました!

 

γ-GTP、中性脂肪、尿酸値の数字が有吉弘行さんと似ている

有吉弘行さんの数値

有吉弘行さんって見た目は太っていないので不健康には見えないのですが、やはり暴飲暴食をしているのでしょうかね。肝臓機能のγ-GTPが180くらい(基準5〜76)、尿酸値が9.5(基準0.0〜7.0)、中性脂肪も高いそうで治療レベルなんだそうまあ結果としては10人中8位でしたいつ痛風が出てもおかしくないみたいです。

尿酸値がどのレベルまでいったら痛風が出るかとは人によって違うみたいですが、確かに9.5もあったらいつ痛風の症状が出ても不思議ではないのかもしれません。

僕の数値

僕が2015年1月に血液検査をした結果はこんな感じ。

f:id:kazu-log:20150225120428j:plain

γ-GTP:102 ↓(2014年12月 116)
中性脂肪:158 ↓(2014年12月 206)
尿酸:8.7 ↑(2014年12月 7.8)

この3つの数値が高いといわゆる贅沢病といわれる痛風の一歩手前といった診断が下されます。γ-GTPだけが高い場合は何らかの肝臓病の可能性もあるのでエコーなどでちゃんと見て貰う必要がありますが、僕の場合は肝臓に少し脂肪が付いてきている肝脂肪が見られるといわれました。

数値を下げるために実施したこと

そこで、γ-GTP、中性脂肪、尿酸を下げるために12月から1月まで再検査をする間に行ったことは以下の二つです。

  1. 1日1回運動をする(ウォーキング30分程度 or 家で台踏み)
  2. トマトジュースを寝る前に飲む

トマトは尿酸を溶かしてくれるアルカリ性食品なんだそうで、血液を綺麗にして血液中にある尿酸を排出する効果があると聞いて特にトマトジュースは生トマトよりも効果が望めるということで飲み始めました。

しかしながら尿酸に効果があると聞いてトマトジュースを飲んだのに尿酸は0.9も大きく増加。運動をしていたから中性脂肪なんかは下がったみたいですが。でも、運動も始めてトマトジュースも飲んだのに尿酸が上がったのは少しショックでしたね

 

ちなみに、僕はお酒は普段は一滴は飲まないのでよく飲み過ぎで尿酸が上がるタイプの人種ではありません。

たぶん、一番の原因は食生活なんだと思います。ということで、次に変えてみたのは以下の二つ。

  1. 魚を食べるのを控える
  2. 朝食にキャベツの千切りを食べる
  3. 水を沢山飲む
  4. トマトジュースを寝る前に飲む

魚は体に良い食材というイメージはありますが意外と尿酸の元となるプリン体の多い食材でもあります。僕は毎食夜は魚を食べる習慣があったのですが、最近は週2回ほどに減らしました。

朝食にキャベツを食べるというのは尿酸とは関係ないでしょうが朝に野菜を食べることで血糖値の上昇を抑えて糖尿病を抑える効果があると聞いたことがあったので、尿酸値を下げるアルカリ性の食材をどうせ食べるなら朝に食べようということで始めました。

水を沢山飲むというのはとにかく水を沢山飲むことで尿酸を少しでも尿として排出してしまおうという考え方です。効果があるのかは知りませんが、ネットなどでは一番効果があったという声もあったので試しています。

もちろん、水の飲み過ぎは良くない(水中毒?)ので適度に飲んでます。多分1日1〜1.5リットルくらいでしょうかね?

楽しんで取り組むことが大事

運動は毎日はやめました。

とりあえず晴れた日はウォーキングをする程度でどちらかというと食生活を変えるパターンでγ-GTPや中性脂肪、尿酸値がどのように変化していくのか実験をしているところです。

次の検査は3月中旬頃なのでちょっと楽しみでもあります。こんな感じで数値の変化を楽しみながらやらないとただただ辛いだけなので、数値を改善することを楽しみにして健康を維持するという考え方もいいと思います。

痛風になってからの運動とかってかなりキツイともいいますから、そうなる前に何とかしたいところ!!