読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

EOS 8000Dとkiss X8iの違いはデザインと上部液晶、HDR動画撮影くらいか

ガジェット カメラ

Canonが新しいカメラ製品を発表しましたが5,060万画素のフルサイズの高画素デジタル一眼レフカメラとなる「EOS 5Ds/EOS 5Ds R」でついにキヤノンも高画素化に舵を切ったかという印象を受けましたが、新しいモデルナンバーが付けられた「EOS 8000D」が登場したことにも少し驚きでした。8000Dって何となくニコンっぽいですよね。

EOS kissX8iとEOS 8000Dの違い

「EOS 8000D」の基本性能は同時に発表された「EOS kiss X8i」とほぼ同じようですが何が違うのか、比較してみたいと思います。

基本性能の比較

機種名 kiss X8i 8000D kiss X7i
有効画素数 約2420万画(APS-C) 約1800万画素(APS-C)
映像エンジン DIGIC 6 DIGIC 5
シャッター速度 1/4000~30秒、バルブ(すべての撮影モードを合わせて) 1/4000~1/60秒、1/4000~30秒、バルブ(すべての撮影モードを合わせて)
AF測距点 19点 9点
測光分割数 63
HDR動画撮影 あり -
ライブビューフォーカス ハイブリッド CMOS AF III 方式 ハイブリッドCMOS AF方式
位相差検出方式(クイックAF)
無線LAN IEEE 802.11b、IEEE 802.11g、IEEE 802.11n -
大きさ 約131.9×100.9×77.8mm 約520g 約131.9×100.7×77.8mm 約510g 約133.1× 99.8×78.8mm 約525g

簡単にまとめると旧モデルと新モデル2つの違いはこんな感じです。

画素数が1800万画素から2420万画素に、映像エンジンがDIGIC5からDIGIC6にスペックアップし、AFの測距点も9点から19点に増えてよく動く子供を撮影するにはさらに使いやすいスペックになっています。

エントリーモデルでも高画素化の流れとなり新たに開発されたCMOSセンサーがどんな感じの写真を写し出すのか非常に興味ありますね。

また無線LANにようやく対応したのでパソコンやスマホなどへの写真転送が便利になりそうです。

EOS 8000DはHDR動画撮影が可能

EOS kissX8とEOS 8000Dの唯一の違いといえるのがHDR動画の撮影機能がEOS 8000Dには搭載されています。HDR動画は標準の露出とアンダー露出の2種類の露出で記録した動画を合成して夜でも綺麗に撮影できたり昼間でも白トビを抑えながら撮影できる合成動画撮影です。

iPhoneのカメラアプリの写真撮影のところにHDR機能が搭載されていますがそれの動画バージョンといったところですね。これがEOS 8000Dに搭載されているので動画を沢山撮影したいという方はEOS 8000Dがいいのかもしれません。

外観がかなり違う

EOS kissX8iとEOS 8000Dの大きな違いは外観です。型式の通りEOS kissX8iは女性、EOS 8000Dは男性がターゲットとなっており、今までのキヤノンのエントリーモデルはEOS kissしかなかったので男性が購入するのは躊躇したという方も多分いると思います。(僕はEOS kiss X7を使ってますけどねw)

なのでEOS 8000Dの登場で男性もエントリーモデルを購入しやすくなったという面がありそうです。

また、レンズキット構成が変わっておりEOS kiss X8iは「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」、EOS 8000Dは「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS」となり一つワンランク上の構成となっています。

EOS kissX8iとEOS 8000D 比較

8000Dの操作ダイアルが右から左に設置されています。その理由は8000Dは右側に液晶画面が搭載されたからです。

EOS kissX8iとEOS 8000D 操作ダイアル 比較

必要あるかどうかは別としてより写真を撮影するのが楽しくなる仕様へと変貌を遂げています。その他は微妙にボタンの配置が異なっています。

EOS kissX8iとEOS 8000D デザイン

やっぱり8000Dの良いところはkissという赤い文字がなくなってポップな雰囲気からシックなデザインになったことでしょうか。

EOS kissX8iとEOS 8000D キスマークがなくなった

価格の違い

・EOS 8000D
ボディ:9万7,800円、18-135レンズキット・ダブルズームキット:13万4,800円

・EOS kiss X8i
ボディ:9万2,800円、18-55STMレンズキット:10万1,800円、ダブルズームキット:12万9,800円

EOS 8000Dが5000円ほど高い価格設定となっています。

小型モデルkiss X8は見送られた

今回は小型モデルとなるEOS kiss X7の後継X8の発表は見送られたのですね。

小型モデルとしてkiss X7は初めて投入された筐体なので1回のみのモデルになることはないでしょう。なので、2016年の新製品モデルとしてX7がX9でモデルチェンジを果たすかもしれません。

何かの記事で(ごめん、忘れた)Canonのお偉いさんが毎年のモデルチェンジはしない方向にすると発言していましたし。

個人的にはX8iよりも小型モデルのX8が欲しかったなー。やっぱり小型の一眼レフカメラは持ち運びも楽ですし。どうせモデルチェンジするならkiss X8も一緒に出して欲しかったなー。

キヤノン:EOSエントリークラスのデジタル一眼レフカメラにおいて最高画素の高画質を実現 Wi-Fi・NFC対応の“EOS Kiss X8i”と“EOS 8000D”を発売