読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

世界一の積雪量を記録しているのが日本だった事に驚き!

ブログ

今期の冬は暖冬と言われたのは遙か昔のように思えてきますが、元旦に寒波が襲ってきて大晦日から初詣に足を運んだ方々に影響を大きく与えたことでしょう。

元旦寒波で初詣に影響が!

金沢では元旦の深夜1時に白山比咩神社に行くための北陸鉄道の単線電車が車と衝突をして初詣客に2時間に渡ってこの区間は路線バスを走らせるなどして対応するなどかなりの影響を与えたことがローカルニュースで話題になっていました。

事故原因は車側が吹雪で前がよく見えなかったこととスリップしたことで線路に突っ込んだことが原因だったみたいですが、正月早々とんだ事故となってしまい大きな怪我などはなかったのは不幸中の幸いです。

普段はこの時間帯に電車の運行は行われおらず、初詣の臨時電車として稼働していたわけで、まさかこの臨時電車が事故に遭うなんて誰も予想もしてなかったでしょうね。北陸鉄道も稼ぎ時なのにとんだ災難です。事故を起こした方は電車の修理代はもちろん、損益分も賠償請求されるんでしょうねー。

積もりやすく溶けやすい

今年の冬の雪の特徴は積もりやすく溶けやすいように感じます。昨日までこのように結構積もっていて除雪車なども入っていました。

f:id:kazu-log:20150104162930j:plain

でも、今日の昼過ぎには雪もかなり溶けてしまい昨日までの豪雪はどこに行ったんだ...そんな印象です。

やはり、数十年前の大雪の時とは状況は明らかに違い多く積もるけどすぐに気温が高くなるから溶けるのも早い。地球温暖化の影響が出ているのかもしれませんね。

世界で一番の積雪量は?

ふと、ここで世界一の積雪量ってどんなものなのか気になったので調べてみました。

個人的な雰囲気ではシベリアとか北米のどこかが積雪が一番あったりするのかなーって思っていたのですが、世界記録を持っているのはなんと日本でした。

日本は世界有数の豪雪地帯なんですね。世界有数といっても下のグラフを見てみるとグリーンランドの250cmが世界最大になっているので相手にもならない積雪量といっても良さそうです。

世界一の積雪量は1927年2月14日に記録され滋賀県にある伊吹山で有人観測史上1位で世界記録となる1,182cmというから驚きです。

約11mってビルの高さいうと5階建てに相当するからとんでもない高さですよ。

ちなみに、富山県立山の室堂平でも毎年8mの積雪が確認されているそうで、これだけの積雪は世界でも例がないようです。

f:id:kazu-log:20150104164524p:plain

日本が世界の豪雪地帯になっている理由として地形が関係しているそうで、海で蒸発した水分がシベリアからの冷たい季節風に吹かれることで雲が発生して雪雲が発達してその湿った冷たい空気が高い山にぶつかることで大雪をもたらすそうです。

f:id:kazu-log:20150104165739p:plain

image:一般財団法人国土技術研究センター

つまり、日本はたまたま大陸の間に日本海が存在し、たまたま陸地に高い山があることから豪雪地帯になってしまっており、世界地図を見ても確かにこのような地形はとても珍しく他にはないかもしれませんね。正確には似たような地形はいくつかあるらしいのですが、そんなところに人間は住んでいないということ。

日本は地震大国でもあり、台風も多く、豪雪地帯でもあり、本当に災害が起きやすい地形なんだなーって思ってしまいますが、先人達はよくここに住もう!と決断したものです。

ちなみに札幌なんかは豪雪地帯でありながら人類史上初の大都会とまでいわれているそうですよ。日本の北国に住んでいれば当たり前の雪ですが、世界から見ればとても珍しい気象条件であることは間違いないのかもしれません。

はやく、暖かい春が来て欲しいですね〜。