シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

12インチMacBook 2017のレビュー!CPUとSSDの性能が強化しキーボードの操作性も向上し魅力あるマシンに!

新型となる2017年モデルの12インチMacBookをゲットしました!旧型の2016年モデルとさほど変化がなさそうに見えるのですが、キーボードがMacBook Proに採用されている第2世代のバタフライ構造のキーボードを搭載し、CPUプロセッサも大幅に強化されるなど、同じく新型が出たMacBook Proシリーズと比べてもアップデート内容が多くなっています。

ということで、MacBook 2017の開封レビューを2016年モデルを交えて紹介したいと思います。

 

12インチMacBook 2017 開封レビュー

今回購入したのは、IntelのCore m3のCPUプロセッサと256GBのストレージを搭載している一番安く買うことができるモデルで、RAMの容量は標準の8GBのままで増設していません。

MacBook 2017 スペック比較

歴代のMacBookのスペックを比較してみました。(左が2017年モデルで右が2016年モデル)

MacBook 2017年モデルと2016年モデル

モデル MacBook 2017 MacBook 2016 MacBook 2015
ディスプレイ 12インチ 2,304 x 1,440ピクセル 226ppi
CPU 第7世代
Kabylake-Y

デュアルコア
256GB:1.2GHz Core m3
512GB:1.3GHz Core i5
CTO:1.4GHz Core i7
第6世代
Skalake-Y
デュアルコア
256GB:1.1GHz Core m3
512GB:1.2GHz Core m5
CTO:1.3GHz Core m7
第5世代
Broadwell-Y
デュアルコア
256GB:1.1GHz Core M
512GB:1.2GHz Core M
CTO:1.3GHz Core M
GPU Intel HD Graphics 615 Intel HD Graphics 515 Intel HD Graphics 5300
RAM 8GB 1,866MHz
LPDDR3
29.8 GB/s
(16GBに増設可能)
8GB 1,866MHz
LPDDR3
29.8 GB/s
8GB 1,600MHz LPDDR3
25.6GB/s
SSD 50%高速なSSD
256GB/512GB
NVME:×2
リンク速度 8GT/s
256GB/512GB
NVME:×2
リンク速度 8GT/s
256GB/512GB
NVME:×4
リンク速度 5GT/s
キーボード 第2世代バタフライ構造の
キーボード
バタフライ構造のキーボード
バッテリー容量 41.4Wh 39.7Wh
ワイヤレス 802.11ac Wi-Fi
IEEE 802.11a/b/g/n
Bluetooth 4.2
802.11ac Wi-Fi
IEEE 802.11a/b/g/n
Bluetooth 4.0
電池持ち 最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧
最大12時間のiTunesムービー再生
最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧
最大11時間のiTunesムービー再生
最大9時間のワイヤレスインターネット閲覧
最大10時間のiTunesムービー再生
外部ポート USB-C(USB 3.1 Gen1)
DisplayPort 1.2ビデオ出力に対応
外部ディスプレイで最大4,096 x 2,304ピクセル(60Hz)
USB-C(USB 3.1 Gen1)
DisplayPort 1.2ビデオ出力に対応
外部ディスプレイで最大3,840 x 2,160ピクセル(30Hz)
サイズ 28.05cm x 19.65cm x 0.35〜1.31cm
0.92kg

本体デザインの変更は全くありませんが中身は大きく進化しています。特にキーボードが第2世代のバタフライ構造のキーボードが採用されたことで、MacBook Proと同じ感覚でタイピングができるようになったのが非常に良い改善ポイントですね。

12インチMacBook 2017の外観レビュー

では、12インチMacBook 2017の外観を見ていきましょう!

パッケージと付属品

パッケージはいつも通り白色のシンプルな箱に入っています。2016年モデル(上)と比べて分かるように、MacBookの書体が変更されAppleのロゴーマークが刻印されている場所が変更されています。

MacBook 2017 パッケージ

僕が購入したのはスペースグレイモデルです。

MacBook 開封

MacBookシリーズにスペースグレイが追加されてからシルバーを買うことがなくなってしまいました。iPhoneはシルバーの方が良いと思いますが(正面パネルが白なので指紋が目立たないという理由から)がMacBookやMacBook Proはスペースグレイの一択ですね。

電源アダプタ、USB-Cケーブル、ステッカー、説明書が付属品として入っています。

MacBookの付属品

電源アダプタは29Wのタイプのものが入っています。

MacBook充電アダプタ 29Wタイプ

このサイズの電源アダプタは小さいので持ち運びに適しています。15インチのMacBook Proは89Wのタイプで異常に大きいのでこのサイズ感は嵩張らなくて良いです。13インチのMacBook Proもいざとなれば充電できますし旅行に持っていくのにはいいのかもしれません。

20170615152020j:plain

ちなみに電源プラグ部分を引き抜いて延長ケーブルを挿すことでケーブルの長さを延長することもできます。

充電アダプタ 延長ケーブル

本体の外観

外観は本当に今までのモデルと同じです。間違い探しをしても違いが全く出てきません。

MacBook 2017 外観デザイン

蓋を開くと自動的に電源が入るのも2016年モデルと同じ。

MacBook 2017 蓋を開いて起動

左サイドにUSB-Cポートが搭載されています。

MacBook 2017 USB-Cポート

2016年モデルと並べてみます。上が2017年モデルです。まあ、一緒ですよね。

MacBook 2017と2016の外観比較

右サイドにはヘッドフォンジャックが搭載されています。

MacBook 2017 ヘッドフォンジャック

一つだけ違いがありました。MacBookの書体デザインが変更されています。

MacBookの書体が変更

この書体はMacBook Pro 2016から採用されたもので、MacBook 2017で同じ書体に統一されることになります。

第2世代のバタフライ構造キーボードに進化

キーボードとトラックパッドです。左が2017年モデル、右が2016年モデルです。トラックパッドは感圧式でMacBook Pro 2016で廃止されたサイレントクリックにも対応しています。

MacBook 2017とMacBook 2016の比較1

ちょっと気にはなっていましたがパームレストが変色してしまってますね。写真に撮るとより分かる。なんで変色してるんだろう。売却価格に影響出そうで嫌だな〜。やっぱりスキンシールって貼った方が良いのか?

MacBook 2017のキーボードはMacBook Pro 2016以降に搭載された第2世代のバタフライ構造キーボードが採用されています。

MacBook 2017とMacBook 2016のキーボードの比較

見た目の違いが分かりませんがキーを押した時の跳ね返りが強くなったので、しっかりとタイピングすることができるようになっています。ただ、パチパチという音が大きくなったので静かに使いたいという人にはちょっと向いていないかもしれませんね。個人的にはかなりタイピングがしやすくなったので大満足です。

 

性能の比較

CPUの性能

2017年モデルの12インチMacBookの性能を2016年モデルと比較してみましたが、第7世代のKabyLake-Yを搭載しているMacBook 2017は旧型モデルと比較してもかなり性能が上がっているようです。参考までに2015年モデルのスコアも記載してありますが、2015年モデルとの比較についてはこちらの記事を見てください。

モデル  MacBook 2017 MacBook 2016 MacBook 2015
CPU 第7世代 Kabylake-Y
デュアルコア
1.2GHz Core m3
第6世代Skalake-Y
デュアルコア
1.1GHz Core m3
第5世代Broadwell-Y
デュアルコア
1.1GHz Core m
GPU Intel HD Graphics 615 Intel HD Graphics 515 Intel HD Graphics 5300
CPUシングルコア 3680 2856 2338
CPUマルチコア 6707 5476 4558
GPU OpenCL 15452 14756 -
GPU Metal 16714 15913 -

20170615155719j:plain

20170615160022j:plain

CPUの性能に関しては2016年モデルの13インチMacBook Proに迫る性能です。

20170615154906j:plain

さすがにグラフィックス性能は13インチのMacBook Proが圧倒していますけどね。

20170615155647j:plain

SSDストレージの性能

CPUだけではなくSSDストレージの性能も向上しているので、IllustratorやPhotoshopなどの大きなデータも高速に開くことが可能となりました。

モデル  MacBook 2017 MacBook 2016 MacBook 2015
書き込み速度 995.5 MB/s 668.9MB/s 429.9MB/s
読み込み速度 1321.9 MB/s 913.3 MB/s 719.7 MB/s

20170615155703j:plain

こうやって比較すると初代の2015年モデルに戻ることはできませんね。初代から比較すると書き込み速度は約2倍、読み込む速度も約1.8倍もの性能が上がっています。たった2年でここまで進化してしまうとはフラッシュストレージの性能も年々上がっているのでしょう。

実際に使ってみて、8GBのRAMしか搭載していない標準モデルですが動作が遅いと感じることはほとんどありません。

 

まとめ:性能は十分、モバイル性を重視するなら12インチのMacBookで決まり!

2017年モデルのMacBookは性能が大きく向上したので、このように4Kモニターを接続して使っても普通にサクサクと動いてくれるので快適に作業をすることができます。

MacBook 2017と4Kモニター

12インチモデルと外部ディスプレイとの組み合わせはこのスタイルができるので結構好きだったりします。これなら外部キーボードが必要ないですし外部ディスプレイ側をメインディスプレイにしてMacBook側をサブモニターとして使うことができますし。

2016年モデルでも同じように接続して作業をすることができましたが、2017年モデルの方が性能が高いので余裕を感じますし、オプションでRAMの容量を8GBから16GBに増設することで、より本格的な作業をこなすこともできるのではないでしょうか。

問題は外部ポートが一つしかないので、充電をしながら外部ディスプレイを接続することができないところでしょうか。アクセサリでポートを増設してしまえばいいのかもしれませんが、そう考えると13インチのMacBook Proの方がバランスがいいと思います。

12インチMacBookはとにかくモバイル性能を重視したいという方にオススメ。

f:id:kazu-log:20170615185144j:plain

モバイル性を重視するならiPad Proという選択肢もあり悩ましいところではありますが、キーボードを使ってガッツリと文章を作成するのであれば、今のところはMacBookの方が作業効率がいいのは間違いないでしょう。iOS11がリリースされたら考え方が変わる可能性は大いにありそうすが。