シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

MacBookとiPad Proどっち買う?できる作業の違いや使い分けを徹底比較!

MacBook vs iPad Pro どっちを選ぶ?

iPad ProでSmart Keyboardを使うことができるようになり、iOS 11のリリースでマルチタスクやファイル管理の強化されるなど、少しずつMacBookで出来ることがiPad Proでも出来るようになってきました。

では、MacBookとiPad Proのどっちを選べばいいのか?迷ってしまいますよね。

どっちを選ぶかはズバッとファーストインプレッションで決めてもいいですが、せっかく高い金額を払って購入するならそれぞれのデバイスの特徴を理解してから買ってみてもいいのではないでしょうか。

それぞれのデバイスで向いている作業、向いていない作業があるので、この辺りを詳しく見てみたいと思います。

続きを読む

MacBookやiPadなどApple製品を安く買う方法は?整備済製品や楽天が狙い目!

MacやiPadを安く買う方法

「Mac欲しい。iPad欲しい。でも高くて手が出ない。なんで、Appleの製品はこんなに高いんだろう?」と感じる方も多いかと思います。確かにApple製品であるMacやiPadなどは他社Windows PCやAndroidタブレットに比べると割高な感じがしますよね。

そこで、この記事ではAppleデバイスを少しでも安く購入することができる「Apple認定整備済製品」についてや、楽天で購入するのはアリなのか?中古で購入するのはアリなのか?など書いてみようかなと思います。

続きを読む

MacBook ProはUSB-Cポートしかないから不便?だったらワイヤレス環境を整えよう!

デザインが完全刷新したMacBook Pro(Late 2016)は大胆にもUSB-AやHDMIなどのレガシーポート(というには、まだ早い。)を撤廃、ケーブル一本で充電・通信・画面表示することができるUSB-Cが採用しUSB-Cポートとヘッドフォンジャックのみ搭載する仕様になりましたが、これに戸惑う人も多いかもしれませんね。

特に外部モニターへの出力やプリンターとの接続をどうしたらいいのかと思ってしまうかもしれません。しかし、ワイヤレス環境を上手く活用することでケーブルレスで運用することも可能となります。

続きを読む

旧型iMacやMac miniを外付けSSDから起動して高速化する方法!環境持ち運びも可能に!

外部SSDを使ってmacOSを起動する方法

macOSはMacBookやiMacの内蔵ストレージにインストールするのが一般的ですが、macOSを外付けストレージ(HDD/SSD)にもインストールする事もできます。

「そんなのなんの意味があるんだ?」

...と思ってしまうかもしれませんが、データ転送速度が高速なSSD(ソリッドステートドライブ)にmacOSを直接インストールさせると速度が遅いHDDを搭載している旧型のMacの速度を大幅に向上させる事ができるのです。

本体に内蔵されているHDDをSSDに換装することMacの速度を向上させることもできますが、本体を分解してストレージの入れ替え作業がいるのでちょっと怖いですよね。

しかし、外付けSSDならUSBを使って接続するだけでHDDを搭載しているMacの速度を簡単に向上させる事ができるのです。この記事では、外付けSSDにmacOSをインストールする方法やメリット、デメリットなど徹底解説していきたいと思います。

続きを読む

MacBook・MacBook Air・MacBook Proどれを買う?特徴の違いや使いやすさを徹底比較!

MacBookシリーズ

AppleのMacBookシリーズは大きく分けて、エントリーモデルの13インチMacBook Air、12インチMacBook、プロモデルの13インチMacBook Pro、15インチMacBook Proの4つのシリーズがあり、ノート型のMacBookを購入する時に「どのモデルを選んだらいいんだ!!」と非常に迷ってしまいます。

僕の手元にはなぜか12インチMacBook、13インチMacBook Pro、15インチMacBook Proの3モデルがあるので、それぞれの違いや特徴、メリット、デメリットなどをまとめてみたいと思います。

 
  • MacBook/MacBook Air/MacBook Proの違い【特徴・メリット・デメリット】
    • 本体サイズの違い
      • モバイル性はMacBookがダントツで良い
    • 画面の解像度とサイズの違い
      • Retinaディスプレイと非Retinaディスプレイ
      • 画面サイズよる作業性の違い
    • キーボード・トラックパッド・スピーカー
      • 打鍵感に慣れが必要なバタフライキーボード
      • Touch Barの必要性
      • トラックパッドはどのモデルも巨大だ
      • 意外と音質の良いスピーカー
    • ポートの種類と数
      • 実はスゴイ、12インチMacBookの拡張性
    • MacBookとMacBook Proの性能差
      • CPU・RAM・GPU
      • SSDの速度
    • 価格差について
    • まとめ:何をするか目的でどれを選ぶか決めよう
続きを読む

Apple Pencilで絵を描く以外の便利な使い方。手書きで文章作成やブログ更新もできる!

iPadとApple Pencil 絵を描くこと以外の便利な使い方

Appleが iPad(第6世代)をリリースしたことで、 Apple PencilがiPad Proではない無印のiPadでも使えるようになり、一気に敷居が低くなったように感します。これを機会にApple Pencilを初めて使ってみたという方も多いのではないでしょうか。

 

iPadとApple Pencilの組み合わせはイラストを描く人にとっては最高のデバイスといえるかもしれませんが、絵を書く習慣のない人や描けない人にとっては何が魅力なのか理解できないかもしれません。僕自身も絵を書く習慣がないので実際にApple Pencilを手にして何をしたらいいのかわからなかったというのが実情です。

しかし、iPadのApple Pencilはイラストを描くという作業以外にも使用用途はたくさんあるので、上手く利用す­ることでiPadをより快適に使うことができるようになると感じています。

ということで、僕がiPadとApple Pencilの利用方法で絵を描く以外で便利だと感じている使い方をいくつか紹介してみたいと思います。

続きを読む

iPad(第6世代)レビュー!第5世代から何が進化した?Apple Pencilの追従性能の違いをiPad Proと比較!

iPad(第6世代)レビュー

Appleが2018年3月にリリースしたiPad(第6世代)を手に入れました!

iPad(第6世代)は今までiPad Proでしか使うことができなかったApple Pencilを使うことができるようになったのが大きな特徴となっており、ちょっとしたメモを取ったり、絵を描いたりすることができるので、使い方の幅が広がることになりそうです。

ということで、新型のiPad(第6世代)を旧モデルのiPad(第5世代)と上位モデルのiPad Pro 10.5との比較をしながら徹底レビューしていきたいと思います。

続きを読む

MacBook Proのメモリ(RAM)は8GBから16GBに増設した方がいい?速度がどれくらい違うか比較!

Macのメモリ(RAM)8GBか16GBどっち?

Macのメモリ(RAM)容量は、12インチMacBookと13インチMacBook Pro、iMacは標準で8GBとなっており、オプションで16GBにアップグレードすることができるようになっています。

15インチMacBook Proは標準で16GBの容量のRAMとなっているので迷うことはありませんが、12インチMacBook/13インチMacBook ProやiMacを買うときにメモリ(RAM)を8GBから16GBに増設したほうがいいのか迷うところですよね。

ということで、この記事ではMacのメモリ(RAM)容量は標準の8GBで足りるのか、それとも16GBに増設した方がいいのかを徹底比較していきたいと思います。

今回は僕が所持しているiMacを使ってメモリを8GB・16GBにした場合のアプリの起動時間を比較したので、メモリ量によってどれくらい体感速度が違うのか分かると思います。

続きを読む

iPad ProとiPad(第6世代)どっちがいいのか?違いや使い勝手を比較してみた!

Appleが2017年3月にiPad(第5世代)をリリースしたことで、iPad Proとの性能、価格の差が開いたのでどちらを購入しようか、より判断がつきやすくなったのかなと思います。iPad Air 2の後継機を待ち望んでいた人は素直にiPad Proを躊躇いなく購入に踏み切れるはずです。

(iPad 第6世代が2018年3月28日にリリースされました。スペックなどを追加し内容を修正しました。)

では、価格が安い無印のiPad(第6世代)と価格が高いiPad Proの違いはどこなのかを比較してみたいと思います。

続きを読む

iPhone SEを買うならUQモバイルとワイモバイルどちらが安い?料金プランと端末価格を比較してみた!

4インチディスプレイのiPhone SEが格安SIMのUQモバイルとワイモバイルからも2017年3月25日から購入することができるようになります。iPhone SEはスペック的にもかなり高性能な端末なので、これがお手頃価格で購入することができるようになるのはいいですね。

(この記事は2017年3月23日に公開したものですが料金の変更などを2018年3月に追記・修正をしています。)

続きを読む